長野県の方言まとめ!かわいい表現や特徴的なセリフもまとめて紹介!

長野県の方言まとめ!かわいい表現や特徴的なセリフもまとめて紹介!

長野県の方言を聞いたことはありますか。独特のアクセントや訛り、考え付きもしない意味を持つ方言ですが、エリアによって特徴も様々です。今回は、長野県でよく使われる表現をご紹介します。真似したいようなかわいい表現や、耳慣れない特徴的な言い回しなど、一挙大公開します!

記事の目次

  1. 1.長野県の方言をご紹介!
  2. 2.長野県で使われる方言
  3. 3.長野の方言の基本
  4. 4.長野の方言の特徴
  5. 5.長野県の方言一覧【定番】
  6. 6.長野県の方言一覧【かわいい】
  7. 7.長野の方言の特徴的なセリフ
  8. 8.誤解を生みがちな長野県方言
  9. 9.長野の方言は理解して覚えよう!

長野県の方言をご紹介!

Photo bygeralt

長野県の方言について、何かイメージはお持ちでしょうか。方言といえば癖の強い東北弁や関西弁などがメジャーですが、長野県の方言は一体どういうものなのでしょう。標準語とかけ離れた意味を持っているのでしょうか。それとも、聞いても意味が分からないきつい訛りがあるのでしょうか。そんな長野県の方言について、少しご紹介しましょう。

同じ言葉でも意味が違うこともある

Photo byGDJ

長野県の方言には、標準語と同じ言葉も多く存在すると言われています。たとえ耳にしても、方言とは気付かれにくい方言だということも出来ます。しかし、言葉は同じであっても、長野県の方言だと意味が違うということもあるのです。そのため、標準語と響きは同じなのに、意味が違って会話が通じないということも起こり得るのです。

同じ言葉なのに意味が通じなくておかしいと感じたら、それは長野県の方言である可能性があります。訛りはないか、アクセントに微妙な違いはないかなど、探ってみれば誤解は解けるかもしれません。

長野の方言の訛りはきつい?

Photo byRobinHiggins

方言を話さないけど、どういう意味か分かることはよくあります。しかし、長野県では、地域ごとで全く違うのだそうです。そのため、同じ長野県内でも、方言のエリアが違うとまるで意味が分からないということもあるのが特徴です。同じ県内でも方言が通じないということを考えると、長野県の方言は訛りがきついということも出来るでしょう。

訛りが強いということは、その方言を話さない人には理解されにくいということも出来ます。しかしその訛りの強さが、長野県の方言を表現豊かなものにしているとも言えないでしょうか。

長野県で使われる方言

Photo bygeralt

先ほど少し触れたように、長野県の方言には訛り方やアクセントにもかなりの地域差があると考えられています。しかし、中には、長野県全域で通じる方言ももちろんあります。こちらでは、長野県全域で通じる方言のひとつである、「ずく」についてご紹介します。長野県の方言を知る第一歩として、覚えておくといいでしょう。

全域で一般的な「ずく」

Photo by bryan...

長野県全域で使われている方言として、「ずく」言葉が挙げられます。あまりに普通に使い過ぎて、長野県内では方言であるという認識すら薄れているような言葉だと言われています。やる気や根性、辛抱強さといった意味を持つ方言です。しかしながら、標準語による定義が難しい言葉でもあるようです。

使い方の例としては、「ずくが出ない」なとどいう形になり、やる気が出ないなどの意味になるとのことです。「ずくなし」というまとまりで使われることもあり、怠慢な人、面倒臭がり屋のような意味になります。

長野の方言の基本

Photo by3D_Maennchen

次に、長野県の方言の基本情報についてお伝えしましょう。イントネーションやアクセントは、標準語に比べてどのような違いがあるのでしょうか。言葉とアクセントは、切っても切れない間柄です。特に長野県の場合は、標準語と同じ言葉が多いものの、アクセントの位置で意味が変わってくるということもよく起こります。

また長野県は四方を他県に囲まれているために、隣接した場所の方言の影響を大きく受けています。このために、長野県の方言は主に4つのエリアに分かれていると言われています。イントネーションやアクセント、これら4つのエリアについても徹底解説します。

イントネーション

Photo bygeralt

長野県の方言のイントネーションは、標準語より幾らか大きめの印象を持たれることが多いです。周りからそう感じられている一方で、長野県民のほとんどは、標準語と変わらないイントネーションだと考えている人も多いと言われています。イントネーションの違いの例として、疑問文が挙げられます。

どこへ行くのかと相手に尋ねるとします。標準語では疑問詞(どこ)でいったん下がり、語尾で上がります。長野県の方言はこれと逆で、疑問詞で上がり、語尾で下がるという特徴を持っています。これが訛りだということに、長野県民は案外気付いていないようです。

アクセント

Photo bypencilparker

長野県の方言におけるアクセントは、言葉の頭の方にあることが多いです。言い換えると、語尾のアクセントが下がる特徴があると言えるでしょう。

どの方言でもこれが適用されるわけではありませんが、アクセントの特徴としては、言葉の頭が上がり、終わりが下がる傾向があると言われています。

関連するまとめ

人気の記事