肩幅の平均は何センチ?男女のサイズ・測り方・合う服の選び方まとめ!

肩幅の平均は何センチ?男女のサイズ・測り方・合う服の選び方まとめ!

肩幅が広い人も居れば狭い人もいます。男性であれば鍛えて広く見せている人も沢山います。女性にとっては肩幅がコンプレックスとなってしまっている人も多く、肩幅の平均が気になる所です。今回は、肩幅の測り方や男性・女性の肩幅の平均、服の選び方についてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.肩幅の正しい測り方とは?
  2. 2.肩幅の平均【年代別】
  3. 3.肩幅の平均【身長別】
  4. 4.肩幅を広くする方法
  5. 5.肩幅を狭くする方法
  6. 6.肩幅の広い女性に似合う服
  7. 7.肩幅の狭い女性に似合う服
  8. 8.肩幅の広い男性に似合う服
  9. 9.肩幅の狭い男性に似合う服
  10. 10.肩幅が広い女性芸能人と狭い女性芸能人は?
  11. 11.自分の肩幅を知り似合う服選びを!
Photo byniekverlaan

鍛えたり、体に脂肪を付けるということも大切ですが、テストステロンサプリを飲むのもポイントです。

テストステロンはボディビルやプロスポーツなどで飲むことはドーピングとなってしまうので使用できませんが、個人で肩幅を広くしたいだけであれば飲んでみてもいいかもしれません。テストステロンサプリは、細胞核から筋肉を太くするようにと刺激されるので、鍛えるのがあまり得意ではないという方にはおすすめです。

肩幅を狭くする方法

男性は肩幅を平均よりも広くしたいという人が多いですが、女性は肩幅を平均よりも狭くしたいという人が沢山います。夏に水着を期待という人は、肩幅が広いためにコンプレックスに感じている人も沢山います。ここでは、肩幅が平均よりも広く悩んでいる人に、肩幅が狭くなる方法についてご紹介していきます。

肩こりをほぐし血流をよくする

Photo byFree-Photos

女性は、肩幅を狭くしたいという人が沢山います。夏は水を着たいし、ノースリーブなどを着て肌を見せたいという人もいます。

しかし、肩幅が広いために体系を隠す服を着ている人も少なくありません。肩幅は測り方によって多少の誤差はありますが、肩幅が広いのはむくんでいる可能性もあります。肩幅を狭くしたい人はまず、肩こりをほぐして血流をよくしましょう。

Photo bystevepb

肩こりをほぐすことでもとの肩幅に戻してくれる可能性があります。肩こりをほぐす方法は、タオルを両手で持ちながら腕を上に伸ばします。そのまま上下左右に腕を伸ばしたまま動かすだけです。

テレビを見ながらでも簡単にできるのでおすすめです。血行不良になっていると肩周りにお肉が付きやすい状態になっているので、平均よりも肩幅が広くなってしまっている可能性が高いです。忙しく毎日は出来ないかもしれませんが、少しずつ行うことで肩こりが解消し肩幅が狭くなるかもしれません。

二の腕を細くする

Photo byFree-Photos

肩幅が広いからと肩幅にだけ注目してはいけません。二の腕も関係があります。肩幅を狭くするには、二の腕を細くすることがポイントです。女性は二の腕に脂肪が付きやすいため、どうしても肩幅が広く見えてしまいます。

二の腕を細くしようと腕立てなどをする人もいますが、逆に筋肉がついてしまうため肩幅が広くなってしまう可能性があります。筋肉を付けずに二の腕を細くしなければいけないので、無駄に鍛えるのではなく二の腕専用のスリムシェイパーなどを使うのもいいかもしれません。テレビを見ながらでもお風呂に入りながらでも簡単にできます。

肩幅の広い女性に似合う服

Photo byPexels

日本人は、肩幅が広い傾向にあると言われています。自分でセルフの肩幅の測り方は難しいかもしれませんが、肩幅が平均よりも広いと感じる人は、自分の肩幅を知っておくとよいでしょう。肩幅を知ることで、自分にぴったりな服を見つけることができます。ここでは、肩幅が広い女性に似合う服をご紹介していきます。

デコルテを見せるVネック

Photo by455992

肩幅が広いというコンプレックスを持っている人はどうしても体系をカバーする服を選んでしまいます。しかし、間違った服を着てしまうと逆に肩幅が広く見えてしまうため逆効果です。肩幅が広い人におすすめの服はVネックです。

肩幅を隠そうとして首元が詰まった服を着ている人も多いですが、それでは逆に肩幅の広さが目立ってしまうため、首元が空いたVネックがおすすめです。Vネックは鎖骨が見えるので、首元がすっきりと見え肩幅が広いことを強調させません。

袖がゆったりドルマンスリーブ

Photo byFree-Photos

肩幅が広い人が体にピッタリな服を着てしまうと逆に肩幅が目立ってしまいます。ピッタリとした服よりはドルマンスリーブがおすすめです。ドルマンスリーブは、肩から袖にかけてゆったりとしているので肩幅が広いのが目立ちません。

ドルマンスリーブにも首元が詰まっているものがありますが、そういったものは逆に肩幅が目立ってしまうので、首元がすっきりと見えるように広く開いているものを選ぶようにしましょう。

ちょうどよい丈感の五分袖

Photo byDeeDee51

前へ
次へ

関連するまとめ

人気の記事