むっつりの意味や使い方を解説!むっつりスケベな人の特徴もリサーチ!

むっつりの意味や使い方を解説!むっつりスケベな人の特徴もリサーチ!

「むっつり」や「むっつりスケベという言葉を時々聞きますが、「むっつり」の意味を知らないのに「あいつはむっつりだ」などと言っている人が多いです。「むっつり」の意味や使い方、「むっつりスケベ」な男性と女性の特徴についてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.むっつりの意味とは
  2. 2.むっつりの意味を使った例文
  3. 3.むっつりの使い方
  4. 4.むっつりスケベな男性の特徴
  5. 5.むっつりスケベな男性の見分け方
  6. 6.むっつりスケベは女性にもいる
  7. 7.むっつりとむっつりスケベの英語
  8. 8.むっつりスケベの意味はすけべを隠すこと

むっつりの意味とは

Photo byFree-Photos

まずは「むっつり」の意味についてご紹介します。「むっつり」は「むっつりスケベ」という意味だと思って誤った使い方をしている人が多いですが、実は「むっつり」は「むっつりスケベ」という意味ではありません。「むっつり」は「むっつりスケベ」という誤解を受けている「むっつり」の正しい意味を知り、正しい使い方を知りましょう。

むっつりの意味

Photo bypixel2013

「むっつり」の本来の意味は「口数が少ない」「寡黙である」という意味です。「むっつりしている」は他に「無口で無愛想」という意味があります。口数が少なく静かな様子を表す意味であって、「スケベ」とは似ても似つかない意味を持つ言葉です。それがいつの間にか「スケベ」と合体させられて「むっつりスケベ」になりました。

むっつりの由来

Photo byEliasSch

次に「むっつり」という言葉の由来をご紹介します。「むっつり」は元々擬態語で、口数の少ない人が不機嫌そうな口元をしているのを音で表現したものです。むっとしたような表情で口元をへの字に曲げたような様子などから「むっつり」という表現が生まれたと言われていますが、歴史は浅く、昭和時代に生まれた擬態語です。

むっつりの類語

Photo byStartupStockPhotos

次に「むっつり」の類語をご紹介します。「むっつり」の意味は「口数が少ない」「寡黙である」などですので、類語はそのまま「寡黙」です。他に、不機嫌そうに口元を結んでいる様子から来た擬態語なので「不機嫌」というのも類語として挙げられます。むっつりした表情は「気難しい」という意味にもとれますので「気難しい」も類語と言うことができます。

むっつりの意味を使った例文

Photo byPexels

「むっつり」の意味や由来は先にご紹介しましたので、意味や由来を理解できたら次は使い方を理解しましょう。「むっつり」という言葉をどのように使えば良いかを例文を挙げてご紹介します。「むっつり」の使い方ですが、普段の日常生活の中で「むっつり」という言葉を「むっつりスケベ」の略という意味以外で使うことはあまりありません。

ですが、小説などの中では意外に「むっつり」という言葉は使われています。日常生活ではあまり使われない「むっつり」をどのように使うか、正しい使い方をした例文をいくつかご紹介していきます。

例文①むっつり黙り込む

Photo byPexels

「むっつり」を使った例文の一つ目は「むっつり黙り込む」です。「むっつり」は「口数が少ない」「寡黙」などという意味ですので、「口数が少ない」に「黙り込む」をつけることによって、全く口をきかない様子を表す意味での使い方です。実はこの例文の「全く口をきかない様子」は二つの意味にとることができます。

一つ目は「話すことがなくなって全く口をきかない」という意味です。これは黙ってしまっても仕方がない流れですが、二つ目は「自分が話したくないので全く口をきかない」という意味です。

「話すことがなくなって全く口をきかない」のと違い、自分の意志で口をきかない状態を表しますので、不機嫌そうな様子であることが伺えます。

例文②むっつりした声で返事

Photo byStartupStockPhotos

「むっつり」を使った例文の二つ目は「むっつりした声で返事」です。「むっつり」は口数が少ない様子や寡黙な様子を意味しますが、同時に不機嫌なため口数が少なくなっている様子も表す使い方です。そのため「むっつりした声で返事」は「不機嫌そうな声で返事」という意味になります。

「むっつり」は不機嫌そうに口元を結んだ状態からきた擬態語なので、ちょっと口元をへの字にした状態での返事を想像すると「むっつりした声で返事」がどういう返事なのか想像しやすくなります。

口元をへの字にした返事は、はっきりと口をあけた返事と違って口ごもるような不明瞭な言い方になります。「むっつりした声で返事」は「不機嫌そうな不明瞭な声で返事」であるとも言えます。

例文③むっつりした表情

Photo byFree-Photos

「むっつり」を使った例文の三つ目は「むっつりした表情」です。「むっつり」は「口数が少ない」「寡黙」などという意味ですので「表情」に使うことは珍しいですが、どういうニュアンスなのかを感じ取ることは難しくないでしょう。「むっつり」には「不機嫌そうな」という意味も含まれるので「不機嫌そうな表情」を表す使い方です。

「むっつり」の意味「口数が少ない」を足して「何も話したくないと言っているかのような不機嫌そうな表情」という意味にも受け取れます。

関連するまとめ

人気の記事