叔母と伯母の違いとは?使い分けの方法や読み方・覚え方をレクチャー!

叔母と伯母の違いとは?使い分けの方法や読み方・覚え方をレクチャー!

この記事では、叔母と伯母の違いについて解説します。叔母と伯母の違いだけではなく、使い分けの方法やその覚え方、読み方もご紹介します。叔母と伯母の表記の仕方は結婚式などの席次表で重要になります。この記事を読んで、叔母と伯母の違いをしっかりと覚えましょう。

記事の目次

  1. 1.「叔母」の意味
  2. 2.「伯母」の意味
  3. 3.「叔母」と「伯母」の違い・使い分け
  4. 4.父方と母方の姉妹
  5. 5.父方と母方の義理の姉妹
  6. 6.「叔母」と「伯母」の敬称
  7. 7.「叔母」と「伯母」で親等の違いはある?
  8. 8.他の言語での父方と母方の姉妹の呼び方
  9. 9.叔母と伯母の違いを知って正しく使おう!

「叔母」の意味

Photo byijmaki

よく「親戚のおばさん」や「近所のおばさん」といったように、女性のことを「おばさん」と呼ぶことがあります。この「おばさん」は漢字で書くと「叔母さん」、「伯母さん」、「小母さん」となります。

この「叔母さん」、「伯母さん」、「小母さん」に違いはあるのでしょうか。あるとすればどのような違いがあるのでしょうか。ここでは「叔母さん」について解説します。

父母の姉妹のうち「妹」を指す

Photo byBessi

「叔母」とは父母の姉妹のうち「妹」を指します。つまりお父さんの妹、お母さんの妹を「叔母」と呼びます。結婚式の席次表では、父母の妹は「叔母」と記されます。

また、父母の兄弟のうち「弟」を指す場合は「叔父」となります。結婚式の席次表では、父母の弟は「叔父」と記されます。父母の弟、妹を指す「叔」という漢字にはどのような意味があるのでしょうか。

「叔」の意味

Photo bycherylholt

「叔母」や「叔父」といった父母の妹、弟に使われる「叔」には、「年下の者」、「若い者」という意味があります。父母から見て、父母の弟や妹は年下にあたります。

そのため、父母の妹、弟には「年下の者」、「若い者」という意味の「叔」という漢字があてられます。ちなみに「叔」は日本漢字能力検定準2級の漢字なので、高校在学程度の難易度です。

読み方は「おば」

Photo bygeralt

「叔母」の読み方は、前にも触れた通り「おば」と読みます。また、「叔」は音読みで「しゅく」とも読むので、「叔母」を「しゅくぼ」と読む読み方もあります。しかし、「叔母」は「おば」と読むのが主流です。

また、「叔父」の主な読み方は「おじ」です。「叔母」と同じく「叔」を「しゅく」と読んで、「叔父」を「しゅくふ」と読む読み方もあります。

「伯母」の意味

Photo byElisaRiva

「叔母」は父母の姉妹のうち妹を指し、「叔」という漢字には「年下の者」という意味があることをお伝えしました。

「叔母」は主に「おば」と読みますが、同じ「おば」と読むものに「伯母」があります。「叔母」と「伯母」に違いはあるのでしょうか。あるとすれば、どのような違いでしょうか。

父母の姉妹のうち「姉」を指す

Photo byPexels

「叔母」と「伯母」には意味の違いがあります。「叔母」は父母の姉妹のうち「妹」を指しますが、「伯母」は父母の姉妹のうち「姉」を指します。「叔母」と「伯母」には父母の妹か、姉かという違いがあります。結婚式の席次表では、父母の姉は「伯母」と記されます。

また、父母の兄弟のうち「兄」を指す場合は「伯父」となります。結婚式の席次表では、父母の兄は「伯父」と記されます。父母の兄、姉を指す「伯」という漢字にはどのような意味があるのでしょうか。

「伯」の意味

Photo bythepoorphotographer

「伯母」や「伯父」といった父母の姉、兄に使われる「伯」には、「年上の者」、「かしら、統率者」という意味があります。父母から見て、父母の兄や姉は年上にあたります。

そのため、父母の姉、兄には「年上の者」、「かしら、統率者」という意味の「伯」という漢字があてられます。ちなみに「伯」は「叔」と同様に、日本漢字能力検定準2級の漢字なので、高校在学程度の難易度です。

読み方は「おば」

Photo byClker-Free-Vector-Images

次へ

関連するまとめ

人気の記事