「イレギュラー」の意味や使い方は?英語と日本語の意味の違いも解説!

「イレギュラー」の意味や使い方は?英語と日本語の意味の違いも解説!

最近、会話の中でも使われるようになった「イレギュラー」という言葉ですが、正しい意味や使い方を知っていますか?本来は英語の言葉の1つでもある「イレギュラー」という言葉に注目して、日本と英語のそれぞれの意味の違いや使い方を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.「イレギュラー」の意味とは?
  2. 2.「イレギュラー」の由来
  3. 3.「イレギュラー」の特徴
  4. 4.「イレギュラー」の使い方
  5. 5.「イレギュラー」の注意点
  6. 6.「イレギュラー」は「例外」や「不規則」という意味

「イレギュラー」の意味とは?

Photo byCouleur

「イレギュラー」は、カタカナ英語の1つになります。カタカナ英語というのは、英語で使われている単語の発音をカタカナに変換する事で、日本語の会話の中でも使えるようにした言葉になります。

そのため、イレギュラーは英語の単語の1つでもある「irregular」から、発音を日本のカタカナに変換した事によって出来た言葉になります。

そんな、イレギュラーという言葉ですが、日本で使われている意味と英語で使われている意味が少し違ってきます。ここでは、それぞれの意味の違いにも触れながら紹介していきます。

「例外」という意味

英語にはない表現ではありますが、日本語で「イレギュラー」を使う場合には「例外」という意味が含まれています。これは、日本語で使われるイレギュラーの特徴でもあります。

そして、英語では例外的な状況が起きた時には、イレギュラーではなく、別の単語を使って表現をしています。それは「exception」という単語になります。

このように、英語と日本語によってイレギュラーの意味が少し変わってきます。もし、英語で「例外」という意味を使いたい時は、イレギュラーを使わないように注意しましょう。

「不規則」という意味

「イレギュラー」には「不規則」という意味があります。これは、日本語にも英語にも含まれている意味になります。規則正しくないような状態を表した意味になります。

日本ではあまり「不規則」という意味でイレギュラーを使う事はないようです。そのため、不規則という意味で会話の中でイレギュラーを使っても、相手が理解しない可能性もあります。

しかし、英語では不規則という意味でイレギュラーを使う事は一般的です。日本語と英語でのイレギュラーの使い方が違う事は、覚えておきましょう。

「変則」という意味

「イレギュラー」には「変則」という意味があります。こちらも日本語と英語の両方とも意味が含まれています。そして、どちらも同じように変則という意味で使われています。

例えば、英語では変則的なスケジュールの事を「irregular schedule(イレギュラースケジュール)」と表現する事ができますが、日本のビジネスの場面でも同じような意味で表現する事ができます。

そのため、イレギュラーを変則という意味で考えれば、どちらの状況でも使える事ができます。しかし、場合によっては使えない表現もあるため、注意しましょう。

「予想外」という意味

「予想外」という意味は、日本で使われる「イレギュラー」の意味の1つになります。しかし、英語では別の単語で使われている「exception」のように、予想外という意味は含まれていないようです。

日本では、想像をしていた範囲を超えるような出来事が起きたときなどにイレギュラーを使います。例えば、ビジネスの場面で予想外な事態に陥った際には、イレギュラーを使います。

こちらも、例外と同じように英語のイレギュラーには意味が含まれていないため、意味が混同しないように注意しましょう。

「イレギュラー」の由来

Photo byDarkWorkX

ここからはイレギュラーの由来を考えていきます。まず、由来を考えるには、その言葉がどのように使われてきたのかを知る事が大事になってきます。

ここでは、イレギュラーの語源である英語の単語を紹介していきます。会話の中でイレギュラーを使うためにも、その単語の成り立ちをしっかりと覚えていきましょう。

「イレギュラー」の語源

Photo byGellinger

まず、英語では「イレギュラー(irregular)」という風に表記されます。そして、この単語の由来には、英語の「レギュラー(regular)」という単語が関係しています。

それはなぜかというと、英語の「レギュラー(regular)」の反対の意味が「イレギュラー(irregular)」となるからです。そのため、イレギュラーはレギュラーの反対の意味という事になります。

英語の法則として、単語の始まりに「in」を付けることで否定の意味になります。さらに、レギュラーの場合は「r」から始まるため「ir」と変化します。これが、イレギュラーの語源になります。

「レギュラー」の語源

Photo byMysticsartdesign

「イレギュラー(irregular)」の語源をさらに考えていくためにも、ここでは「レギュラー(regular)」の語源をみていきます。

レギュラーの語源を調べると2つの単語から分ける事ができます。まず1つは「まっすぐ」という意味を持つ「reg」という単語と「のような」という意味を持つ「ar」という単語に分けられます。

そして2つの言葉が合わさる事で「規則」という意味を持つ「regular」という単語になっています。イレギュラーという言葉を理解するためにも覚えておくようにしましょう。

「イレギュラー」の特徴

カタカナ英語の1つでもある「イレギュラー」ですが、ここではイレギュラーの特徴について紹介していきます。特にここで紹介していくポイントは、日本で使われているイレギュラーについてです。

この特徴を捉えておく事で、イレギュラーを会話に使う際に大変便利になるはずです。これから使おうと思っている方は、しっかりと覚えておきましょう。

幅広い意味で使える

日本で使われている「イレギュラー」は、たくさんの意味を持つため、様々な場面で使う事ができます。例えば、ビジネスの場面では、例外な事が起きたり、変則的な予定を組まれた時に使えます。

そして、会話の中でも予想外な展開が起きた時にはイレギュラーを使って表現する事ができます。また、日本では、野球などで変則的な動きをボールがした際に「イレギュラーバウンド」と言います。

これは、和製英語の1つのため、英語では同じような表現をしても相手には伝わらないです。このように、イレギュラーという言葉は、日本の中でたくさんの意味があり、様々な場面で使われています。

関連するまとめ

人気の記事