男性心理は行動・態度でわかる!本命女性だけに見せる好意のサインとは?

男性心理は行動・態度でわかる!本命女性だけに見せる好意のサインとは?

男性心理が分からずに悩んだ女性も多いのではないでしょう?男性の行動や言動などで、自分に好意があるかなどを判断することができます。今回は、男性心理は行動・態度でわかるのか、本命女性だけに見せる好意のサインなどについてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.本命女性といる時の男性心理
  2. 2.男性心理①本命女性へのサイン【日常】
  3. 3.男性心理②本命女性へのサイン【SNS】
  4. 4.男性心理③本命女性へのサイン【職場】
  5. 5.男性心理④本命女性へのサイン【デート】
  6. 6.男性心理⑤本命女性へのサイン【会話】
  7. 7.男性心理⑥本命女性へのサイン【言葉】
  8. 8.男性心理⑦本命女性へのサイン【その他】
  9. 9.本命女性への男性心理は行動や態度でわかる!

本命女性といる時の男性心理

Photo byrawpixel

男性心理として、本命女性の前では、他の人とは明らかに態度が違います。女性に嫌われないように行動には気を付けているようです。ここでは、本命女性といる時の男性心理についてご紹介していきます。

自分を魅力的に見せたい

Photo byFree-Photos

本命女性と居る時の男性心理は、自分を魅力的に見せたいということが挙げられます。本命女性の前では誰でも緊張してしまいますが、自分を魅力的に見せたいという心理が働くようです。本命ではない女性とは明らかに態度が変わるようです。

自分を魅力的に見せるためには、ファッションや髪型に気を遣うだけでなく、内面や態度などの行動も魅力的に見せようと努力しています。自分を魅力的に見せたいという男性心理から、本命女性の前では見栄を張ってしまう事もあるようです。

絶対に嫌われたくない

Photo bysasint

本命女性と居る時は、絶対に嫌われたくないという男性心理があります。好きな女性とは、絶対付き合いたいと思っているため、嫌われないための行動を取ろうとします。嫌われたくないという心理が強いため、女性のちょっとした態度も気になってしまいます。

例えば、本命の女性の態度が少し冷たかったりすると、「無視された」「嫌われた」などと思ってしまうようです。嫌われないように本命女性と接するのではなく、逆に嫌われたくないあまり、女性と距離を取ってしまうこともあるようです。

好意がにじみでてしまう

Photo bypixel2013

本命女性がいる男性心理は、好意がにじみ出てしまうようです。男性は、好きな女性の前では自分の気持ちが溢れてしまうため、好意があることを相手に読まれてしまうこともあるようです。好意は、顔の表情だけでなく、行動にも表れてしまうようです。

本命女性がいる男性は、仕事していても勉強していても、家に居る時も常に考えています。一日中ずっと本命女性の事を考えているため、好意を隠しきれずに、自然と行動や態度に出てしまうようです。

本命女性に会えるだけでも、嬉しくて、付き合っていなくてもずっと一緒に居たいと思ってしまう男性心理があるようです。

一緒にいるだけで幸せ

Photo byTakmeomeo

本命女性と居る時は、一緒に居るだけで幸せという男性心理があります。本命彼女がいる男性心理は、「一緒に居るだけで幸せ」「声を聞くだけで幸せ」「笑顔を見るだけで幸せ」と思っているようです。

学校や職場などに本命女性が居る場合には、自然と目で追っている時もあるようです。本命女性と付き合う事が出来れば、毎日でも一緒に居たいという気持ちが強いという特徴があります。

付き合っていない時は、学校や職場で会って会話するだけでドキドキしてしまうこともあるようです。

二人の関係をもっと縮めたい

Photo bypanajiotis

本命女性がいる男性は、二人の関係をもっと縮めたいという心理が働きます。何とかして付き合うためにサインを出したり、どうしたら好かれるかなどを考えて行動にとる事があります。

本命女性をどうにかして食事に誘った男性は、次はどうしたら誘う事ができるかなどを考えています。常に頭の中は、本命女性の事でいっぱいで、他のことは考えられないという男性心理があります。

本命女性をどうにかして自分に好意を持ってもらえるようにと、積極的に行動に移す人も多い様です。

守ってあげたい

Photo bypixel2013

男性は、本命女性が出来ると絶対に守ってあげたいという心理が働きます。自分の中で大切な存在なので、宝物のように彼女を扱い、自分を犠牲にしてでも守ろうとするようです。

そのため、本命女性が誰かに傷つけられた時などは、本気で相手を怒る時もあります。傷つけた人をどうしても許せないという気持ちがあるようです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事