パーカー×スカートのおすすめコーデ例!大人カジュアルな色選びや着こなし術も!

パーカー×スカートのおすすめコーデ例!大人カジュアルな色選びや着こなし術も!

パーカーコーデを楽しんでいますか?スポーティーやカジュアルな印象のパーカーですが、スカートとコーディネートすると可愛いんです。そして大人カジュアルスタイルも素敵です。そんなパーカー×スカートのおすすめコーデをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.パーカーとスカートを可愛く合わせたい!
  2. 2.パーカー×スカートの魅力
  3. 3.パーカー×スカート着こなし術
  4. 4.パーカー×スカートのおすすめコーデ
  5. 5.パーカー×スカートの足元は?
  6. 6.パーカー×スカートコーデを満喫しよう

パーカーとスカートを可愛く合わせたい!

フリー写真素材ぱくたそ

スポーティーやカジュアルなコーディネート、そして可愛いスタイルにもできるに、パーカー×スカートコーデが人気です。若い方から大人スタイルまでの、バリエーションの幅が広いスタイルを楽しめることでも話題です。

そしてパーカー×スカートコーデは、カジュアルデザインやエレガントなデザインのスカートでも、パーカーに合わせると、ナチュラルな雰囲気にできることが人気です。

では、パーカー×スカートのおすすめコーデ例と、大人女子の着こなし術のポイントを、ご紹介します。

ユニクロのパーカーコーデ術まとめ!色やデザインも豊富で着方も自由!のイメージ
ユニクロのパーカーコーデ術まとめ!色やデザインも豊富で着方も自由!
ユニクロは、機能的でおしゃれなアイテムが揃うと人気のブランドです。今回は、ユニクロのパーカーを使ったコーデをまとめました。ユニクロのパーカーは、色もデザインも豊富で着方も自由になっています。ユニクロのパーカーコーデ術を楽しみましょう。
ストリート系のパーカーブランドまとめ!人気のコーデや着こなしもチェック!のイメージ
ストリート系のパーカーブランドまとめ!人気のコーデや着こなしもチェック!
ストリート系での着こなしならハズレのないパーカーですが、もっとおしゃれなブランドアイテムはどういったものがあるのか、着こなしのコツやストリート系のパーカーブランドを選ぶためのポイントについてレクチャーします。おすすめのブランドやコーデ例もご一緒にどうぞ。

パーカー×スカートの魅力

パーカー×スカートのコーデの魅力は、パーカーがどんな素材やデザインのスカートにも、色や柄のコーディネート次第で、おしゃれにまとめることができて、ナチュラルコーデやカジュアルコーデにできることです。

そしてスカートをコーディネートすることで、カジュアルでも女性らしさが感じられることです。女子会やデートそして家族でのお出かけなど、幅広いTPOに合います。

パーカー×スカートのコーディネートには、靴が合わせやすいのも魅力です。パンプス・サンダル・スニーカー・フラットシューズなど、どんなシューズでも、おしゃれにコーディネートできます。

合わせ方次第で雰囲気が自由自在

パーカー×スカートのコーデは、合わせ方次第で雰囲気が、自由自在にできます。パーカーとスカートの色、そしてスカートはタイトスカート・フレアスカート・プリーツスカートなどの、どんなデザインのスカートでもコーディネートできます。

またパーカーのフードが、スタイルのアクセントとなるのが魅力です。そしてシューズや小物・アクセサリー・バッグの使い方でも雰囲気を変えることができます。

女性らしさとカジュアル感のバランスが〇

パーカー×スカートのコーディネートでは、パーカーのカジュアル感にスカートを合わせることで、女性らしさとカジュアル感のバランスが、ラフな感じやナチュラルな雰囲気に、コーディネートできます。

そして、パーカーとスカートの色やデザインで、雰囲気を変えることができるので、カラーコーディネートやスカートのデザインのコーディネートを楽しむことができます。

お手持ちの女性らしいスカートが、なかなか着回しができていない方は、パーカーでコーディネートしてみましょう。今風なコーデになります。出番の少なかったスカートも活用できて二重に楽しむことができます。

シンプルでも様になる!

パーカーのシンプルなデザインには、幅広いデザインのスカートをコーディネートすることができます。そしてパーカーは色の選び方で、雰囲気を変えられるので、スカートとのカラーコーディネートでシンプルスタイルでも様になるのです。

パーカーのフードやポケットのデザインが、シンプルながらアクセントとなるので、さまざまなデザインのスカートにも合わせやすいと人気です。

大人っぽくまとめたい場合には、タイトスカートやロングからマキシ丈のスカートがスタイリッシュに見えます。

パーカー×スカート着こなし術

ここでは、具体的なパーカー×スカートのコディネートを見てみましょう。そしてパーカーが人気のある現在では、さまざまなデザインのパーカーがあります。色選びと体へのフィット感や丈、ワンポイントやロゴの字体でも雰囲気は変わります。

そしてパーカーに合わせるスカートのデザインやスタイル、そして丈によってもイメージを変化させることができます。

さらに合わせる靴で、全体の印象も変わるので、TPOやスカートの色やデザインで使い分けて楽しめます。

シンプルパーカーに派手色スカートが合う

ワンポイントやロゴデザインの無い、シンプルデザインのパーカーは、どんなスカートにもコディネートしやすく、出番の多いアイテムになります。そんなシンプルパーカーには、派手色スカートコーデで明るい元気なコーデにすることができます。

原色カラーやボリュームのあるスカートでも、パーカーとのカラーコディネートで、まとめることができます。大人っぽくしたい場合は、シャープな柄に派手色使いのスカートがおすすめです。

そして、派手色のスカートに抵抗のある方は、スカート生地を抑えたタイトスタイルやミニスカートにすると派手さを抑えることができます。

フェミニンスカートと合わせてバランスをとる

スカート生地にチュールやレースを使ったスカートや、柔らかい生地のポリエステルや、レーヨンのフェミニンなスカートにも、パーカーで、おしゃれコーデができます。大人コーデにするにはロング~マキシ丈がおすすめです。

シックにまとめたい場合は、ダークカラーやモノトーンコーデに、そして優しく可愛い感じでまとめたい場合は、パステルカラーも女性らしくて素敵です。

きれいめコーデを目指すなら、パーカーの丈をショートにすると、ロングスカートで足長効果にできます。そしてスカートがフェミニンでも、パーカーのカジュアル感で、大人カジュアルなコーデにできます。

迷ったらセットアップもあり!

パーカー×スカートのコディネートで、それぞれの色やデザインに迷ったときは、セットアップにする方法もあります。同素材で同色のコーデは、スッキリと印象にできます。そして忙しいときでも迷わず身支度ができます。

セットアップのアウターに、ジッパートレーナーやジャケットやジージャンなどを羽織れば外出着のコーデにもなります。

カラー選びに迷ったらグラデーションコーデ

洋服選びも、ショップで何色も見ていると、どの色も魅力的で決められないときがあります。そんなときは同色グラデーションコーデが、おすすめです。全身が同色系なのでスラっとした印象になり、スタイルよく見えます。身長の低い方にも、おすすめのカラーコーディネートです。

またシンプル過ぎてしまうと思われる場合は、トレーナの裾からのチラ見せコーデがおすすめです。セットアップされているトレーナーもあります。

大人カジュアルならパーカーをタイトスカートにイン

パーカー×スカートのコーディネートを、大人カジュアルスタイルにしたい場合は、パーカーをタイトスカートにインする着こなしがおすすめです。特に前部分をウエストより内側部分だけをパーカーにインするとウエストを細く見せる効果があります。

パーカー×スカートのおすすめコーデ

ここではパーカー×スカートコーデの、おすすめスタイルを見てみましょう。そしてパーカーの選び方ですが、着回しをできるだけしたい場合は、アースカラーやブラック・ホワイトの無地タイプを選ぶのがおすすめです。

また、ご自分のテーマカラーや、スカートの色と相性のよい色、また柄物のスカートの中の一色を、パーカーの色に選ぶと、まとまって見えます。

そしてスタイルよく見せるには、ショートからミディアム丈を選んで、下半身を長くみせます。反対に丈の長いパーカーやビッグサイズのパーカーは、ラフで可愛い感じに見せることができます。

パーカーとチェックスカートは相性抜群

シンプルなパーカーには、チェックスカートの相性は抜群です。カジュアルなパーカーに、派手色のチェックスカートなら元気な雰囲気に、そしてグレーやベージュ・ブラックがベース色なら大人っぽい、おとなしめの雰囲気になります。

秋冬ではダークカラーや温かみのあるベースカラーのチェック柄を合わせて、春夏にはベージュやグレー・ホワイトなどのさわやかな色が、ベースのチェック柄で季節感を感じさせます。

ティアードスカートで優雅に

女性らしいシルエットが人気のティアードスカートや、ボリュームのあるフレアスカートにも、パーカーはコーディネイトできます。身長の低い方には、トップスはボリュームを抑えたデザインにすると、バランスが良いでしょう。

夏場は半袖パーカーを活用しよう

パーカーのフードや、カジュアルデザインが気に入っている方は、夏場でもパーカーを取り入れましょう。半袖タイプや七分袖のパーカーも可愛いシルエットです。春夏でもパーカー×スカートのコーデが楽しめます。

柄スカートと合わせるならシンプルパーカー

パーカー×スカートのコーデで、柄物のスカートを合わせる場合で、大人っぽいスタイルにしたいときは、シンプルデザインのパーカーが、おすすめです。柄のカラーから一色と合わせたカラーやホワイト・ベージュ・ブラック・ブラウンなどの、どの色にも合わせやすい色が、ナチュラルな雰囲気にしてくれます。

プリーツスカートでスポーティに

プリーツスカートとパーカーのコーディネートは、人気があります。ポリエステルなどの柔らかく細かいプリーツは、スカートだけ見るとエレガントな印象ですが、パーカーとコーディネートすると、スポーティーな雰囲気になります。

パーカー×プリーツスカートのコーデで大人っぽく見せるには、プリーツスカートはマキシ丈やロング丈にすると、大人スポーティーという雰囲気になります。若い方ならミニでコーデすると可愛いです。

そしてプリーツスカートの色選びで、ブラックなどの濃い色では、スタイリッシュな雰囲気に、そしてパステルカラーや、優しい色合いではナチュラルカジュアルな雰囲気になります。

バックスタイルにこだわったパーカーもおしゃれ

パーカーには裾のデザインにこだわった、おしゃれなパーカーもあります。紐で裾の広がりが調節できたり、バックスタイルにこだわったパーカーは、スカートとも相性がよいです。おしゃれ度がUPします。

大人っぽいスタイルにしたい場合は、デザインパーカーが素敵です。特に柔らかい生地使いのトレーナーは、ジーンズスカートやコットン素材のカジュアルなスカートでも、おしゃれな大人コーデができます。

ロングパーカーはラフなシルエット

腰回りを隠すロングパーカーやビッグパーカーも、ゆったりシルエットでラフな感じのコーデができます。タイトスカートや柔らかい素材のスカートでタイトなシルエットにすると大人コーデにもできます。

パーカーにはジャケットやジージャンをコーデ

パーカーのフードは、上半身の高い位置のアクセントとなるので、全身のバランスが良く見えるデザインです。そして、ジャケットやジャンバーのアウターから出したフードが、さらに可愛いアクセントとなります。

パーカー×スカートの足元は?

パーカー×スカートのコーディネートの足元は、TPOに合わせて幅広いデザインの靴が選べます。パーカーのカジュアルさにはスニーカーが相性が良いのですが、きれいめコーデにはサンダルやパンプスがおすすめです。

靴はTPOや行動の仕方によって、その日に履きたい靴はありますが、ハイカットスニーカーやブーツ類で足元をハードな印象にしても、かっこよくきまります。

スニーカーが定番

パーカー×パンツよりも女性らしくコーデができるパーカー×スカートコーデですが、フェミニンなスカートでも、スニーカーを合わせるコーデがナチュラルな雰囲気で人気があります。スニーカーは、なんといっても楽で活発に行動もできます。

またスニーカーでも、靴下やタイツの色、そして靴下を見せない履き方でも印象が変わります。大人っぽくみせるには靴下を見せない履き方がおすすめです。

ハイカットスニーカーには、チラ見せの靴下もポイントにできます。寒い時期ではタイツと靴下で防寒するときも、ハイカットスニーカーにするとかっこよく決まります。可愛いスカートにもハイカットスニーカは、おしゃれにきまります。

サンダルも可愛い

おしゃれな印象や、TPOによってサンダルコーデも女性らしく可愛い雰囲気にできます。サンダルのデザインにもいろいろありますが、デザインや色はスカートを基準に選ぶと下半身の統一感があり、まとまって見えます。

素足にサンダルも夏には、涼しげでよいですが、大人コーデのおすすめは、ミュールにしてみます。ミュールの大人っぽい印象と、パーカーのカジュアル感で、大人のナチュラルカジュアルな雰囲気になります。

きれいめコーデならパンプスも

デートや女子会などでは、おしゃれにコーデしたいときがあります。そんあときにはパンプスを履いてみましょう。普段はスニーカーコーデの服装もパンプスの存在感で、きれいめコーデに仕上がります。

そしてパンプスの色は、アクセントとしてレッドを使うこともありますが、パンプスだけが浮いてしまわないように注意しましょう。

幅広いデザインやカラーのスカートに合わせやすいパンプスのカラーはベージュ系やグレー系です。素足と同色系のパンプスは重宝します。

淡い色合いのパーカー×スカートコーデ―で、足元を軽く見せたい場合は、ベージュやグレーのパンプスやフラットシューズにすると、ナチュラルな雰囲気にコーディネートできます。大人コーデではオールシーズン活躍するシューズカラーです。

パーカー×スカートコーデを満喫しよう

Photo byEngin_Akyurt

パーカー×スカートコーデのポイントは、パーカーとスカートのカラーコーディネートと靴の選び方、そしてパーカーとスカート丈です。スタイリッシュにしたいときは、パーカーの丈は短めか、スカートインにします。

またロングパーカーのゆったりシルエットもミディアムからマキシ丈にすると大人カジュアルの雰囲気にできます。

そして色の使い方で、大人の女性らしいナチュラルカジュアルやエレガントな雰囲気にもできます。カラーコーディネートのしやすいパーカーやスカートを持っていれば、着回しの幅も広がります。

shirokuro1
ライター

shirokuro1

家造りと暮らしやすさを、主婦目線とインテリアコーディネーターの知識で、ご紹介します。また猫のいる暮らしと、癒される美容や音楽、そして楽しみながら行う家事を理想に暮らしています。

関連するまとめ

人気の記事