一人暮らしの収納術を紹介!おすすめ家具など便利なアイデアでスッキリ!

一人暮らしの収納術を紹介!おすすめ家具など便利なアイデアでスッキリ!

一人暮らしのマンションやアパートは収納スペースが少ないため、キッチンや部屋が綺麗に片付かなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの家具や便利なアイデアなど、一人暮らしの収納術を場所別にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.一人暮らしの収納術のアイデアを場所別に紹介!
  2. 2.一人暮らしの収納のポイント
  3. 3.一人暮らしの場所別収納【リビング】
  4. 4.一人暮らしの場所別収納【クローゼット】
  5. 5.一人暮らしの場所別収納【キッチン】
  6. 6.一人暮らしの場所別収納【バスルーム】
  7. 7.一人暮らしの場所別収納【トイレ】
  8. 8.一人暮らしの場所別収納【玄関周り】
  9. 9.一人暮らしの収納に困った時
  10. 10.一人暮らしの収納術を知って部屋をすっきり!

一人暮らしの収納術のアイデアを場所別に紹介!

Photo by zukunftsalick

自分の好きなように自由に部屋を使えるのが一人暮らしのメリットの一つですが、一人暮らし用のアパートやマンションには収納スペースが少ない物件も多いです。収納スペースが少なくても大丈夫だろうと気にせずに契約したものの、生活しているうちに物が増えて、気づいたら収納が追い付かない状態になっていたという方もいるのではないでしょうか。

収納スペースが限られている一人暮らし用のマンションやアパートでも、アイデア次第で物をすっきりと片付けることができます。部屋やキッチンがすっきりと片付いていれば、毎日の生活もこれまで以上に快適になること間違いなしです。

この記事では、おすすめの家具や便利なアイデアなど、一人暮らしの収納術をいろいろとご紹介します。クローゼットやキッチン、バスルームなど、場所別にご紹介しますので、一人暮らしの部屋をすっきりと片付けたい方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの収納のポイント

Photo byKathrinPie

マンションやアパートで一人暮らしを始めるときには、経済的なことを考慮して1Rや1Kといった間取りの狭い部屋を選ぶ方が多くなります。1Rはキッチンと居室が一体化した間取りで、1Kはキッチンと一部屋のみで構成された間取りのことです。

このような1Rや1Kなどの間取りの部屋の場合には、どうしても収納スペースも限られてしまいます。一人暮らしが長くなるにつれて、キッチン用品や服などが増えていき、収納に困るようになったという方も少なくありません。

では、一人暮らし用の狭い部屋でも快適に過ごせるようにするためには、どんなポイントに気を付けて収納すればよいのでしょうか。一人暮らしの収納術のアイデアを場所別にご紹介する前に、まずは一人暮らしの収納のポイントを確認しておきましょう。

必要な分だけ収納する

Photo byFree-Photos

一人暮らしの収納のポイント、1つ目は必要な分だけ収納するということです。片付けをさぼっているわけではないのに、キッチンや部屋が片付かないのであれば、収納スペースが足りないか物が多すぎるかのどちらかが原因です。

一人暮らしのキッチンや部屋がすっきり片付かなくて困っている場合には、まずは片付かない原因を探ってみましょう。キッチンや部屋が片付かない原因を知り、その原因を解決すれば、一人暮らし用の狭い間取りの部屋であってもすっきりと片付けられるようになります。

収納スペースを増やす

Photo byKrysMantovani

一人暮らしのキッチンや部屋が片付かない原因が収納スペースが足りないことにあるのであれば、収納スペースを増やしましょう。収納スペースを増やしたいからといって、すぐに引越しをするわけにはいきませんので、収納スペースを増やしたいときには収納用の家具やグッズを買い足すのが手っ取り早いです。

とはいえ、収納用の家具やグッズを適当に購入してしまうと、部屋の雰囲気に合わなかったり、余計に部屋が狭くなってしまったりすることもあるため注意が必要です。収納用の家具やグッズを購入する際には、後で後悔することがないように慎重に選びましょう。

収納するものを減らす

Photo byJayMantri

一人暮らしのキッチンや部屋が片付かない原因が物が多すぎることにあるのであれば、収納する物を減らしましょう。収納用の家具やグッズを買い足しさえすれば、キッチンや部屋がすっきりと片付くというわけではありません。キッチンや部屋をすっきりと片付けるためには、収納用の家具やグッズを買い足す前に、物を減らすということも大切です。

一人暮らし用の狭い間取りの部屋であっても、必要な物を必要な分だけしか持たないことで、キッチンや部屋をすっきりと片付けられるようになります。キッチン用品や服などを購入するときにも、いつか使うかもではなく、今使う物だけを購入するようにしましょう。

置き場所を決める

一人暮らしの収納のポイント、2つ目は置き場所を決めるということです。使った物をしまうときに、家具の空いているスペースに適当に放り込んでいるという方もいるでしょう。物を適当な場所にしまってしまうと、よほど記憶力がいいという方でもない限り、使うたびにどこにあるのか探さなくてはいけなくなります。

パッと見はいくら綺麗に片付いているように見えるとしても、それでは快適に過ごせる部屋とはいえません。物の置き場所を決めておけば、使いたい物をさっと取り出せるようになりますし、使ったら元の場所に戻すだけでいいので片付けも楽になります。

アイデアで見える化

使いたい物をさっと取り出せるようにするためには、物の置き場所を決めるだけでなく、家具の扉や引き出しを開けたときに何がどこにあるのか一目でわかるようにしておくことも重要です。1つの場所にぎちぎちに物が詰め込まれていると、結局は探すのに時間がかかり、ストレスが溜まってしまいます。

1つの場所にぎちぎちに物を詰め込むのをやめたり、仕分けケースを活用したりして、家具の扉や引き出しを開けたときに必要な物をすぐに取り出せる状態にしておきましょう。必要な物をすぐに取り出せれば、面倒な家事や急いでいるときの身支度の効率もアップします。

次へ

関連するまとめ

人気の記事