育児休業給付金の支給日はいつ?遅い場合の問い合わせ方法まで紹介!

育児休業給付金の支給日はいつ?遅い場合の問い合わせ方法まで紹介!

育児休業を取得する際の生活保障である、育児休業給付金の支給日について解説します。また、支給が遅い場合にどのように問い合わせればよいのかや、復職後の最後の育児休業給付金の支給日が遅くなる理由とその問い合わせ方法についても解説します。

記事の目次

  1. 1.育児休業給付金ってなに?
  2. 2.育児休業給付金の対象となる人
  3. 3.育児休業給付金の初回支給日はいつ?
  4. 4.育児休業給付金の初回支給日へ向けての申請方法
  5. 5.育児休業給付金の2回目以降の申請方法
  6. 6.育児休業給付金の申請から支給日までの時間
  7. 7.育児休業給付金の支給日が遅い場合の問い合わせ方法
  8. 8.育児休業給付金支給決定通知書が届かない場合
  9. 9.最後の育児休業給付金は遅れることが多い
  10. 10.最後に育児休業給付金の支給日は申請日次第であることを覚えておこう!

育児休業給付金ってなに?

Photo by3dman_eu

育児休業給付金とは、育児期間中の生活を保証するため、育児休業によって仕事を休んでもそれまで得ていた給料の一部を、給付金の形で受け取ることができる制度です。

育児休業給付金は、雇用保険法で定められており、雇用保険に加入していれば、正社員だけでなく、パートやアルバイトであっても受け取ることができる機会があります。もちろん、給付を受けるためにはいくつかの条件をクリアする必要がありますが、正社員であれば、ほぼもらえるという認識で問題ありません。

産休後の職場復帰が前提で支給

Photo byClker-Free-Vector-Images

注意しなければいけないのが、給付を受けるためには職場復帰をすることが前提であるということです。少なくとも、出産前から「子供が産まれたら仕事を辞めます」という人には、育児休業給付金は給付されません。育休中の生活を保証するものではありますが、育休後に職場復帰できるように支援するという目的もあるためです。

出産を機に仕事を辞める場合は育児休業給付金は給付されないということは覚えておきましょう。

育児休業給付金の対象となる人

Photo byOpenClipart-Vectors

育児休業給付金が給付されるためにはいくつかの条件をクリアする必要があると述べましたが、その条件を説明します。正社員であれば条件を満たしていないケースはほとんどありませんが、特にパートやアルバイトをしている方で、出産によって収入が下がることに懸念を持っている方は、自分が受給資格を満たしていないかを確認してみてください。

一歳未満の子がいて雇用保険に加入

Photo byRitaE

育児休業給付金を受け取るためには、1歳未満の子を育児していることが条件です。会社によっては、育児休業を取得できるのは3歳未満の子を持つ場合と定めているところも多くありますが、あくまで育児休業を取得できるだけであって、育児休業給付金が支給される条件ではないため注意が必要です。

また、育児休業給付金は雇用保険から給付されるものですので、雇用保険料を支払っていない場合は、以下で述べるすべての条件を満たしていたとしても、支給されません。

育児休業に入る前の2年間で11日以上働いた月が12ヶ月以上

Photo by Robert Couse-Baker

育児休業に入る前の2年間で、ひと月に11日以上働いた月が、12ヶ月以上あることが必要です。正社員であればこの条件を満たしていないことはあまり考えられませんが、パートやアルバイトの方で、週2日ほどしか勤務していない場合は、条件を満たせなくなるため注意が必要です。

ただし、日数をクリアしていれば良いため、一日の労働時間がたとえ1時間であっても、一日とカウントされます。

育児休業期間中に以前の月の賃金の8割以上を受け取っていない

Photo by Steve Bowbrick

育児休業期間中に、何らかの理由で休業前の賃金の8割以上を受け取った場合は、その月の育児休業給付金は支給されません。育児休業期間中の生活を保証する目的であるため、給付金以外に十分な収入がある場合は支給されないというのは納得です。

どうやって8割もの賃金を受け取るのかというと、現在は副業が徐々に解禁されていますので、そちらによる収入が考えられます。また、次の条件のように、育児休業期間中であっても条件付きで勤務することは可能ですので、そちらの賃金支払いが多くなるケースも考えられます。

育児休業期間中の勤務日数が1カ月に10日以下

Photo by get directly down

育児休業期間というのは、理由があれば休業前のように勤務することは可能です。ただし、11日以上の勤務がある場合は、育児休業給付金は支給されません。

気をつけなければいけないのが、あくまで日数で計算するため、1日2時間程度しか勤務していなくても、日数が多くなるとこの条件を満たせなくなってしまうことです。所定労働時間(多くは1日8時間)×10日ではないため注意してください。

育児休業給付金の初回支給日はいつ?

Photo bygeralt

育児休業給付金の支給条件はご理解いただけたでしょうか。支給条件をパスできた方は、「いつからもらえるのか」と「どれぐらいもらえるのか」が気になるところでしょう。ここでは、タイトルにもあるように「いつからもらえるのか」に絞って説明します。意外と休業から支給開始までの期間が長いので注意してください。

次へ

関連するまとめ

人気の記事