26歳の貯金額の平均はいくら?男性・女性の職業別に詳しくリサーチ!

26歳の貯金額の平均はいくら?男性・女性の職業別に詳しくリサーチ!

26歳は社会人として働きながら、結婚や出産などライフステージの変化を迎える人が多い時期です。どの位貯金すれば良いか?というのは気になるテーマではないでしょうか。本記事では26歳の平均的な貯金額はどの位か、貯金額を増やすにはどんな工夫が必要かについて説明します。

記事の目次

  1. 1.26歳の平均貯金額を状況別にご紹介!
  2. 2.26歳の貯金【男性】
  3. 3.26歳の貯金【女性】
  4. 4.26歳の貯金【職業別】
  5. 5.26歳の理想の貯金額【一人暮らし】
  6. 6.26歳の理想の貯金額【実家暮らし】
  7. 7.26歳で貯金が多い人の特徴
  8. 8.26歳で貯金をする理由
  9. 9.26歳で貯金をするコツ
  10. 10.固定費を下げる最大のポイント!保険に加入する際の注意点
  11. 11.26歳の平均貯金額を参考に貯金をしよう!

26歳の平均貯金額を状況別にご紹介!

Photo byTheDigitalWay

ひとくちに「26歳」といっても、どのような職業・雇用形態でどんな仕事をしているのか、また独身なのか、独身でも一人暮らしをしているのか、実家で暮らしているのか、あるいは結婚して家庭を持っているのか、人それぞれ置かれている状況は様々です。ここではタイプ別に26歳の人がどのくらいの金額を貯められているのかをご紹介します。

26歳の貯金【男性】

Photo byFree-Photos

社会人になって数年経ち、職場では後輩も入社し始めてそろそろ「新人」の立場から抜け出してバリバリ働き始める年代ではないでしょうか。仕事が面白くなってきたり、後輩の育成に力が入ったりといった時期を迎える人も多いでしょう。そんな26歳の男性の貯金額とはどのくらいなのか、見ていきましょう。

平均貯金額164万円

Photo bykschneider2991

26歳男性の平均的な貯金額は164万円です。大学卒業後22歳で就職した場合、大体月に3.5万円貯金するペースで、貯金に4年間全く手を付けなかった場合の計算になります。26歳男性の平均貯金額は毎月3.5万円と計算されますが、現実には毎月一定額を貯めたというよりもボーナスや余裕がある月に多めの貯金をしてきたケースと考えられます。

中央値30万円

Photo bystevepb

ここでひとつ、平均的な貯金額を測る上で注意すべき指標があります。それは「中央値」という指標です。中央値とはデータの中で数字の小さいものから順番に並べていき、そのちょうど中間に位置する数字のデータの事を言います。つまり平均値とは全く違った数字になるのです。

実は基本的に平均貯金額より、貯金の中央値を見るほうがより現実に即したデータをとることができると言われています。つまり、26歳男性の平均貯金額は、毎月3.5万円程を貯金に回した結果の164万円でした。

Photo byTeroVesalainen

一方で中央値のデータを取ってみると、この数字は一転、30万円となります。これだけ「平均値の64万円」と「中央値の30万円」の数字が乖離する理由は、データをとった集団の中で少数でも貯金が多い人がいたため、その数字が平均値を引き上げたのです。よって単純に「26歳の人は半分くらいの人が164万円貯金してるんだ」という話にはならないのです。

26歳の貯金【女性】

Photo byStartupStockPhotos

いわゆる団塊の世代の女性達とは異なり、女性も「腰掛け」ではなく、将来のキャリアを見据えて職業や就職先を選ぶ人が増えてきました。男性と同様に職場でも後輩が増えてきて、育成を担当する人も多いのではないでしょうか。そんな26歳になった女性はどのくらい貯金をしているのか、会社や職業にもよるところですが、ここではその実態を見ていきます。

平均貯金額144万円

Photo byjackmac34

26歳女性の平均的な貯金額は144万円です。これは男性の場合と同様に月に2~3万円を貯金に回し、かつ余裕がある月には余分に貯金をしている計算ですが、数字の上では男性と比較すると若干低い水準となります。この数字の違いには大きく2つ理由があります。

理由のひとつは女性の給与は男性より低い水準にあるケースがまだまだ多いことです。最近は職業によっては男性並みの、もしくは男性を超える水準の収入を得ている26歳女性も出てきてはいますが、やはり大多数の女性から見てみると、どうしても役職が付いたり、昇給スピードが早いのは男性という話が多いです。

Photo byPhotoMIX-Company

もうひとつの理由は、男性と比較して女性の方が身の周りのものにお金がかかることが挙げられます。特にまだ若い26歳の女性は身だしなみのための美容院や化粧品代、更には衛生用品代と必要経費が馬鹿になりません。その分他に使えるお金はどうしても少なくなるので、貯金に回せる額も男性と比べると低くなるからです。

中央値30万円

Photo byLoboStudioHamburg

26歳女性に関して貯金額の中央値を出すと30万円になります。これは「中央値だけ」を見た場合は、男性も女性も貯金額に差がないという結果を示しています。男性の貯金額の項で説明しましたが、女性の貯金額に関しても、平均値の「144万円」という数字は「26歳女性の半分くらいの人が144万円貯金してる」という話ではありません。

言い換えると男性も女性も、現実の貯金額は30万円を中心とした一定のレンジ内の中に収まっている人が割合として一番多いのではないかとも言えます。

40代の貯金額の平均はいくら?理想の金額やゼロの場合の貯め方も調査! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
子供の進学やマイホーム建築などで、何かと出費の多い40代。そんな40代の理想の貯金額は、一体いくらなのでしょうか?夫婦世帯、独身世帯によって、貯金額の平均もばらつきの出る40代。今回は、40代がうまく貯金を増やせる貯め方や、収入アップのコツもご紹介致します!

26歳の貯金【職業別】

次へ

関連するまとめ

人気の記事