「当て馬」の意味は?かませ犬との違いや当て馬にされやすい人の特徴も解説!

「当て馬」の意味は?かませ犬との違いや当て馬にされやすい人の特徴も解説!

「当て馬」の意味を正しく理解しているでしょうか。「当て馬」の意味について詳しく解説していきます。「当て馬」と「かませ犬」との違いや「当て馬」にされやすい人の特徴についてご説明していきます。「当て馬」についてしっかりと理解していきましょう。

記事の目次

  1. 1.「当て馬」の意味とは?
  2. 2.「当て馬」の由来
  3. 3.「当て馬」にされやすい人の特徴
  4. 4.「当て馬」と「かませ犬」の意味の違い
  5. 5.「当て馬」の使い方
  6. 6.「当て馬」の注意点
  7. 7.「当て馬」は「相手の様子を知るためだけに仮の人間を出す」という意味

「当て馬」の意味とは?

Photo bySoapWitch

「当て馬にされてしまった」「彼は、当て馬を上手く使ったな」というような使い方をする「当て馬」という言葉があります。この「当て馬」の意味にはどんな意味があるのでしょうか。「当て馬」という言葉を使う場合、人を利用する時に使う言葉として、あまりいい使い方をしません。

例えば、恋愛では、恋愛を上手くいかせるために利用するという意味合いで使われる言葉でもありますし、仕事であれば、誰かの踏み台に利用されるという使い方をする言葉でもあるからです。今回は、「当て馬」の意味や由来、使い方について解説していきます。

Photo byRobinHiggins

また、「当て馬にされやすい人」の特徴にはどんな特徴があるのかについても解説していきましょう。また、「当て馬」と似たような言葉に「かませ犬」という言葉があります。

「かませ犬」には、どういった意味であるのか、使い方はどんな使い方があるのかについてもご紹介していくので最後までしっかりと読んでいきましょう。それでは、「当て馬」の意味から解説していきます。

「当て馬」意味①:相手の様子や手の内を知るためだけに仮の人間を出す

Photo byWolfBlur

元々は、オス馬がその気になるように利用する場合に使われていた「当て馬」でしたが、そこから転じて「相手の様子や手の内を知るためだけに、仮の人間を出す」という意味になったのです。例を挙げると分かりやすくなるので、一例をご紹介していきます。

例えば、自分とカップルの恋人がいたとしましょう。カップルが長く付き合っていると、だんだんと刺激がなくなってきます。

そうした場合、敢えて自分が特に興味をもっていない異性の名前を出して「最近○○さんとよく会うんだ」というように利用して恋人の反応をうかがうことがあります。

Photo byMabelAmber

この場合、○○さんは「当て馬」になるのです。恋人に刺激を与えて、反応を見たいということに利用された仮の人間ということになるのです。

こうすることで、カップルに刺激が入って、好きという気持ちを再確認するために利用されたという意味をもたせているのです。目の前の人物の本心を探る意味で、第三者を「当て馬」として利用して使っていることになります。

「当て馬」意味②:仮の人間に意見を出してもらう

フリー写真素材ぱくたそ

「当て馬」の意味として仮の人間を出すという意味もあるのですが、その人に意見を出してもらうことも意味としてあります。例えば、自分が欲しいと思っている時計があったとしましょう。

高価な時計でもあるので、自分で購入する前に使い勝手が分かっていると、安心して購入することができます。こうした場合、誰かに先に買うように仕向けておいて、その人が購入して使い勝手を意見として聞くのです。

もしも、使い勝手がいい時計であれば自分も購入するといった、行動をするために聞き出す意見という意味をしているのです。時計を購入させられて人のことを「当て馬」という立場にしています。「当て馬」にされた人がいう意見に対しても「当て馬」と使うことがあります。

Photo byFree-Photos

もう1つ例を上げてみましょう。例えば、誰かの意見を当て馬として使って、本来の自分の通したい意見を引き立たせるために使うために利用する意見のことを「当て馬」ともいいます。

自分よりいい意見を出せないであろう人に「○○くんはどんな意見があるかな?」という風に意見を聞きます。

あまりパッとしない意見を出させておいて「実は私の意見はこんな意見なんだが」という風に自分が通したい意見を出すという場合にも「当て馬」としての意味があるのです。このように「当て馬」には「仮の人間に意見を出してもらう」という意味があります。

「当て馬」意味③:仮の人自身

Photo byFree-Photos

「当て馬」の意味として「相手の様子や手の内を知るためだけに、利用する仮の人間を出す」という意味と「仮の人の意見を出してもらう」という2つの意味があります。「当て馬」には、仮の人自身のことを意味する言葉でもあるのです。大まかな意味合いは同じ意味になっています。

「当て馬」の由来

Photo byTheDigitalArtist

「当て馬」の本来の意味は、元々馬の種付けで使われていた言葉でした。馬の種付けのときに、その気にならないオス馬に対して、興奮させるためだけに利用されたメス馬のことを意味しているのです。

「当て馬」であるメス馬に、オス馬を興奮させておいて、その気になったところで本来の種馬であるメス馬にバトンタッチするという意味があります。

このようにすることによって、種馬とオス馬が交尾することになるという訳です。「当て馬」とは、こういった一連の行為を指す意味として使われる言葉となります。

「当て馬」にされやすい人の特徴

Photo by duvsbefilmoc

それでは、「当て馬」にされやすい人の特徴についてまとめていきましょう。「当て馬」にされやすい人というのは、ある特徴があります。どういった特徴をもった人が「当て馬」になりやすいのか確認していきましょう。自分は「当て馬」のされやすい特徴があるのか確認して下さい。

人の言うことをすんなりと聞く

Photo byLichDinh

「当て馬」にされやすい特徴のある人というのは、人の話を素直に聞き入れやすいという特徴がある人のことがあります。例えば、何か頼み事をされた場合「いいよ」とすぐに答えてしまう人は「当て馬」になりやすい特徴があります。

「当て馬」というのは、本来「当て馬」にする人にとっては利用する相手なのですから、「どうしてそれをする必要があるのか教えて」「どうして私がしないといけないのか言って」「それは必要なことなの?」とあれこれ聞かれると面倒になってしまいます。

「当て馬」にする人には何のメリットもないことなので、頼む側としてはすんなりとOKしてくれる人でないと利用できないのです。そういったことから、「当て馬」にされやすい人は、なんでも「はいはい」と人のいうことを聞いてしまうという特徴がある人ということになります。

欲がない

Photo byLeroy_Skalstad

「当て馬」にされやすい人の特徴として、「欲がない」という特徴があります。例えば、「○○さんより評価されたい」という欲求が高い人に対して「当て馬」になってもらおうとすると「どうして私がしないといけないんだ?」という反発があることは容易に判断できます。

欲のない人であれば、特に自分が評価されたという思いもないので、「当て馬」として利用できるのです。また、お金に欲がない人に「新商品の○○ってどんな味なのかな?」といって「当て馬」にして新商品を購入してもらうという場合もあります。

欲のない人を「当て馬」として利用する場合、「当て馬」にされた人は、全く自分が「当て馬」にされていることに気が付いていないという特徴もあります。

関連するまとめ

人気の記事