キャパオーバーになりやすい人の特徴とは?原因や対処法をまとめて解説!

キャパオーバーになりやすい人の特徴とは?原因や対処法をまとめて解説!

昨今良く使われるようになった言葉に「キャパオーバー」という言葉がありますが、このキャパオーバーになりやすい人も結構います。キャパオーバーになりやすい人の特徴や、キャパオーバーになる原因やならないための対処法などについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.キャパオーバーになりやすいのをなんとかしたい!
  2. 2.キャパオーバーとは
  3. 3.キャパオーバーしている状態の特徴
  4. 4.キャパオーバーする原因
  5. 5.キャパオーバーしてしまう人の対処法
  6. 6.キャパオーバーしないように気をつけよう!

キャパオーバーになりやすいのをなんとかしたい!

Photo byxusenru

キャパオーバーという言葉を近年良く耳にするようになりましたが、何かあるとすぐにキャパオーバーになってしまうという人は少なくありません。

キャパオーバーになりたいわけではないのに、何かというとキャパオーバーになることを悩んでしまい、悪循環に陥るという人は意外に多く、キャパオーバー状態が続いてしまう人もいます。

日常生活の様々な出来事によってキャパオーバーになりやすいことを悩んでいる人も、キャパオーバーになる原因などをきちんと知ればキャパオーバーになることを防ぐこともできますので、キャパオーバーになる原因や対処法をご紹介します。

キャパオーバーとは

Photo byPublicDomainPictures

それではまず、キャパオーバーとは何かについてご紹介します。キャパオーバーという言葉は最近よく使われるようになった新しい言葉ですが、キャパオーバーという言葉についてちゃんと知っている人は少ないでしょう。

他の人がキャパオーバーという言葉を使っているので真似して使い始める人も多く、キャパオーバーの意味などを知らずに使う人は少なくありません。

キャパオーバーとはいったいどのような意味を持っている言葉なのか、キャパオーバーの語源とはどのようなものなのかなどについて詳しくご紹介しましょう。

許容量を超えること

Photo byronymichaud

まずキャパオーバーの意味ですが、キャパオーバーの意味は「許容量を超えること」という意味です。「許容量」の意味は元々放射線量などに使われていて、「放射線が人体に悪影響を与えることがないと考えられる最大限の量」という意味です。

この「許容量」はだんだん他の意味でも使われるようになり、キャパオーバーの意味としての「許容量」は「そこまでは良いとして認められる程度の量」という意味になります。

そのためキャパオーバーの意味は「そこまでは良いとして認められる程度の量」という意味になり、こういったことを言いたい場合に「キャパオーバー」と言うことができます。

語源と詳しい意味

Photo byroegger

次にキャパオーバーの語源と詳しい意味ですが、キャパオーバーの「キャパ」は英語の「capacity(キャパシティ)」の略で、「capacity」の意味は「容量」です。

これに英語の「over(超える)」をつけて「capacity over(容量を超える)」という言葉になり、「capacity over」を略して「キャパオーバー」と言うようになりました。

キャパオーバーの語源は英語にありますが、実は「capacity over」という言葉は和製英語なので外国の人には通じません。キャパオーバーは英語に語源がありながら英語ではないという、ちょっと不思議な言葉です。

仕事においての使い方

Photo byFree-Photos

次にキャパオーバーの使い方についてご紹介します。まず仕事においてのキャパオーバーの使い方ですが、仕事で自分の許容量を超える仕事を抱えてしまった時などに「もうキャパオーバーだよ」などという使い方をします。

また、普段ならこなせる程度の仕事でも体調の悪い時や精神的に参っている時などには普段の仕事もこなせなくなることもあります。こういった時には「今日の私にはいつもの仕事もキャパオーバー」などという使い方もできます。

恋愛においての使い方

フリー写真素材ぱくたそ

キャパオーバーの使い方の二つ目は、恋愛においてのキャパオーバーの使い方です。恋愛においてのキャパオーバーの使い方として、「いい人だと思ってたけど付き合ってみたらあの人は私にはキャパオーバーだったよ」といった使い方が挙げられます。

恋愛においてキャパオーバーという言葉が使われるのは、相手との価値観が違い過ぎる時やあまりにも相手の束縛が激しい時など、恋愛が上手くいっていない時だと言えます。

このようにキャパオーバーという言葉は仕事や恋愛など色々な場面で使うことができますが、使い方には注意が必要です。

そう大変な状態でもないのにキャパオーバーを連呼すると周囲の人たちから「根性がない」などと誤解されることもありますので、使い方には注意しましょう。

キャパオーバーしている状態の特徴

Photo byRobinHiggins

キャパオーバーの意味や使い方についてご紹介しましたので、次はキャパオーバーしている状態の特徴についてご紹介します。

仕事や恋愛など様々な場面でキャパオーバーになる人はかなり多いですが、キャパオーバーしている状態の時には共通する特徴があります。

恋愛や仕事などでキャパオーバーになっている状態の時にはいったいどのような特徴があるのか、キャパオーバーしている状態の特徴についてご紹介しましょう。

余裕がなくなる

Photo byAnemone123

キャパオーバーしている状態の特徴の一つ目は、余裕がなくなるということです。仕事や恋愛がうまくいかずキャパオーバーになっている状態の時には、心に余裕がなくなってしまい自分のことしか考えられなくなります。

しかも自分で自分のキャパオーバー状態をどうにかすることもできないため、自分自身のことを「私はダメな人間だ」と追い込んでしまうこともあります。

普段なら仲の良い友達などが悩んでいたら表情などですぐに気づく人でも、キャパオーバー状態になっていると他人を気にする余裕がなくなってしまうので、周囲の人たちと上手くやっていけなくなってしまいます。

できるはずのことができなくなる

フリー写真素材ぱくたそ

キャパオーバーしている状態の特徴の二つ目は、できるはずのことができなくなるということです。キャパオーバー状態になっている時には、普段ならちゃんとできることができなくなるというのも大きな特徴です。

特に普段は仕事などがばりばりできる人がキャパオーバー状態になると全く仕事が手につかなくなったりして、周囲の人たちから「いったいどうしたの?」などと心配されたりします。

恋愛関係で大きなダメージを受けてキャパオーバーになったら仕事も手につかなくなり、会社を休んでしまう人などもいます。

新しいことができなくなる

Photo byComfreak

キャパオーバーしている状態の特徴の三つ目は、新しいことができなくなるということです。仕事や恋愛が原因でキャパオーバーになると、新しいことが全くできなくなるというのも大きな特徴だと言えます。

キャパオーバー状態になると心に余裕がなくなりますので、普段なら色々なことに興味を持ってどんどん新しいことを始める人でも、新しいことに興味を抱くことができなくなってしまいます。

普段は恋愛でも仕事でも一生懸命な人ほど、キャパオーバー状態になるとこの「新しいことができなくなる」という特徴は顕著に表れ、そのような状態になってしまった自分自身に対して驚くこともあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事