iPhone7の強制再起動の方法!出来ない時やメリット・デメリットも解説

iPhone7の強制再起動の方法!出来ない時やメリット・デメリットも解説

iPhone7の強制再起動の方法はスリープボタンと音量ダウンボタンの同時押し10秒間です。iPhone7を強制再起動するとデータが消える等のデメリットやボタンによる強制再起動が出来ない場合に試す方法まで、iPhone7の強制再起動に関して詳しく解説しています!

記事の目次

  1. 1.iPhone7の強制再起動が必要な時
  2. 2.iPhone7の強制再起動の手順方法
  3. 3.iPhone7の強制再起動のメリット
  4. 4.iPhone7の強制再起動のデメリット
  5. 5.本体のボタンによる操作で解決出来ない場合
  6. 6.iPhone7の強制再起動は最終手段として活用しよう!

そのため、AppleのHPではiPhone7での強制再起動は反応しなくなった場合に限り、最終手段として認められています。強制再起動は通常の再起動の代わりやショートカットキーではなく、それとは別の緊急用の操作です。アプリ単体の強制終了や通常の再起動など強制再起動をしなくても解決できるときは行わないようにしましょう。

特にiOSのアップデート中に強制再起動をしてしまうとシステムエラーにつながる恐れがあります。iOSをアップデートするときには途中で電源が切れたり、ネットワークの接続が切れたりしないように、それらが十分に確保された状態で行いましょう。

作業中のデータが消えてしまう恐れ

作業中のデータが消えてしまう恐れ
Photo bykaboompics

2つ目のデメリットはiPhone7で強制再起動を行うと、作業中のデータが消えてしまう恐れがあるということです。作業中のデータとは例えば作成中の文章やイラスト、ゲームのデータなどです。

iPhone7のような電子機器は急に動作しなくなることがあるというデメリットがあるので、そういうものだと割り切ってデータは日頃からこまめに保存するようにするのが良いでしょう。

なお強制再起動は、iPhone7内部のデータを消す操作ではありません。連絡先や写真のデータ、LINEトークやインストールしたアプリなど、それまでに保存されているデータを消す動作ではありません。

本体のボタンによる操作で解決出来ない場合

大見出し(オリジナルコンテンツ作成分)
Photo byAnestiev

本体のボタンによる操作で解決出来ない場合、別の方法を試す必要があります。パソコンを用意できる方はiPhone7とパソコンを接続し、リカバリーモードでiOSを再インストールすることで解決することがあります。なお、リカバリーモードは約15分で自動的に解除されるため、事前に手順を確認してから行いましょう。

リカバリーモードでiOSをアップデートする

リカバリーモードでiOSをアップデートする
Photo by377053

この方法を行うにはパソコンにiTunesがインストールされている必要があります。iTunesがインストールされていなければ先に行うようにしてください。iTunesはAppleのウェブサイトより無料でダウンロードが可能です。準備ができればiPhone7をUSBケーブルでパソコンに接続しておきます。

パソコンに接続された状態でスリープボタン+音量ダウンボタンを長押し

パソコンに接続された状態でスリープボタン+音量ダウンボタンを長押し
Photo byO12

iPhone7がパソコンに接続された状態でスリープボタンと音量ダウンボタンを長押しします。画面が黒くなった後Appleのロゴが現れますが、両方のボタンを押し続けます。数秒後にiTunesに接続する画面が表示されたら両方のボタンを離します。

次にパソコンでiTunesを開きます。すると「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります。」というメッセージが表示されます。メッセージの下部にあるキャンセル、復元、アップデートのボタンの中からアップデートのボタンをクリックします。するとiTunesがiPhone7のソフトウェアをダウンロードします。

なお、アップデートはデータを消去する操作ではありません。復元は全てのデータを削除し、工場出荷時の状態にする操作です。

画面が真っ黒の場合

画面が真っ黒の場合
Photo byAnestiev

画面が真っ黒で反応がない場合、完全放電している可能性があります。完全放電した状態からの充電は時間がかかるため、すぐには充電画面が表示されない場合があります。

パソコンからのUSB給電は充電が遅いため、電源アダプタを使用してコンセントから充電します。もしも完全放電していたことによって画面が真っ黒になっていた場合は、1時間程度経つと充電画面が表示されるはずです。

1時間程度経っても画面が真っ黒の場合や「電源に接続してください」という画面が表示される場合は、使用しているUSBケーブルや電源アダプタやコンセントが他のデバイスでも使えるかどうかをチェックしたり、別のものに交換して再度充電を試したりしてしみましょう。

それでも解決出来ない場合

それでも解決出来ない場合
Photo byTumisu

それでも解決出来ない場合はAppleサポートに問い合わせましょう。なおオペレーターからIMEI番号を聞かれることがあるので確認しておきましょう。iPhone7のIMEI番号はSIMトレイの裏面に記されています。

お問い合せ先 Appleサポート(日本)
電話番号 0120-277-535(無料)
営業時間 月~金 :午前9時~午後19時
土・日祝:午前9時~午後17時

iPhone7の強制再起動は最終手段として活用しよう!

iPhone7の強制再起動は最終手段として活用しよう!
Photo bygeralt

出先で急にiPhone7がフリーズしても、事前にこの記事で紹介した方法を知っていると冷静に対応出来ます。iPhone7を持っている友達や家族がいれば、ぜひ教えてあげましょう。強制再起動はこの記事で紹介したようにデメリットも存在するためあくまでも最終手段ですが、フリーズしたときなど通常の再起動が出来ないときには活用しましょう。

イズハマ シゲト
ライター

イズハマ シゲト

大学の理系学部卒業後、製造業で働く。大学生の頃の一人暮らしや企業での経験を生かし、見やすくためになる記事をモットーに記事を書く。

前へ

関連するまとめ

人気の記事