笑顔の作り方!可愛い写真写りや好印象はトレーニングで作ることができる!

笑顔の作り方!可愛い写真写りや好印象はトレーニングで作ることができる!

子供たちの可愛い笑顔、写真でも楽しそうな笑顔で写れると、とても素敵に見えます。日本人は笑顔の作り方が下手だと言われていますが、実はトレーニング次第でいくらでも素敵な笑顔を作れます。今回は、笑顔の作り方のポイントやトレーニング方法をまとめます!

記事の目次

  1. 1.トレーニングで誰でもできる!笑顔の作り方をご紹介!
  2. 2.笑顔の作り方が分からない!
  3. 3.笑顔の作り方が上手い人のメリット
  4. 4.自然な笑顔の作り方
  5. 5.笑顔の作り方トレーニング法
  6. 6.笑顔の作り方を日常生活でも活かそう
  7. 7.可愛い笑顔の作り方はトレーニングで身に付く!

トレーニングで誰でもできる!笑顔の作り方をご紹介!

Photo by1494202

写真を撮影するときに、どんな風に笑顔を作ったら良いのか分からない。どうすれば、自然な笑顔になれるのか知りたい。そんな悩みはありませんか?

子供のように自然で可愛い笑顔を作るには、口角を少し上げて、目元をちょっぴり下げるのがポイントですが、これを素でやるのは、なかなか難しいものです。

今回は、笑顔の作り方が分からないという皆さんのお悩みに答えて、笑顔の作り方のトレーニング方法もご紹介。写真に写るときもナチュラルに笑顔になれる、とっておきの方法お教えします。

笑顔の作り方が分からない!

Photo byFree-Photos

うまく笑顔になれないから、写真は苦手。どうしたら可愛い笑顔を作れるのだろう。笑顔になることにコンプレックスを持っている人は、意外と多いのです。

どうすれば、作り笑いではなく、素敵に見える笑顔を作れるのでしょうか?まずは、笑顔の作り方が分からない人に、ありがちな表情の特徴から見ていきましょう。

笑顔が下手な人の特徴

笑顔の作り方が分からない人は、目元、口元の動きが不自然な場合が多いと言われています。写真に写った時に、どこかぎこちない、なんとなく無理して引きつっているような笑顔になっているとしたら要注意。

子供のあどけない笑顔は、心から笑っているからこそ、自然で可愛いと思えるように、大人が笑顔を作るときにも、心で感じていることが、そのまま顔に出るような素敵な笑顔を心がけたいものです。

目が笑っていない

Photo byivanovgood

笑顔の作り方が苦手な方の特徴として、まず挙げられるのが「目が笑っていない」という点です。写真に写った自分の顔の表情をよく見ると分かりますが、目を見開いていたり、目尻が上がっていたり、動きがないのがこのタイプ。

「目は口ほどにものを言う」とも言いますが、目元が顔の表情全体の印象を大きく左右すると言われています。笑顔を作るときには、目の動きや目元を柔らかい印象にできるかどうかが大きなポイントとなりそうです。

表情が硬い

笑顔が苦手な人の特徴として、表情が硬いというのも挙げられます。目元や口元に動きがなく、全体的に「固まっている」ように見える無表情な感じの方はいませんか?

パリコレモデルや雑誌モデルの写真だと、わざとこのような無表情を作り出して写真に写る場合もありますが、一般の方が普通に写真撮影したときに、無表情だと素敵に見えません。表情筋が凝り固まっている可能性があります。

非言語コミュニケーションの意味とは?目的・種類・具体例などを詳しく解説! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
非言語コミュニケーションの意味とはどんな意味があるのでしょうか。非言語コミュニケーションの目的・種類・具体例について詳しくご説明していきます。非言語コミュニケーションがいかに私達にとって必要なものであるのかについてご説明していきましょう。

笑顔の作り方が上手い人のメリット

笑顔の作り方が苦手という方は、目元、口元の動きが不足していて、表情が硬いと言う特徴がありました。

続いては、笑顔が上手な人の特徴や笑顔の作り方を心得ることで受けられる、様々なメリットを見ていきましょう。

笑顔はまわりの人を幸せにするだけでなく、自分にもいいことがたくさんありますので、まずはそこを知って、トレーニングのモチベーションにしたいものです。

人に好かれやすい

Photo by5688709

誰からも可愛いと思われる素敵な笑顔を作れる人や、見た人が元気になれるような笑顔の人は、写真写りが良いのはもちろん、周囲の方に好印象を持たれやすいという特徴があります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事