大学受験で使える自己PRの作り方と例文まとめ!書き出しや書き方の注意点も!

大学受験で使える自己PRの作り方と例文まとめ!書き出しや書き方の注意点も!

大学受験で使える自己PRの作り方と例文をまとめました。書き出しや書き方の注意点もなども数多くありますので要チェックです。大学受験で使える自己PRとはどんなものなのでしょうか?記事をくまなくチェックして是非参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.大学入試の自己PR対策をしよう!
  2. 2.大学入試の自己PRって?
  3. 3.大学入試の自己PRのポイント
  4. 4.大学入試の自己PR文の書き方手順
  5. 5.大学入試の自己PR文で使える例文
  6. 6.大学入試の自己PRの注意点
  7. 7.大学入試の自己PRで合格に近づけよう!

大学入試の自己PR対策をしよう!

フリー写真素材ぱくたそ

大学入試において重要な自己PRですが、自分の魅力を最大限に伝えられているいる方はどれほどいるのでしょうか?闇雲に自己PRするのはもちろんアウトですが、それ以上に完璧な自己PRをできている方は数少ないでしょう。

しかし、どんな自己PRが最も適しているのか?どんなアピール方法があるのかがわかれば、限りなく完璧に近い自己アピールができるようになります。

この記事では、自己PRの方法だけでなく書き方や例文など、大学入試に置ける自己PR方法を厳選してまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

大学入試の自己PRって?

Photo by livepine

そもそも大学入試の置ける自己PRはどんな自分を表現すれば良いのか?そこがわかっていければならないのが注意点です。スタートラインが間違ってしまうと後半になるにつれて修正が難しくなってきてしまいます。

大学の入試も様々な形式の入試があります。その入試に合わせて自分の書き方や自己PR方法を変化させていく必要があります。

自分が受験する大学の入試はどんな形式なのか?自分が最も自己PRできる入試形式はどんなものなのか?その種類をまずは把握して置く必要があります。それではどんな形式の入試があるのかなどの内容を紹介していきます。

AO入試や推薦入試で頻出

フリー写真素材ぱくたそ

AO入試は面接がメインの入試になります。エントリーシートに自己PRがありそこに記入してある自己PRをもとに面接していくので、面接で聞かれることを見越した書き方で記入していきましょう。

面接で聞かれることを見越した文章を作成することで、面接でもさらに自己PRする事ができるため、面接官にもしっかりと自己PRする事ができます。

大学によっては、小論文などで自己PRをするような設問を受ける事があります。そのため自己PRをする方法は、幅広く考えていた方が良いでしょう。幅が広がれば小論文に限らず多くの事に使う事ができるのでおすすめです。

文で書く場合

Photo byFree-Photos

自己PRを文で書く場合の書き方は、しっかりと伝えたいことを順序立てすることで相手に効率よく伝える事ができます。事前に大学のパンフレットや大学の情報を先生から事前に調べておきましょう。

事前に大学の情報をしっかりと調べておきながらもその上で自分が大学に入ってからやりたい事、やりたい事ができた経緯などを自己PRできるようにしておきましょう。

曖昧な情報をもとにしてしまうと、自己PRする際に事実と違ってしまった時に修正が効かなくなってしまいますので、しっかりと大学側の情報だけは得られるようにしておきましょう。また進学した人の意見を直接聞ける機会があれば、逃さないようにしましょう。

面接で聞かれる場合

フリー写真素材ぱくたそ

面接で受け答えする場合には文で伝えるのとは逆に、自己PRの話を順序立てて考えてしまうと、面接官からの質問を受けた際に頭が真っ白になってしまう事があります。

大学での面接は、多くの質問や受け答えが必要になりますので、臨機応変に自己PRの受け答えができるようにしておきましょう。どんなに伝えたい事に魅力があったとしても、相手の質問に対して答えが伴っていなければ印象は悪くなってしまいます。

そのため面接では相手の質問にしっかりと答える事と、自分の魅力ややりたいことを伝えられるようにして置く事が大切です。この二つを意識して自己PRは自分の伝えたい事を書き出してまとめておきましょう。

大学入試の自己PRのポイント

Photo byb0red

大学入試に置ける自己PRとはどんな事に注意していけばいいのでしょうか?「どのように自己PRしていけば良いのか」誰もがぶつかる壁であることは間違いありません。大学では自己PRの表現方法などもより豊かなものが求められます。

自己表現や自己PRは人それぞれ異なり、他人の表現方法を真似してもうまくいかない事が多いです。そのため自分が本当にやりたい事や、学びたい事を考えて発表する必要があります。

自己分析する事で、かなり自己PRのコツや糸口がl掴めるは間違いありません。自己分析と言うとすごく難しい事のように感じますが、自分やりたい事や学びたいことなどを改めて書き出し、優先順位や重要度を見極めていけば、自然と伝えたい事がわかってきます。

出題意図を押さえる

Photo byClker-Free-Vector-Images

まずは大学側の出題されている設問の意図を読んでいきましょう。なぜこのような形の出題があるのか?すなわちどんな事を求められているのか?につながっていきます。自己PRの書き出しからも重要度がわかりますので、くまなく注意してチェックしていきましょう。

自己PRは出題されている意図に沿わずに「的外れな回答をしてしまう」事が最も気をつけなければいけない事です。そのためには注意深く書き出しを読み解き、自分の書き方にも注意して回答してきましょう。

自己PRする際に大学側の意図を読み取ることはそんなに難しい事ではありません。冷静に設問や出題されている書き出しを読んでいきましょう。緊張していると理解力が低下してしまいますのでリラックスして臨みましょう。

大学でやりたいことをアピールする

フリー写真素材ぱくたそ

自己PRの基本として、やりたい事をアピールしていくのは最もベターな方法です。ただ単にやりたい事を自己PRするだけでは誰でもできてしまうので、その先の事やどうしてやりたいと思ったのかなどのエピソードなどがあると良いでしょう。

このように「大学でやりたい事」に個人のエピソードや思い入れなどを肉付けする事で、オリジナリティーの高い自己PRをする事ができます。他人にはないような感じ方をしてもらう事ができれば、面接官の印象にも自己PRを強く残す事ができます

ここで注意しておきたいのが決して「独りよがりな自己PR」をしてはいけないという事です。あまりにも個人的すぎる自己PRは、返って印象を下げてしまいますので注意しましょう。

具体的なアピール

Photo bymohamed_hassan

できる事なら大学の情報を詳しく集めた上で、その中から自分のやりたい事を重ねてアピールする事ができれば「大学の情報をしっかりと収集できている」とアピールする事ができます。しっかりと大学の情報をリサーチしておきましょう。

自分の魅力を生かす

Photo byskeeze

大学での自己PRにおいて評価が高い事が「自分の魅力を説明できる人」です。日本人は自己肯定感が低い人が多くなかなか自分の魅力を堂々と表現できる人がいません。そのため自分の魅力を表現する事ができる人は少ないため評価されやすい傾向にあります。

自己PRは自分が高校時代に打ち込んだ事を自己評価するのも良いですし、第三者に聞く事で自分でも把握していなかった魅力に気づく事があります。

このように多角的に自分を評価し、高校時代に打ち込んだ事を大学側に伝えていきましょう。自己PRは自分からの評価と他人からの評価を交えて伝えると良いです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事