高速音読のやり方や効果を検証!おすすめの本やトレーニング法も紹介!

高速音読のやり方や効果を検証!おすすめの本やトレーニング法も紹介!

前頭葉を活性化させる高速音読という方法があるのを知っていますか。高速音読はコミュニケーション能力を高める効果もあります。今回は少ない時間で、能力開発が可能になる高速音読のやり方や効果を検証しました。さらにおすすめの本やトレーニング方法も紹介します。

記事の目次

  1. 1.高速音読とは
  2. 2.高速音読で得られる効果
  3. 3.高速音読のトレーニングのやり方
  4. 4.高速音読の効果を更に高める
  5. 5.高速音読におすすめの本
  6. 6.高速音読の注意点
  7. 7.高速音読はこんな人におすすめ!
  8. 8.高速音読は脳の活性化に良い!

高速音読とは

Photo byMyriams-Fotos

高速音読を知っていますか。速読なら聞いたことがあるという人は多いでしょう。高速音読は、速読とは違います。速読は黙読ですが、高速音読は声を出しながら本を読む方法です。速読の効果は以前から知られていましたが、高速音読の効果は良く知られていません。

知られていない理由は、読書は静かに読むという常識があったからです。図書館や電車で声を出して読む人はいません。声を出して読むのは小学校の低学年の時ぐらいです。成人すると黙読が常識なので音読は注目されることもなく、その効果に気がつかなかったのです。

近年、声を出して早く読むことが脳にとても良い影響を与えることが分かってきました。それだけではありません。高速音読にはコミュニケーション能力を高めるという素晴らしい効果があることも分かってきたのです。

本の文章を速く音読

Photo byDGlodowska

高速音読のイメージをつかむには「早口ことば」を想像してみてください。普通の会話とは比べ物にならない速さで言葉を発します。しかし早口言葉は言葉の数が少ないので直ぐに覚えることができます。つまり、記憶している言葉を口から発しているだけです。

ところが、高速音読は読むという作業が加わります。しかも覚えている文章を発するのではなく、読みながら理解するのです。また速読とも大きく異なります。速読は文章を飛ばして省略して読めますが、音読は発音して読むので全ての文字を読むことになります。

高速音読は、文章を「見る」・「音読する」・「理解する」の3つのことを、可能な限り速くやります。これが前頭葉を刺激していい効果を生むと考えられているのです。読書が苦手な人や、忙しくて時間がない人にもおすすめです。

高速音読で得られる効果

Photo bygeralt

高速音読は大きな効果が得られます。見る・音読する。理解する。という3つのことをするなんて大変だと思われる人もいるかも知れません。でも、私達は子供の頃から3つとも自然にやっていることばかりです。事実、子供の頃は、声を出して本を読んでいたはずです。

今まで普通にやってきた「読む」という動作に「声を出して読む」という動作を加えるだけです。高速音読は、やり方さえ分かれば直ぐに始めることができるというメリットがあります。次に高速音読がどんな効果をもたらすのか紹介しましょう。

①滑舌が良くなる

Photo byBEP

しゃべっている時、上手く発音できないと「滑舌(かつぜつ)が悪い」と言われます。また滑舌が悪いことを「噛んだ」「噛む」と言う時もあります。滑舌が悪い原因は、口の周りの筋肉をちゃんと動かして発音しないことにあります。

これは能力や才能ではなく、子供の頃からハッキリと正確に発音する習慣が無かったからです。高速音読を続けていると口や顔の筋肉が柔らかくなり動きも良くなるので、正確にはっきりと発音できるようになります。つまり滑舌が見違えるように良くなるというわけです。

高校の音楽部の発音練習で「あ・え・い・う・え・お・あ・お」という不規則な「あいうえお」を大きな声で発声する練習方法があります。これは声を出す筋肉を時間を掛けて鍛えています。口の筋肉と顔の筋肉が柔軟になって強くなると、滑舌は必ず良くなります。

②会話が発展しやすくなる

Photo byAymanejed

高速音読を続けていると前頭葉が刺激されるので、頭の回転が速くなります。その目覚ましい効果は、人と会話をしている時に、はっきりと体感できるようになります。またひらめきが良くなるので相手の会話に対する反応も良くなります。その結果、会話がギクシャクせずにスムーズに進むようになります。

高速音読を続けていると、前頭葉の言語中枢機能が発達するので、相手の言葉を理解する速度が速くなります。従って高速音読トレーニングを継続している人は会話していても、話に詰まったり急に言葉が見つからなくなってオロオロしたりすることが無くなってきます。

③語彙や知識が増える

Photo by torisan3500

高速音読を続けていると知識や語彙(ごい)が増えます。語彙が増えるというのは、自分が使える言葉や、理解できる言葉の数が増えると言う意味です。ちなみに13歳で使える語彙は、約3万語くらいですが20歳になると、4万5000~5万語に増えると言われています。

高速音読を続けると普通の人よりも、早く本を読めるので知識の量が飛躍的に増えます。またそれだけでなく、大脳の前頭葉が刺激されるので言葉を理解力する能力が高くなります。その結果、高速音読をする時間が増えるにつれて知識や語彙がどんどん増えて行きます。

④コミュニケーション能力の上昇

Photo by OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

知識が増えて語彙が増えると相手の伝えようとする意味を理解する能力が高くなります。またこちらが伝えようとする表現力も豊かになります。その結果、相手に自分の意思を伝えることが上手になります。言葉のキャッチボールが上手になるので会話が楽しくなります。

関連するまとめ

人気の記事