「水を得た魚」の意味とは?正しい使い方・読み方・例文をまとめて紹介!

「水を得た魚」の意味とは?正しい使い方・読み方・例文をまとめて紹介!

「水を得た魚」という言葉はビジネスシーンでもプライベートでもよく使われる言葉です。しかし、正しい使い方や読み方ができているという自信はありますか?そこで、「水を得た魚」の意味や使い方や例文・最も注意が必要な読み方をご紹介していきましょう。

記事の目次

  1. 1.水を得た魚の意味とは?
  2. 2.水を得た魚の由来
  3. 3.水を得た魚の類義語
  4. 4.水を得た魚の対義語
  5. 5.水を得た魚の使い方
  6. 6.水を得た魚はその人に最適な場所で活躍しているという意味

水を得た魚の意味とは?

Photo byFree-Photos

ことわざとしてよく使われる「水を得た魚」ですが、具体的にどのような意味なのかご存知でしょうか。なんとなく使っているという方も意外と多いのではないでしょうか。そこで、今回は「水を得た魚」という言葉について、意味や使い方、例文などをご紹介します。

「水を得た魚」の意味ですが、その人にとって最も力を発揮することができる最適な場所で、いきいきとして活躍しているという意味です。自分にぴったりの場所で活躍している、好きなことをやって楽しく過ごしているときに使われます。

仕事の上では、リーダーに任命されたり転職をしたりと環境が変わったときに今までよりも活躍できるようになったというときに使われます。プライベートでも、興味があったり得意だと感じる分野に関していきいきとしている場合にも使うことができます。ビジネスシーンでもプライベートでも使うことができる便利な言葉です。

水を得た魚の由来

Photo byjoakant

水を得た魚とは、まさにその言葉の通り魚が水の中で元気に泳いでいる姿から由来されています。魚は水がない陸地では呼吸することができずにぐったりとしてしまい活動できません。釣りをしたことがある方であれば想像しやすいのではないでしょうか。

陸地では活動できない魚ですが、水の中に入ると一変して人間よりも非常に上手に泳ぐことができます。水の中でこそいきいきと泳ぐことができる魚から「水を得た魚」という言葉が使われるようになったとのことです。

水を得た魚の読み方

Photo by torisan3500

ちなみに水を得た魚の読み方についてですが、水を得た魚の読み方を間違っているという方が非常に多いです。というのも、水を得た魚は「みずをえたさかな」と読んでいませんか?

水を得た魚の読み方の正解は「みずをえたうお」です。水を得た魚では「魚」は「さかな」と読み間違えられることも多いですが、正しい読み方は「うお」なので注意が必要です。

ビジネスシーンでも「みずをえたさかな」と表現している方も非常に多く、周囲も間違いに気づいていないため注意されることなくそのまま使い続けているというケースも多いのです。

Photo by ginza_line

なぜ魚の読み方がうおなのかということですが、元々昭和23年の当用漢字音訓表では魚は「うお」と「ギョ」の二つの読み方しかありませんでした。さかなと言えば「肴」であり、お酒のおつまみのことを意味していたのです。

昭和48年に当用漢字が改正されてから魚が「うお」「ギョ」だけではなく「さかな」という読み方が認められたということです。

現在では魚は「うお」よりも「さかな」の読み方が一般的になっていますが、「水を得た魚」の読み方は「みずをえたさかな」ではなく「みずをえたうお」が正しいのです。水を得た魚に関しては、使い方よりも読み方が最も注意が必要です。
 

「王道」の意味や使い方をを解説!語源や本来の意味を知らない人が多数!のイメージ
「王道」の意味や使い方をを解説!語源や本来の意味を知らない人が多数!
普段の生活でもよく使われる王道。みなさんはその由来を知っていますか。ここでは「王道」の意味や語源、対義語や使い方をまとめました。定番と似たような意味を持っていますが、厳密には違うのです。王道の意味や語源とは、その対義語はなにか、ぜひ最後までお読みください。

水を得た魚の類義語

Photo byFree-Photos

それでは、「水を得た魚」の類義語についてご紹介していきましょう。類義語とは、言葉は異なっていますが意味が非常に似通っている言葉のことです。水を得た魚の代わりに使うことも可能である類義語を3つご紹介します。

今回ご紹介する類義語はそれぞれの言葉ごとに若干意味や使い方が異なっています。ぜひそれぞれ適した場面で使うようにご注意ください。

魚の水を得たるが如し

フリー写真素材ぱくたそ

水を得た魚の類義語、まずは「魚の水を得たるが如し」です。読み方は「うおのみずをえたるがごとし」であり、水を得た魚と同様に魚は「さかな」ではなく「うお」と呼ぶことにご注意ください。

魚の水を得たるが如しとは、離れることができないほど親密な付き合いの例えです。また、苦しい状況から脱却し、その人にふさわしい場所を得ていきいきと活躍することができるという意味もあります。

三国志には「狐の孔明有るは、猶魚の水有るがごときなり。願わくは諸君復言うこと勿れ」という記述があります。魚は水がなければ生きていくことができないことからこの言葉が使われたと言われています。

水魚の交わり

Photo byPublicDomainPictures

水を得た魚の類義語、続いては「水魚の交わり」という言葉もあります。水魚の交わりは故事成語の一つであり、親密な間柄や交際ということを意味しています。友人関係だけではなく、主従関係を示す言葉としても使われています。

日本では親密な関係という意味ですが、中国では「如魚得水」と表現し、自分が活躍できる場所を得ることという意味で使われています。もともとは三国志の文章に由来しています。

適材適所

Photo byStartupStockPhotos

水を得た魚の類義語、最後にご紹介するのは「適材適所」です。適材適所は「てきざいてきしょ」と読む四字熟語です。その人の能力や適性に応じて、それにふさわしい仕事や地位につかせるという意味です。

適材適所は漢字の通り、適した人材を適切な場所に配置するということです。適材とは「ある仕事や職務に適している才能や能力を持っている人のこと」であり、適所とは「ふさわしい地位や仕事のこと」です。

Photo bywaldasek0

適材適所の語源は、もともと建築現場での木材の使い方だと言われています。建築で使われている木材は、そのまま置いておくと曲がってしまうものも出てきます。

曲がったものは使えなくなると考えられがちですが、うまく組み合わせて使うとまっすぐなものだけ使うよりも丈夫なものを作ることができます。このように、木材の特徴に合わせながら使っていくことによってより良いものを作り出すということが適材適所の由来です。

適材適所は物を配置する際にも使うことが可能です。ただし、物に使われることは少なく、基本的には人を表現する際に使われています。

水を得た魚の対義語

Photo byRamdlon

「水を得た魚」の類義語に続いて、対義語についてご紹介していきましょう。対義語とは、持つ意味が反対の関係にある語のことです。水を得た魚とは自分に適した場所でいきいきと活躍しているという意味ですので、対義語は力を発揮できないという意味の言葉になります。

いずれの対義語も普段から使える言葉ばかりです。そのため覚えておくと会話中に使えて便利です。ぜひシーンに合わせて使ってみてはいかがでしょう。なかなか普段は使わない言葉も多いので、知的な部分をアピールすることもできるでしょう。

陸に上がった河童

次へ

関連するまとめ

人気の記事