つみたてNISAとは何?初心者でもわかりやすく始め方やメリットなど紹介

つみたてNISAとは何?初心者でもわかりやすく始め方やメリットなど紹介

つみたてNISAとは初心者でも簡単に利回りで利益を得られる投資信託だ。「簡単に」とは言え、初心者には始め方は元より利回りから解約の手続き等難しく、メリットやデメリットもある。そこでつみたてNISAの始め方から解約の仕方、メリットやデメリットも併せて解説しよう。

記事の目次

  1. 1.つみたてNISAとは?
  2. 2.つみたてNISAはどうやるといい?
  3. 3.つみたてNISAのメリットとは
  4. 4.つみたてNISAのデメリットとは
  5. 5.つみたてNISAの利回りはどのくらい?
  6. 6.つみたてNISAのおすすめ証券とは
  7. 7.つみたてNISAで途中解約・金額変更する方法とは
  8. 8.つみたてNISAとは非課税制度のこと!投資初心者におすすめ!

つみたてNISAとは?

Photo by Dick Thomas Johnson

つみたてNISA(積立NISA)とは、NISAの一種で2018年1月から始まった少額からの積立・分散投資を目的に作られた投資初心者をサポートする制度だ。開始するには税務署の審査などを経て、非課税口座の開設を行う必要がある。現在2037年までで終了とされている。

と言うのが概要だが、詳細が理解できないとまだ不安が残るだろう。そこでつみたてNISAのメリットやデメリット、NISAとの違い、そして始め方から解約の注意点まで解説していく。これから始めたい方は参考にしてほしい。

株式投資で得た利益が非課税になる制度

Photo byimage4you

つみたてNISAは同じ非課税で行う投資信託の従来型NISAをより初心者向けにしたものだ。そのため、NISA同様に非課税で投資信託を行える。ただし、NISAとは異なる部分もあるため注意が必要だ。以下にそれをまとめておく。なお、年単位で切り替えはできるが、両サービスを同時には運営できない。

つみたてNISAと従来のNISAの違い

Photo byqimono

つみたてNISAはNISAと基本的には同じだが、非課税の期間が4倍、投資額が3分の1などの違いがある。出資方法も、NISAは「一括買付」「積立て」どちらも対応するが、つみたてNISAはその名の通り「積立て」のみの運用となる。少額でコツコツと長期投資をしたい方はつみたてNISAがおすすめされている。

そもそもNISAとは何か?

Photo byijmaki

2014年に始まった株や投資信託などの売却益(譲渡益)や分配金を、一定額非課税にする「少額投資非課税制度」のことを指す。期間は基本5年、ロールオーバーで最長10年間、年間に使える金額の上限は120万円、累計最大600万円まで運用できる。約6000近い案件から毎回自由に銘柄、金額を決めて投資することができる。

つみたてNISAとNISAの違い1:対象物件が異なる

Photo bykerr63

特に制限が無いNISAが“経験者向け”とされるに対し、選択範囲が狭いつみたてNISAは“初心者向け”と言われる。低コストで積立て投資向きのものが厳選されており、「長期分散投資に適した公募株式投資信託」及び「ETF(上場投資信託)」が対象で、“信託期間が短い物”“分配金が毎月ある物”“商品設計が複雑な物”は対象外だ。

つみたてNISAとNISAの違い2:運用方法に差がある

Photo byjconejo

運営期間にも差があり、NISAは5~10年だが、つみたてNISAは最大20年間の長期運用を想定している。資金もNISAが年間120万、5年累計600万円の上限となるのに対し、つみたてNISAは年間40万円、最大20年の運営で累計800万円が上限となり、長期的にみるとつみたてNISAの方が多くなる。

iDeCo(イデコ)との違い

Photo byClker-Free-Vector-Images

個人型確定拠出年金「iDeCo」もあるが、年齢制限がなく、自由に引き出せるつみたてNISAに対し、iDeCoは20~60歳に限定され、その期間は引き出しできない。つみたてNISAの場合元本は課税対象だが、iDeCoは非課税となる反面、口座開設・維持に手数料がかかるなどの違いがある。

つみたてNISAはどうやるといい?

Photo byijmaki

概要をおさえたところで、つみたてNISAの始め方について解説していく。いくつか方法があるので、自身に合ったやり方を実践するとよいだろう。しかし、つみたてNISAはあくまで投資制度で、投資に「絶対」はない。もしものときに備える預貯金がまったくない状態では、危険なのでその場合は控えるべきだろう。

つみたてNISAの始め方とは

Photo byStartupStockPhotos

つみたてNISAは金融機関に非課税用の口座を開設することからスタートする。始め方の手順としては、元々取引のある金融機関の既存口座を非課税口座へ切替える、他金融機関に新規口座を開設する等の始め方がある。また、開始時には身分証が必要となる。

始め方の一つとしては、給与振込等に使っている銀行を使うと、投資初心者にとってはスタートのハードルが低くなりお手軽だ。銘柄を自分で選択したいなら、品揃えが豊富な大手ネット証券という始め方もある。証券口座を開設する必要があるが、銀行に比べ、開始時の金額が少額で済む点もうれしいポイントだ。

つみたてNISAはネットと対面型どっちがいい?

次へ

人気の記事