iDeCo(イデコ)の節税効果を検証!控除などの仕組みとは?

iDeCo(イデコ)の節税効果を検証!控除などの仕組みとは?

iDeCo(イデコ)でどのくらいの節税効果があるのか検証していきます。iDeCo(イデコ)運用していけば、どのくらいの料金が節税できるのかというシュミレーション、仕組みやメリットをお伝えしていきます。自分自身や大切な家族への備えとして始めてみませんか?

記事の目次

  1. 1.iDeCo(イデコ)とは?
  2. 2.人生100年時代への備えとして
  3. 3.iDeCo(イデコ)のメリット
  4. 4.iDeCo(イデコ)のデメリット
  5. 5.iDeCo(イデコ)の所得控除の仕組みは?
  6. 6.iDeCo(イデコ)の注意点はある?
  7. 7.投資信託ってどんなもの?
  8. 8.iDeCo(イデコ)の節税効果をシミュレーション!
  9. 9.iDeCo(イデコ)の節税効果を活かすには仕組みを理解する
  10. 10.長年続けられる大きな資産 iDeCo(イデコ)

iDeCo(イデコ)とは?

Photo by free pictures of money

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことをいいます。iDeCo(イデコ)は、個人型確定拠出年金に基づいて実施される私的な年金制度です。任意で加入することができ、自身で申し込みをし、掛金を拠出、運用方法を選択し、掛金と運用益との合計を元に給付を受けることが出来ます。

税金の優遇措置もあり節税ができますし、うまく仕組みを使うことで、自分自身で作れる年金も受け取ることができ、近年で注目されているものの一つです。

60歳までの間に自分で決めた金額を積み立てし、iDeCo(イデコ)を運用することができます。そして60歳以降にそのiDeCo(イデコ)運用をした資産を受け取ることが出来ます。是非、iDeCo(イデコ)の仕組みや運用をしっかり抑えて、将来に備えていきましょう。

SBI証券のiDeCo(イデコ)おすすめ商品まとめ!手数料やポイントを紹介! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
ここではSBI証券でiDeCo(イデコ)に投資するためのコツを紹介します。数ある金融機関の中から、なぜSBI証券を選ぶといいのか、どうやってiDeCo(イデコ)に投資したらいいのか、その商品の選び方のコツについても解説します。

老後資金を自分で作る制度

Photo by rockindave1

iDeCo(イデコ)は、老後資金を自分で作ることが出来る制度です。以前は、年金が受け取れる事が当たり前でしたが、近年では年金の給付はどうなるか分からない状況だと言われています。そんな中生まれたのがiDeCo(イデコ)です。

税金の控除が出来るという仕組みもあり、節税効果もあり、売却益が非課税となっています。また受け取るときも税制優遇もあり、仕組みを理解し、上手く運用することで、節税対策にもなり、控除もされると同時に将来の年金の備えにもなります。

人生100年時代への備えとして

Photo by Anton Sim

人生100年時代と言われる日本で、老後も長期労働が予測されます。消費税なども今後上がっていく中で、自分で対策を練り、将来に備える力を身につけることが大切です。その中で、より自分自身やパートナーとの老後を考える意味でも、退職金や企業年金以外にもiDeCo(イデコ)で積立てをしながら節税対策を考えてみてはいかがでしょうか?

iDeCo(イデコ)のメリット

Photo bystevepb

iDeCo(イデコ)について簡単にお伝えしてきましたが、ここからはiDeCo(イデコ)で運用を始めることでどのようなメリットがあるのかお伝えしていきます。メリットのポイントを抑えつつ、ライフスタイルや仕事に合わせて、自分自身に合った金額設定を知り、賢く運用を行っていきましょう。

iDeCo(イデコ)のメリットは主に3つです。1つ目は、iDeCo(イデコ)運用中に節税ができる。そして、2つ目は、iDeCo(イデコ)を運用すると、掛け金が「所得控除」される。3つ目は、iDeCo(イデコ)の運用資産受け取り時にも節税ができます。

この3つのiDeCo(イデコ)のメリットを踏まえて、上手く運用しながら、節税対策も行っていきましょう。自身の現在の支払いや働き方を踏まえながら、控除や節税についても参考にしてみてください。

運用中に節税ができる

Photo byQuinceMedia

iDeCo(イデコ)のメリットは、運用中に所得税と住民税の節税が出来るということです。
通常は、運用すると運用益というものに課税されてしまいます。それに対してiDeCo(イデコは)非課税で再投資されるので、運用中は節税対策にもなります。iDeCo(イデコ)の中での運用について売却益や配当などを得た場合も全額非課税となります。

iDeCo(イデコ)は掛け金が「所得控除」される

Photo bynattanan23

iDeCo(イデコ)の掛け金は、全額が所得控除となります。ですので、自分が支払う税金からiDeCo(イデコ)の運用の所得控除分が差し引かれて、税金の金額も算出されます。

iDeCo(イデコ)を毎月少しずつ運用をしておくことで、所得税や住民税の節税対策になるのであれば、加入しておくというのもありですよね。自分自身の年金の蓄えもすることができ、それと同時に所得控除され、節税対策にもでき、とてもオトクな年金の運用方法と節税の方法の一つだと考えられます。

運用資産受け取り時にも節税ができる

Photo byFree-Photos

iDeCo(イデコ)は、運用資産受け取り時にも節税ができます。受け取りの際は、年金か一時金で選択し、受け取る事が可能です。年金として受け取る場合は、「公的年金等控除」の対象となり、一時金の場合は、「退職所得控除」の対象となります。

ですので、受け取り時にも控除が適用され、節税できるという効果があります。支払いして運用しているときだけではなく、受け取るときも税制優遇があるので、とても効率よく節税対策ができる仕組みになっています。控除や節税対策などの仕組みを賢く利用し、iDeCo(イデコ)を運用していきましょう。

月額5000円から始められる

次へ

関連するまとめ

人気の記事