生命保険料控除の上限額や計算方法まとめ!新制度と旧制度の違いは?

生命保険料控除の上限額や計算方法まとめ!新制度と旧制度の違いは?

生命保険料控除 上限額や生命保険料控除 計算方法のまとめをご紹介していきます。月々支払っている生命保険料は、年末調整の際に、金額を差し引くことが出来ます。その際の、生命保険料控除 計算の仕方や、新制度と旧制度の生命保険料控除上限額の違いもみていきましょう。

記事の目次

  1. 1.生命保険料控除の種類
  2. 2.生命保険料控除の対象者
  3. 3.生命保険控除の運用を運用を受けるための要件
  4. 4.生命保険料控除の上限額の計算方法
  5. 5.生命保険料控除の節税効果
  6. 6.生命保険料控除の申し込み手順
  7. 7.生命保険料控除の新旧制度で上限額と計算式が異なる
  8. 8.生命保険料控除を上手く活用しましょう

生命保険料控除の種類

Photo byar130405

まず、生命保険料というのは、支払った生命保険料に応じ、一定の金額を契約者(保険料負担者)のその年の所得から差し引かれる制度です。

税率を掛ける前の所得が低くなることにより所得税や住民税の負担が軽減されます。生命保険料を月々に支払いをしておくことで、生命保険料控除が適用になります。結果として所得税や住民税も結果として安く抑えることができます。

その際、1月〜12月までに支払ったものが、9,000円以上であれば、差し引く対象となります。また、生命保険料控除の種類は、全部で3つに分類されます。まず1つ目は、一般生命保険料で主に死亡時におりる保険のことです。

自分自身のライフスタイルや家族の状況などに合わせて、生命保険を組み合わせることも可能です。生命保険料控除も出来ますので、節税対策にもなります。

一般生命保険料

Photo bygeralt

3つの保険のそれぞれの基本的な特徴を見ていきながら、自分自身のライフスタイルにあったものを選んでいきましょう。生命保険に関しては、将来にも関わってくる重要なものなので、しっかり見極めて選んでいくことをお勧めします。

先ほどもお伝えしましたが、生命保険料控除が適用され、節税対策にもなりますので、上手くしくみを組み合わせていきましょう。まずは3つの保険のうち、一般生命保険料を確認していきましょう。

一般生命保険料は、生存と死亡に関して保険金や給付金が発生する保険料について受けられる控除です。死亡保険や学資保険などの保険料がこちらに該当します。

個人年金保険料

Photo by3D_Maennchen

個人年金保険とは、国民年金や厚生年金とは別に、自身で老後に備えるための保険です。個人年金保険料控除は、個人年金保険料税制適格特約を付けた個人年金保険契約の支払保険料より受けられる控除です。適格特約がついていない場合は、一般生命保険料区分となります。

介護医療保険料

Photo byDarkoStojanovic

最後の3つ目が、介護保険料と言い、個人年金のみの保険です。これらの保険に入ることで、生命保険料控除をうけることが出来ます。

介護医療保険料は、入院や通院について発生する保険料について受けられる控除です。医療保険、がん保険、介護保険などの保険料があります。介護保険料も、生命保険料控除が出来るんです。

生命保険料控除とは何?書き方や条件・申告時の注意点をチェック! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
生命保険料控除とは生命保険などに加入している人が受けられる控除のことですが、一体生命保険控除とはどういった内容なのか、また書き方や条件・申告時の注意点などをしっかり解説していきます。書き方や条件を覚えしっかりと生命保険料控除受けましょう。

生命保険料控除の対象者

Photo byStartupStockPhotos

では、ここからは生命保険料控除の対象者は、誰になるのかというのを確認しておきましょう。何かあったときの為に生命保険に加入していきますが、年末調整の際にも上手く支払い運用していけば、生命保険料控除が適用され、大きな節税になります。ですので、まずは対象が誰になるのかを抑えていきましょう。

生命保険料を支払った人

Photo bynattanan23

生命保険控除の対象者は、生命保険料を支払った人です。一般的に保険契約を締結し、生命保険を支払った人のことを言います。ですが、このとき注意していただきたいことがあります。

例えば、契約者は妻だけど実際に保険料を支払っているのは夫だった場合などです。この場合、契約者は妻ですが、実際に保険料を支払っている夫が控除対象者となります。このケースの場合に、契約者が妻になっているからと、控除対象者も契約者の妻だと勘違いされる方も多いので気をつけてください。

生命保険料控除を利用する場合は、このように誰が対象になるかも事前に確認しておくと、あとでトラブルになることも防げます。もし概要など分からない場合は、加入した生命保険会社などに確認するようにしておきましょう。

生命保険控除の運用を運用を受けるための要件

Photo bystevepb

生命保険料控除の運用を受け取るための要件も何点かありますので、ここでご紹介していきます。まずは年金受取人の名義は契約写本人または配偶者のどちらかであること、なお且、年金受取人は被保険者と同一人であることが必要です。また保険料払込期間は、10年以上であることも条件となっています。(一時払いで加入した年金保険は対象外)

関連するまとめ

人気の記事