厚生年金基金とはどんな仕組み?厚生年金との違いや受給額などを解説!

厚生年金基金とはどんな仕組み?厚生年金との違いや受給額などを解説!

厚生年金基金とは、厚生年金との違い、どんな仕組みになっているのか知っていますか。基金と厚生年金は加入期間によって受給額・分配金がどのくらい違うのでしょうか。確定申告は?などの悩み持っている人に、厚生年金基金とはこんな制度であることを伝えます。

記事の目次

  1. 1.厚生年金基金の仕組みとは?
  2. 2.厚生年金基金とはこんな歴史
  3. 3.厚生年金基金と厚生年金の違い
  4. 4.厚生年金基金の種類は3つある
  5. 5.厚生年金基金が必要になった経緯と現在
  6. 6.厚生年金基金の代わりになる制度
  7. 7.厚生年金基金の分配金に確定申告は必要?
  8. 8.厚生年金基金は老後の心配をしたくない人におすすめ!

厚生年金基金の仕組みとは?

厚生年金基金とは、どんな仕組みの年金制度なのでしょうか。厚生年金基金とは、国の年金制度ではなく、厚生年金に加入している企業の年金制度です。

厚生年金基金の保険は、すべての国民が受け取れる国民年金保険料と加給年金・障害厚生年金・遺族厚生年金などで構成されている厚生年金保険料を国に支払っています。厚生年金基金とは、年金を受け取れる時期になった時には、厚生年金と国民年金にプラスした年金の受給額が受け取れます。

厚生年金基金とは、厚生年金と国民年金の受給額に上積みして、もらえる年金制度のことです。厚生年金基金とは、厚生年金と国民年金にプラスしてもらえる企業の年金制度のことです。厚生年金基金とは基金の企業が加入している人たちが受け取れる年金になります。

厚生年金基金とは(受取パターン)

Photo by Wootang01

厚生年金基金とはどんな受取のパターンがあるのでしょうか。厚生年金基金とは、国民年金(老齢基礎年金)にプラスして、厚生年金(老齢厚生年金)、その上積みとした加算部分、代行部分の年金が受け取れます。60歳になったときに支給される厚生年金(老齢厚生年金)の一部を国に変わって企業が支払っていることになります。

厚生年金基金とはこんな構成

Photo by JSmith Photo

厚生年金基金とはどんな構成になっているのかと言いますと、国民年金・厚生年金保険の国から給付される受給額と基本部分・加算部分の厚生年金から給付される受給額の二段階になっています。

加算部分は、厚生年金基金に加入して3年で遺族一時金がもらえる「一時金」と加入10年で遺族一時金がもらえる加算年金で構成されています。

基本部分は、厚生年金に加入して必要な資格期間を満たした65歳以上に支払われる老齢厚生年金の一部分が受給額です。厚生年金基金とは、国から受け取れる国民年金の受給額と企業年金などの厚生年金基金からの給付される受給額を合計して受け取れる年金制度になります。

厚生年金基金とはこんな特徴

Photo bygeralt

厚生年金基金とはどんな特徴があるのかみていきます。厚生年金基金とは、代行部分・代行付加部分・加算部分になっています。国の老齢厚生年金の一部を代行するのが代行部分です。代行部分の年金額の計算式は平均標準報酬月額+平均標準賞与額に生年月日に応じた係数と加入月数かけた計算式で決まります。

厚生年金基金とは(掛金の仕組み)

Photo by Judith E. Bell

厚生年金基金とは(掛金の仕組み)についてみていきます。厚生年金基金の掛金には、基本標準掛金・基本特別掛金・加算標準掛金・特別掛金・特例掛金があります。基本標準掛金とは、厚生年金基金の加入者と企業が折半で納める掛金です。基金に上乗せしているのが「加算標準掛金」になります。

厚生年金基金とはこんな歴史

Photo by Richard, enjoy my life!

厚生年金基金とは、こんな歴史をもっています。厚生年金基金とは、1967年(昭和42年)に厚生年金保険法に基づき、設立されました。その後2004年(平成16年)の法改正に伴い「企業年金連合会」と名称を改めています。そして、2014年(平成26年)の法改正により、原則廃止となった歴史を持っています。

企業年金の制度

国と基金からの給付される公的年金とは別に、企業が設けている年金のことを企業年金と呼びます。企業年金制度は、厚生年金基金・確定給付企業年金・企業型確定拠出年金の3つの年金で構成されています。

企業年金制度には、従業員が自らの資産を運用することができる「確定拠出年金」と企業が資産の運用をする「確定給付企業年金」があります。確定拠出年金の場合は、資産が減るといったリスクはありますが、運用がうまくいくと年金の受給額を増やすことができるメリットがあります。

厚生年金基金とは(こんなリスク)

Photo byMaklay62

一方で、厚生年金基金とはこんなリスクがあります。確定給付企業年金は、企業が資産運用を生命保険会社や信託銀行に依頼して行なったいるためリスクを負ったとしても企業の責任になり、個人年金の受給額が減ることはありません。しかし、ローリスク・ローリターンのため、、受給額を飛躍的に増やすことはできません。

企業が基金を設立し運営している

次へ

関連するまとめ

人気の記事