ドルコスト平均法を分かりやすく解説!メリット・デメリットや活用法は?

ドルコスト平均法を分かりやすく解説!メリット・デメリットや活用法は?

この記事では、投資手法の1つである「ドルコスト平均法」について紹介します。投資を始めるにあたって基本的な手法であるため、すでに聞いたことがある人もおられるかもしれませんが、ドルコスト平均法の考え方の紹介と、メリット・デメリットをわかりやすく説明していきます。

記事の目次

  1. 1.ドルコスト平均法とは?
  2. 2.ドルコスト平均法で投資を始めてみよう
  3. 3.ドルコスト平均法のメリットをわかりやすく解説!
  4. 4.ドルコスト平均法のデメリットをわかりやすく解説!
  5. 5.ドルコスト平均法でもリスクヘッジは重要
  6. 6.デメリットをなくす方法をわかりやすく解説!
  7. 7.ドルコスト平均法は中・長期的には安定する投資法だが最低限の知識を持って臨もう

ドルコスト平均法とは?

Photo byOpenClipart-Vectors

この記事では、投資手法の1つである「ドルコスト平均法」について紹介します。投資を始めるにあたって基本的な手法であるため、すでに聞いたことがある人もおられるかもしれませんが、考え方の紹介と、メリット・デメリットをわかりやすく説明します。

加えて、ドルコスト平均法が「有利」だとか「安全」だという意見は気休め程度で受け取るべき理由も説明します。

ドルコスト平均法は低リスクの投資法

Photo byQuinceMedia

ドルコスト平均法とは、毎日や毎週といった「定期的かつ継続的に一定金額の金融商品を購入する投資手法」です。ポイントは「定期的」と「一定金額」です。金融商品を購入する場合、購入時期によって値段の上下が発生します。安い時に買えれば良いですが、問題は「今が安い時なのか」ということが素人には判断できません。

「定期的」に、例えば毎日のように購入すれば、値段が高い時もあれば安い時もあるため、いつが買い時か、ということに頭を悩ます必要がなくなります。

また、「一定金額」を購入することで、金融商品の金額が高いときは少なく、安いときは多く購入することになります。これによって、購入単価を平準化し、いわゆる高値づかみを回避することが可能になります。

ドルコスト平均法で投資を始めてみよう

Photo byStartupStockPhotos

では、ドルコスト平均法で投資を始めるにはどうすれば良いでしょうか。銀行によっては株式や投資信託を購入できるところもありますが、せっかくの機会ですのでぜひ証券会社にて口座を作ることをオススメします。

投資をしていくにつれて、株式だけでなく投資信託やETF、REIT等を買いたいと思うことがあるかもしれません。そういった場合に、証券口座があれば大抵の金融商品を購入することができますので、後悔しないようにするためにも、証券会社で口座を作ることをオススメします。

また、ドルコスト平均法による投資は、NISAでの投資と非常に相性が良いです。「NISAって何?」という方のために、簡単にNISAについてもわかりやすく説明いたします。

NISAって何?今更聞けない制度をわかりやすく解説

Photo by wonderferret

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。NISAは、「NISA口座」内において、毎年一定金額の範囲で購入した金融商品を売却した利益や配当が非課税になる制度です。

イギリスのISAをモデルにした日本版ISAとして、NISA(Nippon Individual Savings Account)と呼ばれています。

わかりやすく例を挙げると、A社の株を100万円で購入し、150万円で売却すると、50万円の利益が出ます。これを非NISA口座で売買すると、50万円の約20%=10万円を税金として納める必要があります。しかし、NISA口座で売買すると、非課税となるため、10万円を納める必要はありません。

投資法の分類

Photo byrawpixel

次に、投資法の分類について説明します。ここでは「分散投資」と「長期投資」についてわかりやすく説明します。どちらの方法も個人が投資をする上で必ず必要となる知識ですので、ぜひ覚えてください。

投資法自体にはもっと多くの種類がありますので、基本を抑えた後は、自分のスタイルに合った投資法がないか、勉強すると良いと思います。

分散投資

Photo by Hsien hui Tsai

分散投資とは、投資する資金をいくつかのものに分散することで、リスクを分散する投資法です。ある会社の株のみを購入した場合、その会社が倒産すれば株は紙くずとなりますし、倒産しなくとも何か不祥事や問題があれば、株価は暴落し、株主に大きな損失が発生します。

このような事態を避けるために、投資先を複数に分散して、ある投資先で損失を被っても、他の投資先で利益が出ていれば相殺することができ、大きな損失を避けることが可能となります。

分散投資では、投資先を分散するだけではなく、投資する時間を分散する(ドルコスト平均法と似た考え方)、投資する商品を分散する(株式だけではなく債権や投資信託など)といった考え方もあります。

長期投資

Photo byRyanMcGuire

次へ

人気の記事