「不遜」の意味とは?「不遜な態度」の使い方や類語もチェック!

「不遜」の意味とは?「不遜な態度」の使い方や類語もチェック!

時折「不遜な態度」などという言葉を耳にしたりすることがありますが、「不遜」とはいったいどういう意味なのでしょうか。「不遜」の意味や「不遜な態度」という言い回しの使い方、「不遜」の類語や英語表現などについて詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.不遜の意味とは?
  2. 2.不遜の類語
  3. 3.不遜の英語表現
  4. 4.不遜の使い方
  5. 5.不遜は思い上がっているという意味

不遜の意味とは?

Photo byFree-Photos

「不遜な態度」などという言い回しで時々耳にしたりすることがある「不遜」という言葉ですが、「不遜」の正しい意味を問われた時にちゃんと答えられる人はあまり多くありません。

「不遜」という言葉は昨今ではあまり使われなくなった言葉ですので、「不遜」の意味を知っている人は少なくなったと言えます。

「不遜」という言葉にはいったいどのような意味があるのか、まずは「不遜」の意味についてご紹介しましょう。

思い上がっているという意味

Photo byFree-Photos

「不遜」の意味の一つ目は、「思い上がっている」という意味です。「思い上がっている」の意味は「実際よりも自分を偉いと考えている」「うぬぼれている」という意味です。

「あいつは不遜な態度だ」などと言う場合には、「うぬぼれている」という意味で「不遜」が使われることが多く、「不遜」は褒め言葉ではないと言えます。

「不遜」という言葉は上司などに対して使うことはなく、俗に言う「若造」に対して使うことが多いです。嫌な上司に対して「不遜」という言葉を使うのは間違いですので、その点では注意が必要です。

へりくだる様子がないという意味

Photo byFree-Photos

「不遜」の意味の二つ目は、「へりくだる様子がない」という意味です。「へりくだる」の意味は「他人を敬って自分は控えめな態度を取る」という意味ですので、「他人を敬って控えめな態度を取る様子がない」という意味になります。

日本の社会において「へりくだる」というのはかなり重要で、控えめにすることは美徳という考え方が普通と言えますので、「へりくだる様子がない」というのはかなりマイナスイメージになります。

「不遜」には「思い上がっている」「へりくだる様子がない」という、悪いイメージの意味がありますので、覚えておきましょう。

不遜の類語

Photo byFirmBee

「不遜」の意味についてご紹介しましたので、次は「不遜」の類語についてご紹介します。「不遜」の意味は「思い上がっている」「へりくだる様子がない」という意味ですので、似た意味を持つ言葉が「不遜」の類語になります。

「思い上がっている」「へりくだる様子がない」という「不遜」の意味はそれぞれ「不遜」の類語だと言えますが、「不遜」の意味に当たる言葉以外にも「不遜」の類語はあります。

「不遜」という言葉に似た意味を持つ言葉にはいったいどのような言葉があるのか、「不遜」の類語についてもご紹介しましょう。

横柄

Photo byFree-Photos

「不遜」の類語の一つ目は、「横柄(おうへい)」です。「横柄」の意味は「人を見下したような偉そうなさま」という意味で、「不遜」の類語の一つとして挙げられます。

「不遜」の意味は「思い上がっている」「へりくだる様子がない」という意味ですので、「横柄」はちょっと意味的に違います。

「不遜」という言葉は上司などには使えませんが、「横柄」は上司にでも使えるため、使い方という点でも「横柄」は「不遜」とは少し違うと言えます。

傲慢

Photo byStartupStockPhotos

「不遜」の類語の二つ目は、「傲慢(ごうまん)」です。「傲慢」の意味は「思い上がって人を見下すさま」という意味ですので、「不遜」にかなり意味的に近い「不遜」の類語になります。

「不遜」の意味は「思い上がっている」「へりくだる様子がない」という意味ですので、「思い上がって」という意味がある「傲慢」は「不遜」の類語だと言えます。

ですが「不遜」には「人を見下す」というまでのひどい意味はありませんので、そういった点では「傲慢」は「不遜」とは少し違います。

高慢

Photo byFree-Photos

「不遜」の類語の三つ目は、「高慢」です。「高慢」の意味は「うぬぼれが強く思い上がって人を見下すさま」という意味で、「不遜」にかなり近い意味を持つ類語の一つとして挙げられます。

「不遜」の意味「思い上がっている」が「高慢」の意味の中にも入っていますので、「高慢」も「不遜」の類語だと言うことができます。

ですが「高慢」にも「人を見下す」という意味が入っていますので、「高慢」は「不遜」よりさらに悪い意味がある言葉です。

居丈高

Photo byhamonazaryan1

「不遜」の類語の四つ目は、「居丈高(いたけだか)」です。「居丈高」の意味は「人に対して威圧的な態度を取るさま」という意味で、「居丈高」の「不遜」の類語の一つになります。

「不遜」には「へりくだる様子がない」という意味もありますので、「居丈高」は「不遜」のこちらの意味に近い意味がある類語だと言えます。

ですが「不遜」の意味が「へりくだる様子がない」なのに対して「居丈高」は「威圧的な態度を取る」とさらにひどい意味になりますので、そういった点では「居丈高」も「不遜」とは少し違うと言えます。

不遜の英語表現

Photo byFree-Photos

「不遜」の類語についてご紹介しましたので、次は「不遜」の英語表現についてご紹介します。日本語には英語に翻訳するのが難しい繊細な意味や難解な意味を持つ言葉がありますが、「不遜」もそんな日本語の一つです。

「不遜」という言葉も英語に訳するのが難しいですが、似た意味を持つ英語を使って意訳して「不遜」を英語表現することは可能です。

「不遜」という言葉を英語表現するにはいったいどのような英語を使えば良いのか、「不遜」の英語表現についてご紹介しましょう。

偉そうを意味するbossy

Photo byTeroVesalainen

「不遜」の英語表現としてまず挙げられるのが「偉そう」という意味を持つ「bossy」という英語です。「bossy」は「boss(ボス)」から来ていますので、「ボスっぽい」という意味から「偉そう」という意味になっています。

「不遜」の英語表現にはこの「bossy」の他にも「うぬぼれる」という意味を持つ「big-headed」という英語もあります。

また、「自己中心的」という意味を持つ「full of himself」も「不遜」の英語表現として使われることがあります。

関連するまとめ

人気の記事