髪の毛の成分や構造を詳しくチェック!健康な髪のために必要な栄養も分かる!

髪の毛の成分や構造を詳しくチェック!健康な髪のために必要な栄養も分かる!

最近、髪の毛にツヤやハリがなくなってきたのかなと感じたことはありませんか。髪の毛にツヤやハリが減ってきたと感じた時には髪に栄養の成分が足りていないのかもしれません。ここでは髪の毛の構造や健康な髪のために必要な栄養成分などについて紹介します。

記事の目次

  1. 1.髪の毛の成分と構造
  2. 2.たんぱく質以外の成分の役割
  3. 3.健康的な髪の毛に必要な栄養成分は?
  4. 4.髪の毛を健康にする食べ物とサプリ
  5. 5.髪の毛のトラブルは血行不良や栄養不足が原因

髪の毛の成分と構造

Photo byPexels

近頃、髪の毛がゴワゴワしたり、ツヤやハリがなくなってきたなあと感じることはありませんか。健康的な髪を維持するうえで、髪の毛の基本的な成分や構造を知っておいくのも大切です。

普段からヘアケアをしていても髪の毛の成分や構造について詳しいひとは案外少ないのではないでしょうか。

これから髪の毛の成分や構造について紹介していきますので、髪の毛の状態が気になる人や髪の毛の成分や構造について知りたい人は参考にしてみてください。

髪の毛はタンパク質が主な成分

Photo byFree-Photos

髪の毛に必要な栄養成分とはいったいどんな成分なのでしょうか。人の身体の大部分が水分とタンパク質で構成されています。髪の毛も8割がタンパク質が主な成分で構造されています。

タンパク質は髪の毛のツヤ、ハリ、コシ、保護、強度、水分保持や透明感など、髪の毛の大部分の要素に関わりがあり重要な役割を果たしています。

その他の成分

Photo bykahalb

髪の毛に最も多い成分がたんぱく質です。つぎに多い成分は水分となっていて、あとはCMC脂質、メラニン色素、NMFなどの成分で構成されています。

CMC脂質にはキューティクル同士やコルテックス同士をつないで髪の毛のうるおいを保つために欠かせない大切な役割があります。たんぱく質やその他の成分も髪の毛を構成するためには必要な栄養成分となっています。

髪の毛の構造は「毛幹部」と「毛根」に分けられる

Photo byPexels

髪の毛の構造は毛幹部と毛根に分けられています。髪の毛の頭皮からでているところが「毛幹」、頭皮の奥にある部分が「毛根」と呼ばれています。毛根は、髪の毛をつくったり、髪を成長させるのに大事な役割を果たしています。

毛根部には毛根を包む「毛包」と呼ばれる組織があり大きな役割を担っています。毛幹部や毛根の役割を理解することで、薄毛や抜け毛などの対策をするための手助けとなります。毛幹部や毛根は髪の毛の構造を知るうえでも重要なポイントとなっています。

たんぱく質以外の成分の役割

Photo bysilviarita

タンパク質以外の成分にはどんな役割があるのでしょうか。髪の毛が傷んだりすると髪がごわついたりツヤが失われてしまうことがあります。髪の毛のタンパク質に含まれている成分が流失してしまうことが原因のひとつと言われています。

この状態に必要になるのが「CMC脂質」です。その他にも髪の色を決める「メラニン色素」、毛髪の水分を一定には保つための「NMF」などがあります。次にCMC脂質はどんな役割があるのか紹介していきます。

外的な刺激から髪の毛を保護する「CMC脂質」

Photo byVictoria_Borodinova

髪の毛の成分であるCMC脂質にはどんな役割があるのでしょうか。CMC脂質には外的な刺激から髪の毛を保護して大切な成分の流出を防ぎ、髪の毛の水分を保つための重要な役割と働きがあります。

髪の毛を保護するということから、トリートメント剤などにはCMC脂質と同様の働きをする成分が配合されたものが多くあります。

髪の毛は3つの層で構成されている

Photo bysweetlouise

髪の毛はどのように構成されているのでしょうか。髪の毛は3つの層によって構成されています。髪の毛を輪切りにすると、どのような構造になっているかがわかります。

髪の毛を輪切りにした状態で見てみると、外側から内側に「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3つの層になり構成されています。

これら3つの主成分はタンパク質からできています。次に「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」の3つの層について紹介していきます。

硬いたんぱく質が主成分のキューティクル

Photo byFree-Photos

キューティクルはいったいどんなものなのでしょうか。キューティクルは髪の毛を構成している3つの層のうち、一番外側にあります。キューティクルの構造は、硬いたんぱく質が主な成分となっています。

半透明で平らなうろこ状のものが4~10枚重なった状態で形成されています。キューティクルは髪の内部組織を守るためにこのような構造をしています。

柔らかいたんぱく質が主成分のメデュラ

Photo byStockSnap

メディラとはいったいどんなものなのでしょうか。メデュラは髪の毛の3つの層の中で中心部にあります。外側にあるキューティクルは硬いたんぱく質が主成分なのに対して、メデュラは柔らかいたんぱく質が主成分となっています。

メデュラは外からの刺激に敏感で空洞ができやすくなっています。多くの空洞ができた髪は白っぽく見えます。

繊維状のたんぱく質が主成分のコルテックス

Photo bynastya_gepp

コルテックスとはいったいどんなものなのでしょうか。コルテックスは3つの層の真ん中にあります。髪の毛の断面の最も多くの部分を占めているのがコルテックスです。コルテックスが髪の毛全体を占めている割合は85~95%にもなります。

髪の毛の構造の多くの部分を占めているコルテックスは、繊維状のたんぱく質が主成分となって構成されています。この繊維状のたんぱく質の脂質や水分量は一人ひとり異なっていて、その人の髪質が形成されています。

髪の毛の色もコルテックスに含まれているメラニン色素の量や種類によって一人ひとり決まってきます。

関連するまとめ

人気の記事