手土産の正しい渡し方は?添える言葉やタイミングなど基本マナーを紹介!

手土産の正しい渡し方は?添える言葉やタイミングなど基本マナーを紹介!

手土産を渡す時に正しい渡し方をご存知でしょうか?今回は、手土産を渡すタイミングであったり、手土産を渡す時に添えるといい言葉であったり、基本的なマナーについてご紹介していきましょう。手土産の正しい渡し方を知り、格好いいビジネスマンを目指しましょう。

記事の目次

  1. 1.手土産を渡す理由とは
  2. 2.手土産の正しい渡し方はタイミングや向きが大切
  3. 3.相手別の手荷物の正しい渡し方
  4. 4.手土産の正しい渡し方・マナー【紙袋・風呂敷の場合】
  5. 5.ビジネスシーンでの手土産の正しい渡し方
  6. 6.手土産を渡す差に添えると良い言葉
  7. 7.手土産にふさわしい品物
  8. 8.手土産の相場とは?
  9. 9.手土産をマナーよく渡せば相手に喜ばれる!

手土産を渡す理由とは

Photo bydanymena88

では、手土産を渡す理由とは、いったいどんな理由があるのかについて説明していきましょう。手土産を渡すことによって、相手と「よい関係を築きたいというメッセージを込めることができるのです。手土産は、物を渡すことによって、同時に自分の気持ちを伝えるアイテムとして使えるという事です。渡し方も大切です。

Photo byFree-Photos

ここで注意してもらいたいことがあります。いくら手土産を用意したからといっても、渡し方であったり、手土産の選び方に間違いがあれば、それは、返って逆効果にもなりえます。今回は、手土産の渡し方であったり、選び方について具体的にご紹介するので、よく読んで参考にしてみましょう。

相手と「良い関係を築きたい」というメッセージを伝える

Photo by28703

手土産には、「相手とよい関係を築きたいというメッセージ」を込めることができるのですが、それは、渡し方やタイミング、何を贈るかによっても印象が大分違ってきます。特にビジネスのときに手土産は、大変重要になってくるので、スマートな手土産の渡し方・選び方をしたいものです。

Photo byGingerQuip

また、手土産に思いを込めるのには、一言付け加えることも大切です。何も言わない渡し方では、何も伝えることができません。あなたの「あなたといい関係を築いていきたい。」という気持ちが伝わるような一言が添えれるようになるといいでしょう。ビジネスの場面でも大変重要になってくるので、手土産の渡し方についてより詳しくご説明しましょう。

手土産の正しい渡し方はタイミングや向きが大切

Photo byrawpixel

手土産を渡す時に、少しでも印象がよくて、心に残るような渡し方ができれば、きっとビジネスもうまくいくに違いありません。そんな正しい手土産の渡し方は、タイミングであったり、手土産の向きであったりが大切になってくるのです。それでは、手土産の渡し方やタイミングと向きについて詳しく説明していきましょう。

渡し方①手土産を渡すタイミング

Photo by089photoshootings

手土産を渡すタイミングは、応接室や会議室に案内されてから渡すのが正しい渡し方です。お会いしたら、すぐにでも渡してしまいたいところではあります。しかし、先方も手土産をいきなり渡す渡し方をされても、戸惑ってしまいますし、手土産が荷物になってしまうということも考えられます。

Photo byFree-Photos

手土産を渡す渡し方やタイミングは、特にビジネスにおいて大変重要になってきます。早過ぎても遅すぎても、返ってよくない印象に取られてしまいます。例えば、早すぎる場合は、「この人は、ビジネスマナーを知らないんだ。仕事を任せることができるか不安だな。」という風な印象を持たれてしまう可能性もあるのです。

Photo byFree-Photos

また、相手と会う前に、受付の方に渡してしまったのでは、せっかく用意した手土産の効果をあげることができません。相手に対しても、「手土産ないんだ。なんだ。」というような態度をとらせてしまい、後から「手土産をいただきありがとうございました。」とお礼を言わなければいけなくなる二度手間を取らせることにもなります。

応接室や会議室に案内されてから渡す

Photo by889520

手土産の渡し方は、応接室や会議室に案内されてから渡すように覚えておきましょう。また、この時もいきなり、渡し仕方ではありません。名刺交換や一通りの挨拶が全て済んだころを見計らって、手土産を渡すのが正しい手土産の渡し方です。

例えば、ビジネスで相手の会社を訪問した場合を例に挙げてご説明していきます。あなたは、会議室か応接室に通されて、相手を待っている状態であるとします。そうして、相手が会議室か応接室に入ってきたら、挨拶をかわすことでしょう。

そして、名刺交換をして、少し話しをした後です。ここで渡す渡し方が、ビジネスの場面での手土産の渡し方であり渡すタイミングです。

一通りの挨拶が終わり落ち着いたタイミングで渡す

Photo byrawpixel

応接室や会議室に通されて、「忘れないうちに、手土産を渡してしまいたい。手荷物の渡し方もよく分からないし」という気持ちはよく分かります。しかし、できるビジネスマンであれば、場の空気を読んで、名刺交換であったり、挨拶が一段落したころあいで、手土産を出せば、話も弾むことでしょう。折角の手土産です。効果的に使いたい物です。

Photo byTeroVesalainen

タイミングを逃してしなうと、なかなか後になって渡すのも難しいものです。また、タイミングによっては、話がより弾んで、仕事の話にスムーズに移行していけることもよくあることです。そういったことも考えてタイミングを逃すことのないような手土産の渡し方をしましょう。タイミングもそうですが、手土産の向きについても気を配りたいです。

関連するまとめ

人気の記事