苔の種類は豊富にある!見分け方や育て方の違いなどを詳しく解説!

苔の種類は豊富にある!見分け方や育て方の違いなどを詳しく解説!

苔テラリウムや苔玉で、近年人気を集めている苔。ひっそりとした美しさに魅了される人が増えています。身近にある苔ですが、その種類はとても豊富です。知ろうとすると奥深い苔。この記事では、苔の種類や見分け方、育て方についてまとめました。

記事の目次

  1. 1.苔の種類や見分け方を紹介!
  2. 2.苔の種類
  3. 3.苔の見分け方
  4. 4.人気の苔の値段・育て方のポイント
  5. 5.苔の楽しみ方
  6. 6.種類を覚えて人気の苔を育ててみよう!

苔の種類や見分け方を紹介!

Photo byMyriams-Fotos

森や山、都会や家のそばなど、様々な場所に数多く生息し、身近に見かけることも多い苔。ひっそりとして目立つことの無かった苔に、近年ブームが来ています。

ブームの理由は、苔テラリウムや苔玉など。箱庭のような小さな世界で苔を楽しみ、インテリアとして飾る人が増えてきたのです。SNSで写真を見かけたことのある人も少なくないのではないでしょうか。

その静かでしっとりとした世界は多くの人を魅了。育ててみたい人も増え、手軽に手を出せる苔の栽培キットや、苔専門のブランドまで登場し、人気を集めています。この記事では、そんな苔の種類や見分け方、育て方についてまとめました。静かな苔の世界を、少しだけ覗いてみましょう。

苔の種類

Photo byFree-Photos

苔は身近な植物ですが、その生態についてはよく知らない方が多いのではないでしょうか。日本に生息する苔は1700種類と言われ、間近でよく観察して見るとその姿は様々です。せっかく育てるなら、好みの種類を選びたいところ。まずは苔の大まかな種類と、その生態の違いについてご紹介します。

種類①マゴケ植物門(蘚類)

まずはマゴケ植物門と呼ばれる苔の種類について。マゴケ植物門は苔の中で最も多いと言われる種類です。有名なものでは、スギゴケやミズゴケ、スナゴケなどの名前があがります。

日本に生息する1700種類の苔のうち、約1000種類がこのマゴケ植物門。葉に中肋(ちゅうろく)と呼ばれる主脈状の細胞群があり、植物の根のような仮根(かこん)を持つのが特徴です。

生育環境は、主には陸上です。温かく湿った土地を好む種類が多く生息していますが、乾いた地域に生息する種類も。森林を好みますが、土、岩場、畑や田んぼのそばなど、広い地域に生息します。

Photo byioa8320

霧のかかる森林で、このマゴケ植物門が多く発生することがあります。蘚苔林と呼ばれるこの森林では、岩や土、木の表面など一面に苔が広がり、木の枝からも苔が垂れ下がって独特の風景に。「もののけ姫」の森をイメージすると分かりやすいでしょうか。

観賞用としてのマゴケ植物門は、見た目が植物に近く美しいため人気が高く、苔テラリウムや苔玉、苔盆栽で主に使われています。

種類②ゼニゴケ植物門(苔類)

マゴケ植物門の次にポピュラーな種類が、ゼニゴケ植物門です。よく知られているものでは、ゼニゴケやジャゴケなどが有名。

多くは匍匐して這う形状のもので、葉に深い切れ込みが入る特徴があります。3列に並んだ葉のうち2列が特に発達し、平面に並びます。この2つを側葉と呼びますが、どちらかがどちらかの下に重なっていることも多く見られるのが特徴です。

生育環境は、マゴケ植物門とほとんど同じです。珍しいものには木の葉っぱの表面に生息するものがいますが、これはマゴケ植物門にはあまり見られません。その他には、水中に水草として生息するゼニゴケ植物門もいます。

ゼニゴケ植物門は観賞用としてはこれまで価値を見出されることはほとんどありませんでした。ゼニゴケなどは庭先にも生えることがありますが、あまり見た目が美しくないとして駆除の対象になることもしばしばです。

しかし近年の苔ブームに乗って、個性的な苔テラリウムの中を飾るものとしてゼニゴケ植物門の苔が選ばれるケースも出てきました。より広く多様な感性によって、これから注目を浴びる場面が増えてくるかもしれません。

種類③ツノゴケ植物門(ツノゴケ類)

マゴケ植物門、ゼニゴケ植物門、ツノゴケ植物門と大きく3つに分類される苔。その中でツノゴケ植物門はおよそ1%に満たないと言われています。発見、報告されたものの中からツノゴケ類と認められたものはわずかに150種。日本ではそのうち17種の生息が認められています。

ツノゴケ植物門はその名の通り、細長い角のようなものを持つのが最大の特徴です。温かい温帯から熱帯まで、世界中に広く生息。湿った地域を好みます。

園芸用に使われることはほとんどありません。SNSでもし見かけたら、なかなかレアな苔テラリウムと言えるでしょう。探してみるのも面白いかもしれません。

苔の見分け方

Photo byTumisu

苔を分類する3種類についてご紹介しました。なんとなく違いがお分かりいただけたでしょうか。次に、苔の種類の見分け方についてご説明していきます。代表的な苔を見分けられるようになれば、庭先に生える苔にも愛着がわいてくることでしょう。

葉の形で見分ける

苔を見分けるには、まずは葉の形から。葉と茎のようなものを持っている場合は、マゴケ植物門または、ゼニゴケ類以外のゼニゴケ植物門です。

べったりと地面を這い、葉と茎が見当たらないものはゼニゴケ植物門のゼニゴケ類、または角の出ていないツノゴケ植物部門と絞り込めます。このうち葉に大きく切れ込みの入っているものはゼニゴケ類である可能性が高いでしょう。

葉の生え方で見分ける

苔を見分けるためには、葉の生え方の違いについて理解しておくと良いでしょう。葉が密集して生えているのか、こん棒のような葉が生えているのか、折り重なるように生えているのか、特徴と種類を把握しておくと苔を見分けるのに役に立ちます。

中肋の有無で見分ける

次へ

関連するまとめ

人気の記事