フランス語の挨拶の基本を学ぼう!旅行で使えるフレーズの表現や発音も!

フランス語の挨拶の基本を学ぼう!旅行で使えるフレーズの表現や発音も!

フランス旅行に行った際に、かっこよくフランス語で挨拶したいと思っていませんか?文法や単語は何となく知っているけれど、なかなかフランス語が話せない人は、しっかりとフレーズを覚えておくことをおすすめします。そこでこの記事では、フランス語の挨拶の基本をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.フランス語で挨拶できるようになろう!
  2. 2.フランス語の基本
  3. 3.フランス語の基本の挨拶
  4. 4.フランス語で覚えておきたい挨拶
  5. 5.フランス語の使えるフレーズ
  6. 6.フランス語の挨拶を覚えて使ってみよう!

フランス語で挨拶できるようになろう!

フリー写真素材ぱくたそ

何かとカッコいいイメージを持たれることの多い、フランス語ですが、どういった挨拶の表現があるかご存じでしょうか?単語や文法を習っている人から、全くの初心者でも、簡単な挨拶はできるようになります。

フランス語の会話で用いられるような、基本のフレーズの表現や、発音を知っておくことによって、フランス旅行に行った際に会話の幅が広がるのです。ちょっとしたお礼を言いたいときに、いざフランス語が使えたら、かっこいいと思われるかもしれません。

そこでこの記事では、フランス語の挨拶の基本をご紹介します。合わせて、フランス語の覚えておきたい表現や、フレーズなどを取り上げていくので、フランス語の挨拶を覚えて使ってみてください。

フランス語の基本

Photo byreenablack

もしかしたらすでにフランス語は習っているものの、いざ挨拶をしようとしても、なかなかうまくいかない人もいるかもしれません。そんな時にフランス語の基本を知っておくことによって、いざフランス語を話すときに、自信をもって話せるようになります。

基本的にどのような言語にも言えるのですが、まずは単語や文法を学んでおくことが大切です。こういったフランス語の単語や文法は、独学でも学ぶことができるので、とことん勉強しておきましょう。

こういったフランス語の勉強をする際に、闇雲に勉強すればいいわけではなく、しっかりと発音やフレーズを意識する必要があります。次の項目からは、フランス語の基本をご紹介します。

発音も意識する

フリー写真素材ぱくたそ

そもそもフランス語は、日本語や英語とも異なっている言語なので、しっかりと発音を意識する必要があります。学校で英語を学んだとしても、そっくりそのまま応用できるわけではなく、フランス語には英語にない発音が含まれているのです。

英語にもフランス語にも、「R」はあるわけですが、それぞれ違った発音の仕方をすることを覚えておきましょう。さらには、英語の特徴である二重母音もフランス語にはないので、とことん発音が異なってきます。

もちろんこういった文字や二重母音の発音だけでなく、様々な発音の注意点があるので、できるだけ声に出して学習することをおすすめします。フランス語の発音に自信がなくなったら、まずは違いを把握してから、発音の練習などをしてみましょう。

フレーズで覚えておく

Photo byStockSnap

この記事では実際に、フランス語の基本のフレーズなどを取り上げていくわけですが、初心者はフレーズで覚えておくことをおすすめします。シンプルに「おはよう」といった挨拶ができるようになるだけで、一気に会話は楽しくなるものです。

そもそもフランス語は、フランスや、ベルギー、スイス、カナダのケベック州、アフリカ、タヒチやニューカレドニアなどで使われています。ちょっとしたフランス語のフレーズを知っているだけで、様々な国の人と仲良くなれるかもしれません。

初心者の方は、挨拶が「ボンジュール」しかないと思うかもしれませんが、様々なフレーズで挨拶をすることができます。次の項目からは、フランス語の基本の挨拶を取り上げていくので、フランス語の勉強の際に参考にしてみてください。

フランス語の名言を厳選して紹介!人生や恋愛に関する素敵なことわざなど!のイメージ
フランス語の名言を厳選して紹介!人生や恋愛に関する素敵なことわざなど!
人生に悩んだ時、人は名言からアドバイスを得ることもあります。日本にも素晴らしい名言はたくさんありますが、フランス語の名言にも新しい視点に気付かせてくれる言葉が数多く存在します。今回の記事では、フランス語の名言を16種厳選してご紹介していきます。

フランス語の基本の挨拶

フリー写真素材ぱくたそ

いざ現地に行ったときに、翻訳に頼らずに、その国の言語で挨拶をしたいと感じる人は多いかもしれません。こういった挨拶をうまく使うことによって、自信にもつながり、旅行が一気に楽しいものになるのです。

そこでこの項目からは、初心者にでも使えるような、フランス語の基本の挨拶を取り上げていきます。上記でも軽く触れたように、英語とは全くもって違った発音が特徴的なフランス語ですが、軽い挨拶であれば、簡単に覚えることができます。

簡潔に言えば、会ったときの挨拶や、お礼の言い方、わかれるときの挨拶をご紹介します。どれもフランス語が話されているような国で、使えるような挨拶ばかりなので、ぜひ覚えて使ってみてください。

あったときの挨拶

フリー写真素材ぱくたそ

どのような言語にも言えることですが、「こんにちは」に当たる言葉は、覚えておくことをおすすめします。フランス語においての「こんにちは」は、「Bonjour」に相当していて、「おはようございます」といった意味も含まれています。

「こんばんは」は「Bonsoir」が使われているものの、基本的に誰かにあった際は「Bonjour」が使われることが多いのです。いざ「Bonjour」を誰かに言いたいときは、自信をもって「ボンジュール」と発音しましょう。

もちろん「Bonjour」だけでもいいのですが、「Bonjour, Madame.」のような使い方をすると、丁寧な人物に捉えられるかもしれません。挨拶はコミュニケーションにおいて大切なので、しっかりと「Bonjour」が使えるようにしてみてください。

お礼のいい方

フリー写真素材ぱくたそ

もしかしたら現地の方に助けてもらって、フランス語でお礼を言いたいと感じるときもあるかもしれません。そんな時のフランス語でのお礼のいい方は、簡単に「Merci」といったフランス語を使ってみてください。

フリー写真素材ぱくたそ

「Merci」は、「メルシー」と読むことができ、比較的日本人にもなじみのある言葉となっています。日本語の「ありがとう」と同様に、どのようなシーンでも使えるお礼の表現なので、積極的に使うことをおすすめします。

上記でも軽く触れましたが、「Merci」単体で使うのもいいのですが、MadameやMonsieurを付けるといいかもしれません。「Merci」は、そこまで発音の難しくない挨拶なので、どんどん使ってみてください。

わかれるときの挨拶

フリー写真素材ぱくたそ

かっこいいイメージを持たれることの多いフランス語ですが、わかれるときの挨拶としては、「Au revoir」が使われています。一見どのような発音をするのか混乱してしまうかもしれませんが、「オ ルヴォワール」と発音するのです。

「Au revoir」は、とてもスマートな表現なので、使えるようになるだけで賢い人物に思われるかもしれません。さらには、何かお世話になって立ち去る際は、感謝の念を込めて「Merci, au revoir」と伝えてみてください。

ここまでフランス語の挨拶の基本を取り上げてきましたが、どれもフランス旅行のときに使えるものばかりとなっています。せっかくフランスの旅行に行くのであれば、旅行中、レストラン、買物などでこういった挨拶を使ってみましょう。

フランス語を独学で勉強するコツ!初心者におすすめ勉強法・教材・アプリも厳選!のイメージ
フランス語を独学で勉強するコツ!初心者におすすめ勉強法・教材・アプリも厳選!
独学で勉強をする人は多いわけですが、フランス語の独学の勉強方法をご存じでしょうか?フランス語を学んでみたいと思っているものの、勉強方法がわからないという人もいるかもしれません。そこでこの記事では、フランス語を独学で勉強するコツをご紹介します。

フランス語で覚えておきたい挨拶

Photo byFree-Photos

次へ

関連するまとめ

人気の記事