男が自撮りでイケメンに写る撮り方&コツを伝授!盛れるテクニックを紹介!

男が自撮りでイケメンに写る撮り方&コツを伝授!盛れるテクニックを紹介!

SNSに氾濫する自撮り写真。女性は自撮りが好きで得意という方が多いけど、男性は自分の写真を撮るのが苦手という方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、男が自撮りする際の撮り方のテクニックをご紹介。イケメンに見えるコツも詳しくまとめます!

記事の目次

  1. 1.誰でもイケメンになれる?男性の自撮りのコツをご紹介!
  2. 2.男が自撮りでイケメンに写る撮り方【準備】
  3. 3.男が自撮りでイケメンに写る撮り方【環境】
  4. 4.男の自撮り・撮り方のコツ【表情・ポーズ】
  5. 5.男の自撮り・撮り方のコツ【小物】
  6. 6.男の自撮りでイケメンに撮りたい心理
  7. 7.自撮りする男に対する女性の印象
  8. 8.男が自撮りで盛るテクニック【写真加工アプリ】
  9. 9.男の自撮りはポイントをおさえて自然に撮ろう!

誰でもイケメンになれる?男性の自撮りのコツをご紹介!

Photo bycarlosalvarenga

FacebookやLINE、インスタグラムなど、私たちの日々に欠かせないSNS。自撮りした写真をSNS上にアップするのは、女性だけの特権だと思っていませんか?

最近では、男性でも自撮りする「自撮り男子」が出現。SNS上に様々な自分の写真をUPしています。今回は、自撮りでイケメンに写りたい男性のために、撮り方のコツやテクニックをご紹介。ぜひ、参考にしてみてください!

男が自撮りでイケメンに写る撮り方【準備】

女性に比べると、男性は、やや写真に写るのが苦手という方が多いようです。その心理の裏側には、やはり「恥ずかしい」といった気持ちが隠れているようです。

そんな男性たちが、自信を持って撮影するためには、一体どんなコツがあるのでしょうか?誰もがイケメンに写るための写真の撮り方のテクニックを、まずは「準備編」からご紹介していきます!

自分の顔を観察する

男性が自撮りをする前に、まず、やっていただきたいことは、「自分の顔を知る」ということです。人間の顔は、左右対称ではありません。

撮影するときに、自分の顔がよりイケメンに見える角度や、イケメンに見える方向、視線などを知っておくことが、撮り方のコツ1つめになります。鏡で自分の顔をいろんな表情にしてみたり、違う方向を見てみたり、観察してみましょう。

ファッションをチェック

自撮りで男性がイケメンに見えるためのコツとして、重要なポイントとなるのが、その人のファッションです!女性に好印象を与えるファッションのコツは、シンプルで奇をてらっていないということです。

どんなにおしゃれでもあまりにも奇抜なファッションだと、この人ちょっと変わってるという印象を与えてしまいます。この点に注意してニュートラルなファッションを心がけ魔性。

髪を整える

自撮りでイケメン男性だと思われるためのコツ、最後に準備できることは、「髪型を整える」ということです。髪の毛は顔以上に重要なパーツの一つです。

寝癖がついていないことはもちろん、ボサボサだと不潔に見えてしまいます。ヒゲもきちんと剃って清潔感のあるルックスを心がけることも、イケメンに写るためのコツとなります。

男が自撮りでイケメンに写る撮り方【環境】

男性が自撮りでイケメンに見えるためのコツ、続いては、撮り方のポイントとなる撮影環境について、見ていきましょう。

「雰囲気イケメン」という言葉もある通り、顔やスタイルは変えられなくても、周囲の環境やインテリア、雰囲気でイケメンに撮ることも可能です。ここからは、そんなイケメン自撮りに欠かせないおすすめの撮影環境をご紹介します。

背景はすっきり

Photo byqimono

男性だけでなく、女性が自撮りするときの撮り方のコツとして、まず重要なのが、背景がすっきりと片付いているということです。

自撮りした背景の部屋がごちゃごちゃと散らかっていたり、ゴミが散乱していたら、どんなに顔がイケメンだったとしても、だらしない印象に見えてしまいます。

部屋全体を片付ける時間がないなら、一面だけでも散らかっていない壁面を作るというのが撮り方のテクニック。ささっと荷物を寄せてそこだけすっきり見せて撮りましょう。

自然な光を取り入れる

Photo byMuntzir

自撮りで男性がイケメンに撮るためのコツ、続いては、自然光を取り入れて撮影するというテクニックです。この撮り方は、ポートレート撮影の基本中の基本。

窓から差し込んでくる自然光の明るさで、顔の表情や陰影がつき、とても素敵な人に見えます。おすすめは朝の時間帯。あまりにも入ってくる光量が多い場合は、オーガンジーかレースのカーテンで、少し光を遮って撮影する撮り方がおすすめです。

人に撮ってもらう

Photo byFree-Photos

男性が自撮りするためのテクニック、続いては、他の人に撮影してもらうという方法です。男が自撮りするのは、どうしても心理的に恥ずかしいものです。

自撮りしようとすると、表情がこわばってしまったり、ナルシストだと思われたくないと考える男性も多いようです。実際に他人に撮ってもらうのが難しい場合は、スマホのタイマーを使って他の人に撮影してもらったかのように見せるという撮り方がおすすめです。

アングルを工夫

Photo bymarkusspiske

男性が自撮りするためのコツとして、最後にご紹介する環境のテクニックは、アングルを工夫するということです。

いわゆる「見下ろし構図」と呼ばれるアングルは、男性、女性を問わず小顔に見えて目も大きく見えるおすすめのアングルです。他にも、自分の表情をよく見せるアングルはないか、鏡でチェックして撮り方を工夫してみましょう。

男の自撮り・撮り方のコツ【表情・ポーズ】

Photo byEliasSch

男性が自撮りをするためのコツやテクニックを、準備編、環境編と見てきましたが、いかがでしょうか?すぐに取り入れられるポイントがたくさんありました。

続いては、自撮りで男性がイケメンに見える表情やポーズを、撮り方のテクニックと一緒にご紹介していきます。

斜め上から撮る

男性が自撮りするときに、おすすめのアングルは、「見下ろし構図」とご紹介しましたが、この撮り方のテクニックと共通するポイントとして、「斜め上から撮る」という方法があります。

斜め上から撮ると、どことなくあどけない表情になるので、若見えするというポイントもあります。また、顎が小さく額が広く見えますので、なんとなくイケメンに見えるという角度でもあります。女性も斜め上から撮る撮り方は定番中の定番です。

口角をあげる

男性がイケメンに見えるための自撮りのコツとして、口角を上げて撮影するというのも使えるテクニックです。やはりにこやかな笑顔の方が素敵に見えるという心理が働きます。

人の表情というのは、口角を上げるだけで、かなり印象がよくなりますので、少しでもイケメンに見えるように撮りたい方は、微笑を浮かべて撮影しましょう。あまりにも「ガハハ」と笑っているような表情は、賢そうに見えないのでおすすめしません。

視線をはずす

Photo byFree-Photos

男性が自撮りする際のテクニックとして、おすすめのポーズですが、敢えてカメラの方を向かずに、視線を外すというのもイケメンに見えるコツです。

横顔や、何かを真剣に見つめている表情など、そういったポーズの男性の写真は、どこかミステリアスで惹かれる雰囲気があります。何を見ているんだろう、こんなに真剣な表情をする人なんだと、写真を見た女性の興味を引くこともできます。

顔の一部を隠す

Photo byluxstorm

男性がイケメンに見える自撮りのコツとして、最後におすすめするのが「顔の一部を隠す」ポーズをすることです。これは、女性が自撮りする際にも使えるテクニックですが、顎に手をつくと小顔に見えます!

また、顔の一部を隠す撮り方だと、カジュアルでリラックスした印象を与えるので、見えている人に好感を与えやすいと言われています。ほくろが気になったり、二重アゴが気になる方は、ぜひ、顎を隠すポーズをお試しください。

男の自撮り・撮り方のコツ【小物】

Photo byLUM3N

アングルや、ポーズ、そして撮影する環境など、様々なテクニックを駆使して撮影する自撮り。これ以上やれることはないのか?いえ、まだまだあります!

続いては、男性が自撮りをする際に、イケメンに見えるための「小物類」をご紹介致します。こんな小道具で、そんなにイケメンに見えるの?というぐらい効果がありますので、ぜひ、お試しください。

眼鏡をかける

Photo byStartupStockPhotos

男性が自撮りをする際に、ぜひ、おすすめしたいファッション小物、一つ目は「メガネ」。「メガネ男子」という言葉もある通り、メガネをかけている男性は、女性に人気があります!

メガネをかけた男性は、知的に見えるという心理が働き、見る女性に好印象を与えるのだとか。普段メガネをかけない方は、伊達メガネでもOK。黒ブチのオーソドックスな四角いメガネなら、似合わない男性はあまりいません。ぜひ、メガネをかけて撮影してみてください!

帽子をかぶる

Photo byLeroy_Skalstad

男性が自撮りする際に、イケメンに見えるファッション小物、続いてご紹介するのは「帽子」。帽子は、身長を高く見せたり、小顔に見せてくれるという魔法のアイテム。

特に、背の高さに自信のない男性や、ファッションセンスに自信のない男性ほど、帽子をかぶって撮影するという撮り方をおすすめします!冬はほっこりニットキャップ、夏は、少しつばの狭いストローハットなど、季節感も意識してかぶってみましょう。

ストール・マフラー

男性が自撮りする際におすすめのファッション小物、最後にご紹介するのは「マフラー」。間違っても中尾明さんのような「中尾巻き」にするのはやめましょう!ゆったりとルーズに巻いたストールやマフラーは、おしゃれな印象を与えます。

また、首が短かったり、すごく痩せ型で自分がマッチョではないことを気にしている男性は、体型のコンプレックスを隠すのにも、マフラーやストールがおすすめです。

季節柄、秋冬にしか使えない撮り方のテクニックですが、やさしそうな男性、心も温かそう、思いやりがありそうな男性と見られる心理的効果もあるようです。

男の自撮りでイケメンに撮りたい心理

Photo bySorbyphoto

ここまで、男性が自撮りする際に使える撮り方のコツやテクニックをご紹介してきました。今日から使える撮り方のテクニックが満載でした。

一般的に男性は、女性に比べて自撮りする率が低く、自撮りなんてしないという人の方が多い傾向です。しかし、SNS上に自撮りをUPしている男性は、かなり増えてきています。

イケメンに見られたい、俺ってかっこいい、自撮りをSNS上に上げる男性たちは、一体どんな心理の持ち主なのでしょうか?

自己顕示欲

SNSに自撮り写真を上げる男性の心理として、よく言われるのが「自己顕示欲」の強さです。写真を人に見せつけるというのは、自分をもっとアピールしたいという欲求の現れと言われています。

こういった心理を持つ男性は、ファッションや持ち物、車などにもこだわりがあり、何かとブランドものをひけらかすといった傾向にあります。

承認欲求

自撮りをSNSに上げる男性の心理として、一般的に言われているのが「承認欲求」が強いということです。人から認められたい、自分のことを分かって欲しい、そういった心理があるからこそ、自撮りをしてみんなと共有するわけです。

承認欲求が強い男性は、自分のやってあげたことをいつまでも相手に「ねぇ、俺ってすごい?」などのようにしつこく聞く傾向があります。ちょっとウザい人ということもできます。

センスを自慢

自撮りをする男性の多くは、実は、自分の容姿やファッションに自信がある人とも言えます。自分のセンスのよさを自慢したいと言う心理がその裏にはあるようです。

こういった心理を持つ男性は、着ているもののセンスだけでなく、食事に行くレストランや、部屋のインテリアなど、ありとあらゆるものを見せびらかしたい傾向にあります。

幸せアピール

Photo byFree-Photos

自撮りする男性の心理として、最後に注目しておきたいのが「幸せアピールをしたい」という心理です。SNSの特性として、「私生活を公開する」という要素はかなり強いです。

自分のプライベートがいかに充実しているか、彼女がいたり、仕事で海外に行ったり、自分の毎日がどれほど幸せに満ちているかをアピールしたい人が自撮りしてSNS上に写真を公開していると言っても過言ではありません。

男性は、女性に比べて、あまり「共感」を求める生き物ではありませんが、自撮りをUPする男性は、共感を求める心理が潜在的にある男性と考えて間違いなさそうです。

自撮りする男に対する女性の印象

Photo byDanaTentis

女性が自撮りをするのは、今や当たり前のカルチャーとなりましたが、男性が自撮りをするのは、まだまだ少数派というイメージがあります。それでも、自分たちの写真をUPする自撮り男子は、年々増加しています。

では、そんなSNS上に氾濫する自撮り男子たちを、女性たちは、一体どのような目で見ているのでしょうか?

イケメンの自撮り、勘違いな自撮り、かなりウザい自撮り…。男性が聞いたら、ちょっと不安になってしまいそうな女性たちの厳しいご意見を少しご紹介してみましょう。

ナルシスト

Photo byFree-Photos

女性が自撮り男子を見たときに、よく思うイメージとして挙げられるのが「ナルシスト」。自分を鏡で何度も見たり、写真撮影して、撮り方をチェックしたり、そしてその写真をSNSにUPしている男性は、明らかに「ナルシスト」と思われるようです。

「自分のことが大好きそう」「自分しか見てなさそう」と言うイメージを持たれやすく、女性としては、ちょっと気持ち悪いという心理が働くようです。特に、自撮りで、肉体自慢や筋肉自慢をしている男性は、要注意です!

かまってちゃん

Photo byRyanMcGuire

女性から見た自撮りをしている男性のイメージは、「かまってちゃん」でもあります。かまってちゃんの男性=承認欲求が強い男性ということです。

自分の一挙一投足をとにかく、母親のように見ていてほしい。そういった心理がこの裏側にありそうと思われてしまうようです。実際、自撮りをする女性も、男性と同じように「承認欲求」が強い傾向にあります。

「イケメンと思われたい」「かっこいいと言われたい」「センスがいいと思って欲しい」など、とにかく、相手から認められたいという心理が、自撮りの裏には隠れているようです。

付き合ったら面倒

Photo byRyanMcGuire

女性から見た自撮りする男性の印象として、かなり残念なのが「付き合ったら面倒」と思われることです。確かに、いつも自撮りしているような男性と付き合うと、例えばデートに出かけてスイーツを食べるときなども、必ず撮影時間を撮られそうです。

また、彼が自撮りをSNSにUPする度に、「見た?」とか「感想聞かせて?」とか、いちいちうるさく写真についてのコメントを求められそうといったご意見も多く、自撮りする男性は、付き合うと面倒臭そうだと思われてしまうようです。

自撮りする女性も、撮影する時間などを撮りますし、自分がかわいく見える写真が撮れるまで、粘る傾向にありますが、自撮りする男性も、ここは同じなのかもしれません。あまり撮影にのめりこまず、目の前の相手に集中してほしいものです。

盛り過ぎ

写真だとものすごくイケメンなのに、実際会ってみたら、まったくイケメンじゃなかった!なんてことはありませんか?自撮りする男性も、最近では、写真加工アプリを駆使して、実物よりも、ずっとイケメンに見えるように撮り方を工夫している場合が多いようです。

SNSや出会い系サイトなどで、男性が使用している自撮り写真は、特に、この傾向が強く、実際に会った女性たちからは「写真盛りすぎ」という声が続出しています。

もちろん、女性もアプリを使用しているわけですが、男性たちも負けじとアプリで加工しているようです。プリクラ等は、整形レベルで顔が本人と違うこともあるようですので、あまり自撮り写真の画像を過信しない方がよさそうです。

男が自撮りで盛るテクニック【写真加工アプリ】

Photo bygeralt

自撮り写真を撮影する男性の心理や、女性から見た自撮り男子の印象についてお伝えしてきました。ネガティブな印象を持たれやすい自撮り男子ですが、それでも、少しでも自分がイケメンに見える写真を撮りたいという強者もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、男性が自撮り写真を撮る撮り方のコツとして、最後に、「イケメンに見える=盛れる」写真加工アプリを3選ご紹介致します。

写真加工アプリの良い点は、自分の欠点(シミ、シワ)などを隠せるほか、体型や顔の形の悩み(顔が大きい、太っている)なども修正することができます。

ただし、見る人に誤解を与えてしまう可能性もありますので、誰かと実際に会う場合には、あまりにもBefore、Afterが違い過ぎる写真を撮影することはおすすめしません。

また、写真加工アプリを使用すると、全体的に写真が白っぽく仕上がるため、女性的(あるいは中世的)に見えるという傾向です。男性らしさが失われた写真になる傾向がありますので、その点も注意して上手に利用しましょう。

カメラ360

写真加工アプリの中で、特にユーザー数が多くて人気なのが「カメラ360」。利用者数は全世界で、8億人ともいわれ、サービス・機能共に世界ナンバー1の実力派アプリです。

「カメラ360」では、200種類以上のフィルターが揃っており、写真の画面を好きなように加工することができます。ハートや猫など、女性が好きそうなモチーフやバケーションなどをイメージした背景など、様々なシーンで利用できるアイテムが満載です。

「カメラ360」には、肌を綺麗に見せる機能がついていて、にきびやシミなどもなかったことにしてくれます!顔のパーツごとに修正をかけられるようになっていますので、ほくろなど気になる部分を消した写真を作ることが可能です。

B612

Photo by stockcatalog

男性が自撮りでイケメンに撮るために欠かせないアプリ、続いては「B612」のご紹介です。こちらは、LINEが開発したカメラアプリで、撮影に使えるフィルターが80種類以上揃っています。

スタンプもあり、LINEユーザーの方には、それが使えるというのも人気の秘密。自撮りの機能としては、目を大きくできる「デカ目」加工や、顔の輪郭を修正できる機能などが付いています。

また、女性ならメイク、男性なら眉を加工したりと、本来ならできない部分の修正も可能ですので、イケメンに顔を加工することができます。

Beauty plus

Photo by Hank Loner

「Beauty plus」は、自撮り女子に爆発的な人気を誇る老舗の写真加工アプリです。様々なフィルターがあるだけでなく、目の色、肌の色をテーマごとに細かく設定できる機能があり、なりたい自分になれるアプリとも言えます。

男性も、まるでファッションモデルか俳優のようなつるんとした明るい肌に写すことができますので、アプリを機動して自撮りするだけでイケメンに!お手軽な写真加工アプリです。

男の自撮りはポイントをおさえて自然に撮ろう!

Photo bytookapic

男も自撮りを楽しみたい!そんな男性に贈る「自撮りのコツ」と「撮り方のテクニック」をご紹介致しました。

自撮りする男性の心理は、「ナルシスト」「かまってちゃん」などネガティブなイメージです。イケメンなら高評価ですが、フツメン以下だとあまり良い印象を与えません。自撮りのしすぎは、あまりよくありませんので、ほどほどに楽しみましょう!

Yukilifegoeson
ライター

Yukilifegoeson

日本語、英語を含む4ヶ国語を話すマルチリンガルライター。海外の日系ローカル紙での取材記者経験を経て、現在は、webライターとして、旅行関連メディアを中心に執筆活動中です!

関連するまとめ

人気の記事

記事はありません。