外面がいい人の心理や特徴とは?見分け方や対処法について徹底解説!

外面がいい人の心理や特徴とは?見分け方や対処法について徹底解説!

外面がいい人ってどんな性格でしょうか?あの人は「外面がいい」と言ったりしますが、その意味をきちんと理解している方はそれほど多くありません。今回は、外面がいい人の特徴や心理、そして一見分からない見分け方などを大特集。外面がいい人への対処法もまとめます。

記事の目次

  1. 1.外面がいい人の心理や特徴を大解剖!
  2. 2.外面がいいの意味とは?
  3. 3.外面がいい人の特徴【心理・性格】
  4. 4.外面がいい人の特徴【態度】
  5. 5.外面がいい人の特徴【身内に対して】
  6. 6.外面がいい人の見分け方
  7. 7.外面がいい人への対処法【他人の場合】
  8. 8.外面がいい人への対処法【身内の場合】
  9. 9.外面がいい人はうまく使って良い関係を!

外面がいい人の心理や特徴を大解剖!

Photo by JoeInSouthernCA

外面がいい人、外面のいい性格という言葉を耳にしたとき、あなたはどんな人を想像しますか?外面という言葉の意味から想像するに、やはり表面上だけ性格が良さそうな人というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

外面がいい人は、相手に自分をよく見せたいという心理がある人で、家の外ではいい子でいるけど、家族や身内に対しては、態度が悪いという特徴があります。

今回は、外面がいいという言葉の意味や、外面がいい人の見分け方、そして外面がいい人の特徴を知ることで、どのように対処すれば良いのか、シーン別に役立つ解決方法もご紹介致します。

外面がいいの意味とは?

Photo bytrevoykellyphotography

学校、職場、PTAの集まりなど、私たちの日々の生活の中で、いろんな方と出会う機会があります。そんな時、初対面からこの人は感じがいいな、なんとなく話しやすいなと感じる方に出会ったことはありませんか?

外面がいい人というのは、会ったことのない人や、まだそれほど人間関係が深い間柄になっていない人に対して、非常に良い印象を与えるという特徴があります。

なんとなくイメージはつかめるものの、そもそも外面がいいの外面とは、一体どんな意味があるのか?まずは、そこから見ていきましょう。

①身内以外の他人に見せる顔

外面がいいという慣用句に使われる「外面」の意味は、大きく分けて2つあります。一つ目の意味は、身内以外の他人に見せる顔という意味です。私たちが「外面がいい」と使う場面では、主に、この意味で外面という言葉を使用しています。

この意味で使用する場合の外面には、その人の持つ「表面的な態度」や「表面的な仕草」などを表しています。身内には見せない、「家の外」という意味合いから、この慣用句が誕生したのです。

②物の外側の面

Photo by modular.dodecahedron

もう一つ「外面」には意味があります。2つ目の意味は「物の外側の面」という意味です。例えば、おしゃれな箱に入ったプレゼントがあったら、「このギフトボックスは外面がいい」というように使用します。

この例文からも分かる通り、この文脈での「外面」の意味は、純粋に物の外側、あるいは表面を包んでいるデザイン、物の表面、外面を表しています。

2つの違った意味がありますが、主に「外面がいい」と言う時の意味は、1つ目の意味で使用する場面が多く、特に人物をさして使用する場合には、1つ目の意味で使用することが一般的です。

気難しい人の性格の特徴や心理とは?上手な接し方のコツ詳しく紹介! | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
気難しい人の意味、融通がきかない、何かと怒りやすい、プライドが高い等の5つの性格や日常の特徴、また気難しい人の心理や接し方・対処法、さらに、気難しい人と周囲に言われる人の治し方や周囲の人との接し方もあわせてご紹介しています。

外面がいい人の特徴【心理・性格】

Photo by5688709

外面がいいという言葉の意味もしっかりと分かったところで、ここからは、外面がいい人の「心理」や「性格」の特徴について見ていきましょう。

外面がいい人の性格や心理の特徴を知ることで、この人は本当に親切なのか?あるいは外面がいいだけの一なのかということが分かってきます。

見分け方を知ることで、後ほどご紹介する対処法も使えるようになりますので、まずは、外面がいい人の特徴を理解することからはじめましょう。

①人によく見られたい

Photo byDayronV

外面がいい人の、心理や性格の特徴として、まず、第一にに挙げられるのが「人によく見られたい」という心理です。自分が人より優れている、他人からいい人だと思われるなど、とにかく第三者の目が気になって仕方ないという性格の方が多いようです。

人から見られることを常に意識していますので、特に面識の薄い方に対しては、好印象にしようと猫をかぶっていい子を演じます。こういった心理は、付き合いの浅いうちは、なかなか見分け方が難しいので、ご注意ください。

②自己評価が低い

次へ

関連するまとめ

人気の記事