文章の構成の考え方とは?上手く書けるコツ・手順や基本のポイントまとめ!

文章の構成の考え方とは?上手く書けるコツ・手順や基本のポイントまとめ!

インターネット上に、様々な文章が氾濫している現代社会。やはり読者に選ばれる文章というのは、構成がしっかりしていて、読みやすい文章です。今回は、文章構成の基本となる段落やパターン、起承転結の作り方をご紹介。誰もがすぐに使える文章構成のコツをまとめます。

記事の目次

  1. 1.文章構成の基本やうまく書くためのコツをご紹介!
  2. 2.文章の構成方法
  3. 3.文章構成の基本パターン①
  4. 4.文章構成のパターン②
  5. 5.文章構成のパターン③
  6. 6.文章構成のパターン④
  7. 7.文章構成のパターン⑤
  8. 8.文章構成のコツ・ポイント
  9. 9.文章構成のテンプレート
  10. 10.文章の構成力を身につけよう!

文章構成の基本やうまく書くためのコツをご紹介!

Photo by Tekke

会社の報告書、PTA関連の書類、身近な人へのお手紙など、私たちの日常の中には、常に何かしらの文章を書く場面が出てきます。どんな文章を作成するときでも、必ず重要となるのが、その構成案。

読んだ人が、すっと理解しやすい、分かりやすい文章を書くためには、どんなコツがあるのでしょうか?今回は、誰もが知っておきたい文章構成の基本やコツ、そして段落のまとめ方のパターンなどを詳しくご紹介致します。

文章の構成方法

読者の皆様が、もっともよく耳にする文章構成のパターンと言えば「起承転結法」ではないでしょうか?

文章構成の基本となるパターンの一つで、読み手の興味を引く序章から、結論を訴える終章までを4つの段落に大きく分けて執筆する構成方法です。

小学校の作文などでも取り上げられる文章構成法の一つで、私たち日本人にとって、もっとも馴染みのある文章構成の基本とも言えます。では、文章構成には、他にどんな基本形があるのでしょうか?

起承転結法と並んで、世界的によく使用されているのが、三段構成という構成方法です。序論、本論、結論の大きく分けて3つの段落に分かれて、文章が構成されています。

起承転結法が、読み手の興味をさらに高める「転」の段落を持っているのに対し、三段構成法のパターンでは、転の段落がないというのが最大の違いです。

三段構成法は、基本的な文章構成のパターンの一つではありますが、どちらかというと、学術論文や、報告書といった文章に使用されることが多い構成方法です。

学術論文は、アカデミックな文章ですので、文章自体にドラマや躍動感は求められていません。実際にあったことを、分かりやすく、順を追って説明していくような文章が求められています。

一方、ビジネス系の文章やセミナー向けの文章、あるいは宣伝広告用のダイレクトメールといった文章については、起承転結法を用いることが多いようです。

読み手に一度「あれ?」と思わせる段落を作ることで、さらに結論を受け入れやすくなるというコツがここにあります。

Photo bylil_foot_

文章構成の基本パターンには、他にも、頭括構成、二括構成、尾括構成という形があります。一例を挙げると先に結論を訴える「頭括構成」は、新聞などによく利用される文章構成法です。

読んだ人が、「うまい!」と思わず納得させられる文章は、小学生でも分かるような平易な言葉で分かりやすく書かれているということもポイントです。

文章構成の基本パターンをしっかり押さえて、分かりやすい言葉で文章を紡げば、必ずや読者がもう一度読みたくなるような素晴らしい文章を書けること間違いなしです!

文章構成の基本パターン①

文章構成のコツと、大まかな構成方法の種類も分かったところで、ここからは、早速構成パターンをご紹介していきます。基本パターンその1として取り上げるのは「三段構成法」です。

三段構成法は、先述の通り、会社の報告書や学術論文など、データなどに基づいた情報を、相手に早くはっきりと伝えたい場面で使える構成方法です。

三段構成

三段構成法は、その名の通り文章を大きく分けて3つの段落に分けて構成する方法のことです。出だしとなる「序論」、文章の中核となる「本論」、そして一番重要なまとめとなる「結論」の部分です。

三段構成法をうまくまとめるコツは、読み手にこれからどんなことを伝えていくのかを、しっかりと序論で述べ、本論では、客観的な事実が明確に伝わるように執筆します。

関連するまとめ

人気の記事