オレンジカードはまだ使える?払い戻し・買取・購入方法をまとめて紹介!

オレンジカードはまだ使える?払い戻し・買取・購入方法をまとめて紹介!

オレンジカードの販売の歴史、販売停止になったオレンジカードが使用期限がなく現在も払い戻しや切符を買うことができること、オレンジカードの発券機での切符の買い方、金券ショップの買取価格や還元率情報、お得なフリマアプリでの購入や購入時の注意点などをご紹介しています。

記事の目次

  1. 1.オレンジカードとは
  2. 2.オレンジカードの種類
  3. 3.オレンジカードの使用期限
  4. 4.オレンジカードの払い戻し
  5. 5.オレンジカードの使い方
  6. 6.オレンジカードの買取
  7. 7.オレンジカードの購入
  8. 8.オレンジカードは使用期限がない事がメリット

オレンジカードとは

Photo by Kentaro Ohno

JRのsuicaは知っているが、オレンジカードは聞きなれない方も多いようです。金券ショップやフリマアプリなどでも金券として取り扱われていて見かけた方も多いと思いますが、今回はこちらのJRから発売されていたクレカカードで、オレンジカードのお得に購入&利用する方法についてご紹介します。

国鉄から販売されたプリペイドカード

Photo by 池田隆一

オレンジカードはJRから1985年に発売されたカードで、窓口や専用の券売機などで販売していました。それぞれの地域の特色が飾られたデザインが多く、旅行に行く先々で集めているファンも多かったようです。特徴としては、オレンジカードはそのまま改札機に通すことはできず、そのカードを使って発券機で券を購入するタイプのプリペイドカードです。

オレンジカードは発券後から徐々に売り上げを伸ばし、ピーク時は年間300億円を売り上げる程人気がありましたが、自動改札機を直接通り清算できるタイプのイオカードやsuicaの登場で、オレンジカードの人気は低迷し平成25年の3月末に販売終了しました。

オレンジカードの種類

Photo by kayakaya

ここまでJRのオレンジカードの発売から歴史終了までご紹介してきました。ここからは、これまで発売されたオレンジカードの種類や旧国鉄時代の列車がプリントされた記念オレンジカード、アイドルや企業などの人気のプレミアオレンジカードなどの中でデザインなどについてご紹介します。

金額別オレンジカードの種類

Photo by Japanexperterna.se

オレンジカードには発売当初5種類のカードがあり、500円、1000円、3000円、5000円、10000円と金額は設定されており、500円代のカードはオリジナルカードという種類でオーダーメイドとレディーメイドの2種類が選べる仕組みで販売されていました。(レディーメイドは予めある絵柄から選んで作成する方法です。)

この方法だと記念に作ろうという人も出てきそうですが、実は重大なマイナスポイントがこのカードにはあり、500円分をオーダーやレディメイド代として取る為、500円分作るには1000円を支払う必要がありました。その為、あまり人気が出なかったようです。

人気があったオレンジカードのデザイン

Photo by 哈局巡道工

オレンジカードが発売されていた当初は5000円や10000円が人気があったのですが、偽造カードが増え1997年3月に販売中止となり、翌1998年1月には5000円や10000円にカードに使用も禁じられています。

近年ではオレンジカードがオークションなどで取引されることもあり、希少価値の高いもので、未使用の物や利用額が高い物がコレクターの中で高価な価格で取引されています。コレクターに好まれるのは、広告入りのもの、業務用の窓口販売されたもの、国鉄分割民営化後に販売されたもの、アイドルやコミックもの、企業のデザインのものなどです。

オレンジカードの使用期限

Photo byBasti93

ここまでオレンジカードの販売の歴史や発売されたオレンジカードの値段、今やプレミアムの値段が付くデザインの種類についてご紹介してきました。ここからはそんな販売終了し、1998年1月には5000円や10000円のカードは使用停止となっているオレンジカードの使用期限についてご紹介していきます。

オレンジカードは使用期限無し

Photo byTeroVesalainen

オレンジカードの販売が2013年3月31日をもって終了していますが、その使用期限についてはJRでは明確に定められておらず、現在でも使い切る為の有効期限はアナウンスが無い状態です。つまり、オレンジカードには使用期限が無いので、プレミア物でオークションに出さないならば使うのがおすすめです。

オレンジカードの払い戻し

Photo by yto

ここまでオレンジカードの販売の歴史や発売されたオレンジカードの値段や過去に人気のオレンジカードのデザイン、オレンジカードの使用期限についてご紹介してきました。ここからは使用期限が無いので払い戻ししない方がいいオレンジカード使い方についてご紹介していきます。

現在でも使えるので電車代の支払いにしよう

Photo by rail02000

オレンジカードは現在でも使えますが、suicaなど現在販売されているカードと使い方が違い、そのまま改札で精算することはできません。券売機にてJR線の近距離切符を購入することができ、払い戻しもできますが、地方でも券売機で切符の購入で使えるのでそのまま使うのがおすすめです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事