ハガキはコンビニで購入出来る?買い方・販売している種類や送ることは出来る?

ハガキはコンビニで購入出来る?買い方・販売している種類や送ることは出来る?

ハガキは郵便局でしか買えないと思っていませんか?そんなことないんです。今や日本に50000店舗以上あるコンビニでも簡単にハガキを買うこと、そして送ることができるのです。値段もそのまま購入方法はいたってシンプル。そんなコンビニでのハガキ事情についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.コンビニでハガキは購入できる?
  2. 2.ハガキの種類を確認
  3. 3.コンビニでのハガキの買い方!現金を必ず準備
  4. 4.コンビニでハガキを送ることはできる?
  5. 5.コンビニではハガキの印刷が可能
  6. 6.かもめ〜るって?
  7. 7.ハガキの購入はコンビニを便利に使おう!

コンビニでハガキは購入できる?

Photo bySimpleMediaKit

メールなどが発達し、ハガキで手紙を送る機会もずいぶんと減りました。しかし年賀状や懸賞、抽選の応募などなど、まだまだハガキの出番はゼロにはなっていません。でも郵便局はたくさんあるわけではないし、行くのは少し面倒ですよね。コンビニならどこにでもあるし、何かのついでに買う買い方はないものか。というわけで、コンビニでハガキを買うことができるのか!又、買えるのであればその買い方もご紹介させていただきます。

大手のコンビニであれば通常ハガキは購入可能

Photo byAnnaliseArt

コンビニでハガキを買うことは可能です。購入できる主なコンビニチェーン店はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK、デイリーヤマザキ、ポプラです。コンビニは今や全国で50000店舗以上存在するため、今上げたコンビニのどれも見たことがないという方はおそらくゼロに等しいと思います。

コンビニによって取り扱うハガキは異なる

Photo by tombi.aburage

テンポを構える地域にもよりますが、基本的には先述した大手コンビニチェーン店では通常ハガキ、往復ハガキ、私製ハガキといったよく使う種類のハガキは購入可能です。切手の絵柄の種類はヤマユリ、山桜のどちらかになることが多いです。そのほか、暑中見舞いや残暑見舞いで使用されるかもめ〜るや年賀状も時期によっては購入することができます。

ハガキの種類を確認

Photo byKaz

コンビニで主に取り扱われているハガキの種類は先述した通り、通常ハガキ、往復ハガキ、私製はがきの3種類です。通常ハガキの値段、往復はがきの使い方、私製ハガキってそもそも何?そんな疑問はありませんか?ハガキの種類、実は知っているようで知らないかも。そんなそれぞれのハガキの種類についてもここでご紹介しましょう。

通常ハガキ(官製ハガキ)

Photo bySimpleMediaKit

通常ハガキの値段は全国一律62円です。この値段は2017年6月より52円から62円に変わっております。そして2019年10月からはさらに1円値段が上がり63円になる予定です。

通常ハガキはハガキの左上の切手を貼る部分にヤマユリや山桜などの絵柄とハガキの料金が記されています。ハガキ購入時に料金を既に払っていることから、送る際に再度切手を貼る必要のないハガキです。

ただ、2017年や2019年の時のように今後もハガキの値段が上がることは大いに考えられます。値上げされた際にはその差額分として2円や10円切手などを別途購入し貼らなければいけません。その際には切手の絵柄の下に差額分の切手を貼り送るようにしましょう。ハガキや郵便物の値段の変動には十分に気を付け購入するようにましょう。

往復ハガキ

Photo byeugenialcala

往復はがきの値段は全国一律124円です。往復ハガキは往信用と返信用の2つの面が付いているため1枚購入することで送ること、返信をすることができるハガキです。

往信の際には相手の住所氏名が見える面を表にし、半分に織って送ります。返信の際は返信用の面に必要事項を記入し半分に切り返信用のみをポストに投函します。そういった使い方をする点から出欠を取る際などに重宝されます。

往信面、返信面にはそれぞれどちらがどちらかわかるように「往信」、「返信」と記載されているのと同時に、切手の絵柄の色が往信面は水色、返信面が緑と色分けもされています。返信を送る方法や使い方にさえ気をつけれていれば、買い方も他のハガキと全く変わりはありません。

郵政ハガキ

Photo bylethutrang101

郵政ハガキの値段は全国一律62円です。郵政ハガキとは、元々「官製ハガキ」と呼ばれていたものが郵政民営化に伴い名称を変えたものです。

名前が変わっただけで使い方もハガキの様式も「通常ハガキ」と同じであるため、ハガキの総称が「郵政ハガキ」ということになります。

私製ハガキ

Photo byPezibear

私製ハガキは郵便局以外の文房具店や観光地の土産物店などで販売されている、切手の印字のない無地や絵柄がついたハガキのことです。販売店によってハガキの値段は異なります。

買い方は文房具店や土産物店など様々な場所で購入できます。絵柄の種類も豊富です。しかし、切手の印字がないため、ハガキの購入費用と別途に切手も購入しなければいけません。また、ハガキの大きさなどによっては貼付する切手の値段も違うため注意が必要です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事