書き損じはがきの交換方法を紹介!手数料や切手支払い・差額がある場合は?

書き損じはがきの交換方法を紹介!手数料や切手支払い・差額がある場合は?

書き損じはがきは、交換手数料を支払うことで通常はがきや切手などに交換することができます。そこで、書き損じはがきを交換する方法や交換手数料及び差額の計算方法について解説します。さらに、はがきへの交換以外の有効活用方法を紹介します。

記事の目次

  1. 1.書き損じはがきとは
  2. 2.書き損じはがきを交換する方法
  3. 3.書き損じはがきの交換の手数料
  4. 4.はがきの交換手数料が無料となる場合とは
  5. 5.書き損じはがきと交換可能なもの
  6. 6.書き損じはがきの交換期限は?
  7. 7.書き損じはがきの有効活用
  8. 8.書き損じはがきは手数料を払えば有効活用できる!

書き損じはがきとは

Photo byMIH83

書き損じはがきは、郵便局で交換手数料や差額を充当することで、通常はがきなどに交換することができます。はがきを書いていると、書き損じてしまうことは誰にでもあることです。しかし、交換できることを知らずに廃棄している人も少なくありません。そこで、交換可能な書き損じはがきについて解説します。

表面・裏面に書き間違えがあるもの

Photo byGellinger

表面・裏面ともに書き損じたはがきは、書損交換の対象となります。例えば、はがきを書いた後で、相手が結婚などで姓や住所が変わっていたことに気付いた場合も交換可能ですから、はがきを無駄にすることはありません。

また、相手先の住所など、個人情報が記載されているはがきについても、交換することは可能です。もちろん、書き損じたはがきについては、郵便局で処分しますので個人情報が漏洩される心配はありません。

表面もしくは裏面に書き間違えがあるもの

Photo byOpenClipart-Vectors

表面もしくは裏面の片方だけを書き損じたはがきも、書損交換の対象となります。例えば、プリンタの故障などで、片面だけが大量に書き損じてしまった場合であっても、通常はがきなどに交換できます。

また、両面とも書き損じたはがき同様に、個人情報が記載されたはがきも交換できますし、郵便局でしっかりと処分されますので、個人情報が漏洩する心配はありません。

破損・汚損しているもの

Photo byLwcyDesign

破損・汚損しているはがきも書損交換することはは可能です。ただし、料額印面(表面の料金が印字されているところ)が著しく破損していたり、汚損して金額が見えないものは交換することができません。

また、はがきの大半が欠損しているものも交換できません。したがって、自分で判断ができないものについては、郵便局に問い合わせてみるとよいでしょう。

はがきの切手の値段はいくら?大きさ・重さ別の種類や貼り方まで解説 | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア
この記事では、はがきの切手の値段がいくらかということを解説していきます。それだけではなく、大きさや重さ別の種類や貼り方、はがきを封筒にいれた場合切手はいくらかかるのか、手紙の切手の値段はいくらなのか、ということも紹介していきます。

書き損じはがきを交換する方法

Photo by nambon

はがきは、全国の郵便局だけでなく、コンビニやデパート、商店など様々な場所で販売されています。それでは、書き損じはがきは、郵便局以外の販売先でも交換できるのでしょうか。また、交換する際にはどういった手続きが必要となるのでしょうか。ここでは、書き損じはがきの交換場所や交換方法について解説します。

書き損じはがきの交換は郵便局のみ

Photo by Toomore

書き損じはがきは、郵便局の窓口に持ち込むだけで、簡単に交換できます。しかし、郵便局以外の販売先では交換することができません。実は、コンビニやデパート、商店などで販売されているはがきは、近隣の郵便局から買い取って販売しています。

そのため、交換手数料の経理や、在庫管理が複雑になるため、郵便局以外の販売先では書き損じはがきの交換ができないのです。もちろん、郵便局であれば、購入した郵便局でなくとも、全国の郵便局で交換可能です。

ゆうゆう窓口では交換できない

Photo by 22n

都心部の大きな郵便局には、一般の郵便窓口とは別に「ゆうゆう窓口」が開設されています。ゆうゆう窓口は深夜まで開いている(郵便局によっては24時間開設)ので非常に便利ですが、書き損じはがきは交換できません。

ゆうゆう窓口は、営業時間内に郵便窓口に訪れることが困難な利用者向けのサービスです。そのため、書留郵便や荷物の受け取り、時間外に企業などから差し出される郵便物の引受が中心となるので、書損交換には対応していないのです。

ただし、はがきや切手、レターパック・スマートレターなどの販売は行われているため、「交換できる」と勘違いしやすい部分なので注意が必要です。

書き損じはがきの交換の手数料

Photo bynattanan23

次へ

関連するまとめ

人気の記事