車の擦り傷は自分で修理できる?費用やコンパウンド・塗装方法も紹介!

車の擦り傷は自分で修理できる?費用やコンパウンド・塗装方法も紹介!

車のドアノブ周辺には小さな擦り傷が多くできます。修理を依頼するほどではないので放置している人がいます。しかし、放置するとサビの発生などにつながります。車の擦り傷はコンパウンドなど使えば簡単に修理が可能です。費用をかげずに擦り傷を修理する方法を紹介します。

記事の目次

  1. 1.車の擦り傷は自分で修理できる?
  2. 2.車の擦り傷をコンパウンドを使って修理する方法
  3. 3.車の擦り傷をタッチペンで修復する方法
  4. 4.車のへこみ傷の修理にはパテを使うと便利
  5. 5.車のドアノブ周辺の擦り傷を修理する方法
  6. 6.車の擦り傷の修理費用
  7. 7.車の擦り傷を修理する際の注意点
  8. 8.コンパウンドで直せる擦り傷とは?
  9. 9.車の擦り傷を自分で修理すればお財布にも優しい!

車の擦り傷は自分で修理できる?

Photo by Jonathan Rolande

車の洗車が終わり、ワックスをかけようとした時に、車のドアやバンパーの部分に小さな擦り傷があるのを見つけることがあります。車とガードレールなどの対物と衝突してできる大きな擦り傷であれば、割り切って修理の依頼に出しますが、車にできる小さな擦り傷は、ほとんどの人がそのままにしているのではないでしょうか。

車にできる擦り傷の大きさや深さにもよりますが、そのまま放置すると、そこからサビが発生することもあり、できれば早めの修理が理想です。車にできる小さな擦り傷であれば、自分で修理することが可能です。

車にできる小さな擦り傷は、コンパウンドを使って簡単に修理することができます。しかし、修理の専門店のように擦り傷が見えないような修理をすることはできません。自分でできる修理は、車の擦り傷を目立たなくする程度の修理になります。

目立たなくする程度の修理は初心者でも簡単にできる

Photo by Paul L Dineen

車にできる擦り傷は、コンパウンドを使って簡単に修理することができると説明しました。車のバンパーの部分についた擦り傷は比較的、簡単に、修理することができます。しかし、車のドアについた擦り傷は、目立つ場所であることから、慎重に修理する必要があります。

修理の専門店のように擦り傷が見えないような修理をすることは、そう簡単ではありません。しかし、車の擦り傷を目立たなくする程度の修理なら、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でコンパウンドとパテなどが入った修理グッズを購入し、その修理グッズを使えば修理することは可能です。

車の擦り傷をコンパウンドを使って修理する方法

Photo by saint-gobain abrasives, sweden

車のドアやバンパーの部分についた擦り傷は、具体的には、どのような手順で修理すればいいのでしょうか。車に、擦り傷がついてからの日数にもよりますが、車の擦り傷の部分にサビが発生している場合は、サビ落としが必要です。

サビ落しはサンドペーパーを使って行います。擦り傷に凹凸がある場合は、凹部分の穴を埋めるパテも必要になります。次項から車の擦り傷を目立たなくする程度の修理の詳しい手順とその修理の内容について説明していきます。

コンパウンドの種類

Photo by Horia Varlan

車の擦り傷をコンパウンドを使って修理する方法を説明しますが、その前に、予備知識としてコンパウンドの種類を解説します。コンパウンドとは研磨剤が配合されているもので、液体(リキッド)タイプ、ペーストタイプの種類があります。また、粒子の大きさの違いにより粗目、中目コンパウンド・細目コンパウンドなど4つの種類があります。

液体(リキッド)タイプのコンパウンドは、車のボンネットなど比較的面積が広い部分にできる擦り傷を目立たなくするのに適しています。

しかし、液体のため、作業性はあまりよくありません。ペーストタイプのコンパウンドは、車のドアノブ周辺など面積が狭い部分にできる擦り傷の修理に適しています。

手順①擦り傷の部分を水洗いする

Photo by bark

車の擦り傷をコンパウンドを使って修理する方法の手順とその修理の内容について説明します。まずは、車に、できた擦り傷の部分に付着したホコリとゴミなどを取り除くために、水洗いをします。特に車の擦り傷に凹凸がある場合、ゴミの付着が取り除きづらいので、しっかり確認をしなが洗うことが大事になります。

手順②擦り傷の部分をコンパウンドで磨いていく

Photo by Sicnag

車にできた擦り傷の全体をペーストタイプの研磨剤である「コンパウンド」を使っで磨いていきます。特に、車のバンパーの部分にできる擦り傷は、こすれたようになり、塗装する部分にバリのようなものが発生します。このバリをコンパウンドを使っで取り除いていきます。その作業では、目の粗いスポンジを使うようにしましょう。

手順③細目のコンパウンドで仕上げる

Photo by jaimekop

車にできた擦り傷のバリのようなものを取り除くことができたら、次に、細目程度のスポンジにコンパウンドをつけて塗装する面が、平らになるように仕上げていきます。この作業は、車についた小さな擦り傷が目立たなくするためにします。そのため、擦り傷以外の箇所を削らないように注意をする必要があります。

また、コンパウンドを使っで磨く時には、擦り傷に、コンパウンドを均等につけることと、コンパウンドの量が大事になります。

仕上げは液体コンパウンドで磨く

Photo by Dennis S. Hurd

次へ

関連するまとめ

人気の記事