根に持つタイプの人の性格や心理とは?対処法と改善策を徹底解説!

根に持つタイプの人の性格や心理とは?対処法と改善策を徹底解説!

あなたの周囲に根に持つタイプの人はいますか?根に持つタイプの人の心理や性格を知れば、対処法も見えてきます。根に持つタイプの人の行動の意味を知り、うまく付き合っていきましょう。さらに「根に持つ」を英語で何と表現するかも紹介します。

記事の目次

  1. 1.「根に持つ」の意味
  2. 2.根に持つタイプの人の性格
  3. 3.根に持つタイプの人の心理
  4. 4.根に持つタイプの人の長所
  5. 5.根に持つタイプの人の短所
  6. 6.根に持つタイプの人への対処法
  7. 7.あなたが根に持つタイプの人だったら
  8. 8.「根に持つ」の英語表現
  9. 9.根に持つ人には適切な対処法で関わろう!

「根に持つ」の意味

Photo byComfreak

俗に「根に持つ」といった言葉が使われます。あなたは「あなたって根に持つタイプだね」と言われた経験はありませんか?もしあるとしたら、あまり愉快な気持ちにならなかったのではないでしょうか?

それでは「根に持つ」とはどういった意味なのでしょうか?1つのことをずっと覚えていたら「根に持つ人」という意味になってしまうのでしょうか?

いつまでも恨んで忘れないこと

Photo by4311868

「根に持つ」とは、ただ単に1つのことを忘れないでいる意味ではありません。「根に持つ」の意味は「いつまでも恨みに思いながら忘れないでいる状態」です。

10年前の悔しさをいつまでも覚えていたり、過去の相手の失言を忘れないでいる、といった場合に使用されます。「根に持つ」はずっと思われて、恨まれているという意味です。

「根に持つ人」は怖がられたり、「根に持たれた人」は恐怖を感じたり、あまりいい意味に使われないのではないでしょうか?

根に持つタイプの人の性格

Photo bypixel2013

「根に持つ」の意味がわかったところで、あなたの身近に、根に持つタイプの人はいるでしょうか?あるいは、あなた自身が根に持つタイプだったりしないでしょうか?たとえば失恋をして、いつまでも忘れられない場合があるのではないでしょうか?

昔の恋をいつまでも引きずる人は、「根に持つタイプ」と言えるでしょう。それでは根に持つ性格というのは、どういったものなのでしょうか?

神経質

Photo bywhoismargot

まず、根に持つタイプの性格の1つ目は、神経質だということが挙げられます。神経質な性格だと言われる人は、根に持つタイプになりやすいと言えるでしょう。

すぐに忘れてしまうようなことや、他の人なら気にしないような問題も、神経質な性格の人は気にしてしまう傾向にあります。

このような人は、気にし過ぎて病気になってしまうぐらい深刻になってしまう場合もあります。神経質な性格の人は、よくある人間関係の悩みや他人の言動に気を病んでしまい、結果、根に持つタイプになっている可能性があるでしょう。

執念深い

Photo byComfreak

根に持つタイプの性格の2つ目は1つのことに執着しやすく、執念深いということが挙げられます。小さな1つのことをずっと覚えていたり、執念深い人だと言われた経験はありませんか?

執念深い人は、どうしても狭く考えがちで、全体を見ることができない傾向があります。さまざまな角度から物事を考えることができないタイプと言えるでしょう。次にまたやればいいと考えることがなかなかできず、落ち込んだりもするでしょう。

細かいことに固執して、いつまでも覚えている執念深い性格の人は、根に持つタイプだと言えるのではないでしょうか?

マイナス思考

Photo byMyriams-Fotos

根に持つタイプの性格の3つ目は、なんでもマイナス思考で考えてしまうことです。マイナス思考の性格の人は根に持つことが多い傾向があるでしょう。プラス思考の性格の人は、同じことをされても、あっけらかんとしていることが多いです。

しかしマイナス思考の性格の人は、いつまでも忘れることができないケースがあるようです。ずっと心に引っ掛かってしまい、ずっと考えてしまうことで、根に持ってしまう結果になるようです。

心が狭い

Photo byGraehawk

根に持つタイプの性格の4つ目は、心が狭いということでしょう。心が狭い性格の人は、職場でも学校でも家庭でも、さらにはあらゆる生活の場面でも、いらいらしがちなのではないでしょうか?

次へ

関連するまとめ

人気の記事