転職面接のスーツの選び方とは?男女別の服装マナーや注意点なども紹介!

転職面接のスーツの選び方とは?男女別の服装マナーや注意点なども紹介!

転職が当たり前の現在、転職面接で着用するスーツの選び方にも注意が必要になります。年齢、男、女、業種などによって選び方は変わってきますが、基本的なマナーは存在します。そんなスーツについて知っておくべき知識や、面接で着るべきスーツについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.転職面接のスーツの選び方
  2. 2.転職面接の服装マナー【男性編】
  3. 3.転職面接の服装マナー【女性編】
  4. 4.転職面接の服装に合わせるカバンは
  5. 5.転職面接の服装の注意点
  6. 6.転職面接の際に服装の指定がない場合
  7. 7.転職面接の服装はビジネスシーンにふさわしいか意識して選ぶ

転職面接のスーツの選び方

Photo byfudowakira0

あなたが転職する際には、当然ですが転職面接があるでしょう。応募する企業の業種によっては、必ずしもスーツを着用する必要がないこともあります。しかし、そのような場合でも、スーツを着用しておけば間違いはありません。そんなスーツにも、選び方やマナーがあります。スーツの選び方を少し変えるだけで、相手に与える印象は大きく変化します。

相手にいい印象を与えることで、転職面接の合格率をUPさせる。今回はそんな男女別のスーツの選び方とそのマナーについてお伝えします。

清潔感を大事に選ぶ

相手に好印象を与えるのに重要なのは、清潔感です。全体の印象が派手になり過ぎないように、また暗くなり過ぎないようにすることを心がけましょう。ブラックスーツで全身黒ずくめにしてしまうと、年輩の方には「冠婚葬祭」用のスーツしか持っていないのか、場をわきまえていないのか、と余計な不安を与えてしまうことになるので注意が必要です。

逆に、赤や青などの派手な色のスーツでまとめると「仕事をする服装ではない」などといった批判を受けることにもなりかねません。何度も出てきますが、紺、グレー、ネイビーの3系統は男女ともにビジネスでは最も使用しやすいスーツの色となります。

体のサイズに合ったものを選ぶ

Photo byTPHeinz

男女にかかわらず、サイズの合っていないスーツは印象が良くありません。窮屈そうにしていると、猫背で卑屈な印象になります。逆にオーバーサイズでは、貧相な印象になります。ぜひとも作り直すか、リフォームすることをおすすめします。しかし、痩せてしまった場合にはリフォームできますが、太ってしまった場合にはスーツを作り直すしかありません。

今どきの量販店では、安価で良質のスーツを手に入れることができますので、無理してサイズの合わないスーツを着ないようにしましょう。「この転職面接にどれだけ注力しているか」というのも面接官の評価ポイントのひとつです。

社会人としての常識で選ぶ

Photo byjohnhain

スーツをあまり着用する機会のない業界、アパレルや私服勤務となる一部の業界においては実際に勤務する際の服装を見たいということで、私服での面接を指定されることもあります。そんな場合には、男性でも女性でも「パンツ」に「ジャケット」のスタイルをおすすめします。

シンプルなパンツ、襟のあるシャツ、そしてジャケットという服装が一番問題ない恰好と言えます。ジーンズや柄シャツ、派手なアクセサリーなどはやめておいた方が無難でしょう。靴も運動靴や、ヒールの高い靴ではなく、ローファーやローヒールが無難でしょう。

転職面接の服装マナー【男性編】

Photo by brownpau

ここからは男女で異なるスーツの選び方や、転職面接時における服装のマナーなどについて、より詳細に述べていきます。もし自分で選ぶのが面倒だったり、自信がないのであれば、男性用スーツの扱いがある紳士服店に行き「ビジネススーツ」もしくは「面接用スーツ」とスタッフに伝えて選んでもらいましょう。

転職面接においては、男性のアクセサリーは結婚指輪以外は外すのが基本となります。時計も、派手なものは避けてシンプルなものを選ぶようにしましょう。女性に対してということになりますが、大きいもの、揺れるものは避けた方がよいとされています。

Photo byFree-Photos

それ以外にも、ベルトや靴下、眼鏡といった小物類もあります。そういったアイテムについてはスーツの色や柄に合わせて選ぶものです。しかし、転職面接においては、なるべく派手なもの、カジュアルなものについては避けた方がよいでしょう。バランスが悪いと、ちぐはぐな印象を与えてしまう可能性があります。

男性のスーツの色

まずはスーツの色の選び方です。基本となる色は紺系、ネイビー系、グレー系とされています。同じネイビーやグレー系でも明るすぎる色合いでは、派手な印象を与える可能性があるためおすすめしません。また、ネイビーやグレーでも「リクルートスーツ」みたいなスーツでは、「新人」、「頼りない」といった印象を与えてしまう可能性があります。

ネイビーやグレー系のスーツを選ぶのであれば、ストライプや柄の入ったものがよいでしょう。また、黒の無地でまとめると、年輩の面接担当者には「冠婚葬祭」のイメージとなる可能性があります。黒を選ぶ場合には、ストライプや柄が入ったスーツにしましょう。

男性のスーツの柄

Photo by Kent Wang

次にスーツの柄の選び方ですが、基本は無地が望ましいとされています。ストライプを選ぶ場合には、太くて目立つストライプではなく、薄めで細いストライプであれば問題なしとされています。ダークスーツでは暗い印象になるので、あえて明るいストライプが入ったスーツを勧めるコーディネーターなどもいます。

暗めの生地には明るいストライプ、明るめの生地には暗めのストライプがおすすめです。柄や模様も、スーツ全体のバランスを見て派手なものでなければ特に問題ありません。

男性のスーツのボタンの数

Photo bySplitShire

スーツのボタンの選び方の基本は、シングルの2つボタンです。最近では、3つボタンでも問題なしとされています。ただし、転職面接においてはダブルは避けた方が無難とされています。本人にはそのつもりがなくても、面接官から「偉そうに見える」「この会社では新人となるのに貫禄がありすぎる」などといった評価がくだされる場合があるからです。

袖のボタンも、通常は3個ですが、重ね付けで4個にすることがあります。また、飾りボタンや色ボタンなど様々なおしゃれ要素があるのですが、転職面接の際には、シンプルな3個ボタンが最もよいとされています。

男性スーツのネクタイの色・柄

ネクタイの選び方は、スーツとシャツとの色とのバランスになります。それでも、派手になりがちな赤やピンク、黄色などの色は避けた方がよいでしょう。柄については、無地を基本に選びますが、「ストライプ」「小紋」などの大人しい模様で、スーツとシャツとの相性がよければ自分のセンスをPRすることができるでしょう。

キャラクターや動物などの模様は、話題作りにはなるかもしれませんが、遊びの要素が強くなり過ぎてマイナスとなる場合もあるので注意が必要です。

男性のシャツのカラー

基本の選び方は白色の無地となります。「織り」や「柄」が入ったものや、ボタンに色がついていたり襟が高かったりするデザイン性の高いシャツは、派手な印象になるので避けるのがマナーです。「ボタンダウンシャツ」はカジュアルシャツなので、公式な場での着用は望ましくないとされていますので避けましょう。

最近では、薄いブルー、ピンク、グリーンなどの清潔感のある色であれば、カラーシャツでも問題なしとされています。そのようなカラーシャツでも、襟や袖が切り替えになっていたりするファッション性の高いものなどは、避けた方がよいでしょう。

Photo byjarmoluk

面接というよりは、スーツを着用する上での基本的なマナーとして、シワやヨレのないアイロンのかかっているシャツを着用しましょう。ノンアイロンシャツであっても、面接の際には念のためにアイロンをかけることをおすすめします。シミや汚れのあるシャツなどは問題外です。

男性の靴のマナー

靴の選び方は、スーツと同系色のレザーの紐靴が基本とされています。ローファーやブーツタイプの紐のない靴やスウェードやヌバックなどの裏革の靴では、面接官にカジュアルな印象を与えてしまう可能性があるので避けた方がよいでしょう。また、スーツと靴の色が合っていないと、ちぐはぐな印象となりますので気をつけましょう。

ビジネスシューズと言われる靴であれば、紐靴でなくてもよいとされていますが、紐靴であれば安心です。革靴においては、装飾の少ない「ストレートチップ」が最もフォーマルとされています。「冠婚葬祭」に着用できるのは、この黒の「ストレートチップ」のみです。

Photo bynoskill1343

装飾のある「ウイングチップ」や「Uチップ」などは、ビジネスには使用できますが、「冠婚葬祭」などのフォーマルの場では使用できません。現在では、めでたい席においてはうるさくありませんが、不祝儀においてはうるさい方もいらっしゃることもあるので注意してください。

転職面接の服装マナー【女性編】

Photo by Nogwater

女性の場合、スーツは必須ではありません。しかし、スーツの方が好ましいことは男性と変わりません。スーツでなくても、ジャケットの着用は必須となります。男性よりも女性の方がファッションの自由度は高くなりますが、基本は清潔感のある恰好です。短いスカートや太いパンツなどはカジュアルな印象になるので避けた方がよいでしょう。

女性のスーツの色

Photo by SupportPDX

女性のスーツの色の選び方は、ネイビー系、グレー系などのダークなものがおすすめです。また、キャメル、ベージュ系の落ち着いた色合いなものでもよいでしょう。「柄」や「織り」も、派手な雰囲気ではないものであれば問題ないでしょう。女性の場合、スーツのジャケットは、「テーラード」以外にも「ノーカラー」や「スタンドカラー」などがあります。

どんな形のジャケットでも、ジャケットスタイルであれば形は問わないというのが女性の場合には一般的です。あまりにも変形なジャケットやスーツでなければ、転職面接時に着用しても問題ありません。

パンツかスカートか

Photo by Rikky_Satin

ジャケットの下に合わせるのはスカートでもパンツでも問題ありませんが、トレンド性の高い「ミニスカート」や「ロングスカート」、「スキニーパンツ」や「ワイドパンツ」などは軽薄に見られるため、好ましくありません。また、身体のラインを強調するような服装も避けた方がよいでしょう。

パンツスーツは行動的な印象を与えるので、営業職や接客などの外勤系の職。スカートスーツは優しい印象を与えるので、秘書や事務職などの内勤系の職に適していると言われています。

Photo byxusenru

転職面接を受ける職種や企業によって、スーツに合わせるパンツやスカートの選び方を変えることも、合格率の向上に繋がる可能性も十分にありえます。現在では、女性用「ジャケット」+「パンツ」+「スカート」のセットなども販売されていますので、ケースによって「パンツ」と「スカート」を上手に使い分けましょう。

女性のスーツのインナー

Photo by starathena

女性におけるスーツのインナーの選び方は、「シャツ」「ブラウス」「カットソー」のいずれでも問題ありません。ただし色は、白を基本として淡いパステルカラーなどの、顔が明るく見える色がおすすめです。「シャツ」や「ブラウス」は第1ボタンを外して着る際に、胸元が開き過ぎないように注意してください。

スーツに合わせるので「シャツ」が基本となります。「ブラウス」は装飾の少ないシンプルなものが、ジャケットには合わせやすいでしょう。「カットソー」は、ある程度の厚みと張りがあるものでないと、ジャケットの下でしわくちゃになりやすいので注意してください。

女性のアクセサリー・ネイルのマナー

不必要なアクセサリーは身に着けない方が無難です。企業によって許容範囲が異なるからです。身に着けるにしても、ボリュームのある物や揺れる物は避けた方がよいでしょう。ネックレスやリング、ピアス、バングルやイヤリングなどはシンプルなデザインなものを選びましょう。時計も同様に、華美なものは避けた方がよいでしょう。

また、長く伸ばした爪やネイルアートはおすすめしません。PC操作の邪魔になりますので、面接官に「仕事をする気がない」という判断をされてしまいますし、派手で軽薄な印象を与えてしまいます。

女性の靴のマナー

Photo byuwekern

スーツとのバランスを考えて、適切な高さのヒールを選んでください。一般的には、5~7cmのものがビジネスに適しているとされています。また、素足はマナー違反とされているので、夏でもストッキングを履くようにしてください。タイツはカジュアルなものなので、面接の場ではマナー違反です。

ミュールやサンダルなどの皮膚の露出部分の多い靴は、ビジネスには不適です。暑くても、ストッキングを履きパンプスを合わせるようにしてください。

転職面接の服装に合わせるカバンは

Photo byMy_Graphic_Tablets

面接時にカバンを持っていく必要はあるのでしょうか。場合によっては、転職面接に持っていく書類があったり、逆に必要な書類を受け取ったりすることがもあるかもしれません。なので、カバンはあった方が望ましいと考えられます。男性は、スーツに合わせるバッグを持っていることが多いので問題ないでしょう。

Photo byjumpinjake

女性は持ち物が多いので、小さなバッグを2つ持ち歩いている方もいるかもしれません。しかし、面接時においては1つが望ましいとされています。「会社内で私物を大量に持ち歩いて欲しくない」という意味合いと、「2つのバッグのうち、会社の書類の入った方を置き忘れる危険性がある」という防犯上の意味合いがあります。

もしどうしても2つバッグを持ちたいのであれば、小さい方のバッグは大きい方のバッグにすっぽりと入るようなサイズ感のものにしましょう。そうすれば問題ありません。

Photo by xubangwen

現在では「ビジネスリュック」なるものも存在していますが、基本的にリュックサックはカジュアルなものという扱いとなります。肩掛けタイプでも問題ありませんが、万全を期すのであれば肩掛け部分は面接前には外しておくのがよいでしょう。やはり基本は、手持ちカバンになります。

最低A4サイズのビジネスバッグがおすすめ

Photo by Koyono

カバンのサイズは、A4の書類を折らずに入る物が基本とされています。色は、黒、ベージュ、紺、茶色などの落ち着いた色であれば何色でも大丈夫です。白や薄い色は、汚れが目立つので面接にはあまり向きません。素材は、革でもナイロンでも問題ありません。しかし、大きすぎるカバンは、面接用としては相応しくありません。

「何か面接に必要のない物を持ち込んでいるのではないか」、「他に用があり、ついでに面接を受けに来たのではないか」と面接官に余計な気を遣わせることになってしまうからです。

Photo by Mobile Edge Laptop Cases

最後の条件としては、カバンが自立することです。ビジネスにおいては、カバンは自分の横に立てて置きますので、自立しないとビジネスバッグとは言えません。まとめると、スーツに合う色合いで、大き過ぎない、自立するカバンがよいでしょう。女性用カバンであっても同様となります。

転職面接の服装の注意点

Photo bygeralt

面接においては、その人の人柄を評価することを目的とします。特に転職面接となると即戦力が求められますので、仕事を任せるに足る人物かどうかを服装からも判断することになります。なので、注意するべきは「サイズ」「清潔感」「TPOに合わせた格好」そして「全体のバランス」となります。

「スーツ」の「サイズ」は適切なものを選びましょう。小さいサイズでは窮屈そうに見えますし、大きなサイズではだらしなく見えます。「清潔感」は、スーツやシャツにしわ、汚れ、型崩れ、匂いなどがないことです。

さらに「TPOに合わせた格好」です。TPOは、Time(時)、 Place(場所)、 Occation (場合)の頭文字を取ったものです。面接というTPOに相応しい服装ができるかどうかが評価されます。そして最終的には、その全てのバランスが取れているかどうかということになります。

黒系のスーツでまとめているのに、靴だけが茶色である。服装はきちんとしているのに、髪の毛がボサボサである。こういった事例は、「バランスを欠く」例となります。

夏場のマナーと注意点

Photo by Luci Correia

夏場の面接であっても、男性であれば「ネクタイ」を締める、女性であれば「ストッキング」を履くことが一般的です。いくらジャケットを着用するからといっても、半そでシャツの着用は面接官から見ても分かってしまうのでおすすめしません。マナーとして、ハンカチを持っていくことをおすすめします。

冬場のマナーと注意点

Photo by ell brown

スーツの下には、なるべく重ね着をしないようにしましょう。保温するのであれば、着脱の簡易な機能性インナーなどを活用して、面接先企業に付いたら簡単に脱げるようなタイプのものがよいでしょう。ダウンジャケットやアウトドアコートはカジュアルウェアです。避けてください。

同様にブーツもカジュアルアイテムとなります。きちんとしたビジネスシューズで転職面接に臨むようにしてください。

転職面接の際に服装の指定がない場合

Photo by OnTask

企業によっては、面接時の服装に指定がなかったり、逆に「スーツ以外」といった指定をされることもあります。現代ではカジュアル化が進んできているため、客先訪問時の恰好ではなく、自社で勤務する際の恰好としての「私服」を評価したいと考える企業は増えています。そんな時にはどのように対応するのがよいのでしょう。

指定がないならスーツが安心

「スーツ」の着用が禁止されていないのであれば、「スーツ」を着ていくのが一番安心安全です。次点は、「ジャケット+パンツ」のスタイルです。「スーツ」の上下でノーネクタイや、「スーツ」のジャケットだけ、もしくはパンツだけのスタイルはバランスが悪くセンスを問われるので避けましょう。

着用するべきではないのは、デニム、スウェット、パーカー、Tシャツ、短パンなどのカジュアルウェア類です。そして、ファッション性の高い帽子やアクセサリーなどのアイテムです。

Photo by mikecohen1872

「ジャケット+パンツ」スタイル以外を着用することはおすすめしません。しかし、夏場であれば、ジャケットなしであったり、ポロシャツだったりすることもあるかもしれません。そんな時でも、上述のとおり、「サイズ」「清潔感」「TPO」「全体のバランス」がとれているのを確認してください。

スーツ以外ならオフィスカジュアル

Photo byFree-Photos

男性では、「襟のあるシャツ」と「センタープレスの折り目のあるパンツ」、そして夏以外には「ジャケット」というのが基本となります。女性はとても難しいのですが、「露出しすぎない、身体のラインが出過ぎない服」「きちんとしたイメージがあり、だらしないイメージにならない服」となります。

Photo byStartupStockPhotos

ひと昔前は「ビジネスカジュアル」と呼んでいましたが、現在では「オフィスカジュアル」と呼ぶ方が主流のようです。明確な定義はありませんが、まとめると「社内で認められた仕事着」となります。ですから、各企業によって基準が異なります。金融や士業などの固い業種はきっちりと、アパレルや出版などのセンスを問われる業種はゆるめとなります。

基本は、清潔感があり、相手を不快にしない、性的PRが過ぎない服装ということになります。面接を受けに行く際には、受ける企業の業種によっても服装を変える必要があるでしょう。

転職面接の服装はビジネスシーンにふさわしいか意識して選ぶ

Photo by889520

転職活動において、経歴や人物以外の評価ポイントである「服装」でマイナス評価をされるというのは非常にもったいない事です。そこで損をしないために気を付けるべきことは、面接官が不快にならない、好感を持つであろう服装を選ぶということです。営業などの外勤職の方であれば、お客様のところへ訪問するのと同様の気遣いをすればよいのです。

内勤の方であれば、外部の方と接した際に自分が不快だったことは決してしないことです。転職活動において、自己PRは大切なポイントです。しかし、面接は「自分の好きな服装」をして目立つことよりも、内面をPRするべき場所であることを理解しておきましょう。

kazukdis
ライター

kazukdis

よろしくお願いします

関連するまとめ

人気の記事

記事はありません。