昇給なしの正社員は転職すべき?給与を上げる方法やメリットはあるのか調査!

昇給なしの正社員は転職すべき?給与を上げる方法やメリットはあるのか調査!

昇給なしの正社員の場合転職はすべきなのでしょうか。今回は、昇給なしの正社員が給与を上げる方法や昇給なしの正社員であるメリットについて詳しくご紹介していきます。昇給なしの正社員の方でどうしたらいいのか迷っている方は必見です。

記事の目次

  1. 1.昇給なしは違法性を最優先に確認しよう!
  2. 2.昇給なし・賞与なしの企業の違法性
  3. 3.昇給制度は2種類
  4. 4.正社員で昇給なしは転職がおすすめ
  5. 5.会社を辞める理由ランキング
  6. 6.昇給なしの意外なメリット
  7. 7.昇給なしでも給与を上げる方法
  8. 8.昇給なしでも意外なメリットもある!

昇給なしは違法性を最優先に確認しよう!

Photo bysucco

昇給なしとなるといくら正社員として働いていたとしても将来不安が付きまとうことでしょう。今回は、昇給なしの正社員は会社を辞めて転職をするべきなのかについて徹底的に調査してきました。昇給なしの正社員であってもメリットはあります。

また、賞与なしの会社は何か違法性はあるのでしょうか。詳しく解説していくので昇給なしの正社員の方で不安な方はよく読んでみましょう。それでは、昇給なしは違法性があるのかについてご説明していきましょう。

昇給なしかは就業規則を確認

Photo byCQF-avocat

昇給なしは違法性を最優先に確認しよう!「昇給なしかは就業規則を確認」です。昇給なしの会社には違法性があるのかについてご説明していきます。本来、昇給をしなければいけないという法律は存在しません。会社で労働者が10人以上いる場合、就業規則を作り、その就業規則に昇給に関する事項を記載する必要があります。

Photo bymarkusspiske

ですので、昇給なしかどうか会社の就業規則を確認すれば違法性があるのかどうか調べることができるようになっています。正社員で昇給なしの場合、不安に思うのであればすぐに就業規則を確認しましょう。

就業規則には、賞与のことや昇給についても詳しく記載してあります。他のことでももちろん知りたいことがある場合は、確認しておくことが大切です。

昇給なし・賞与なしの企業の違法性

Photo bydanymena88

昇給なし・賞与なしの企業の違法性についてご説明します。昇給なし・賞与なしの企業の違法性について労働基準法上の規定はないということになっています。よって、会社が昇給なし・賞与なしと就業規則に定めている場合は、会社に何も問題はないということになります。昇給や賞与は必ず出さなければいけないものではないということです。

労働基準法上の規定はない

Photo bysucco

昇給なし・賞与なしの企業の違法性「労働基準法上の規定はない」です。賞与の支給のありかなしか、賞与の金額の設定についても会社で独自に決めていいことになっています。そのため、会社によって賞与が増えたり、減ったりすることができることになっているのです。

よって、昇給なし・賞与なしの企業の違法性「労働基準法上の規定はない」です。会社によっては、企業の利益が落ち込んで賞与が出せない場合もあります。

昇給制度は2種類

Photo byMaklay62

昇給制度には2種類の制度があります。①定期昇給「1年に1回昇給がある」②臨時昇給「昇給に値する従業員のみ昇給する」です。それぞれの制度について詳しく解説していきます。昇給なしの正社員の方で転職を考えている方は、この2種類の昇給制度について理解しておきましょう。

自分の勤めている会社がどちらの昇給制度を取り入れているのか就業規則を確認することができます。それでは、2種類の昇給制度のうち「定期昇給」についてご説明していきましょう。

①定期昇給

Photo byrawpixel

昇給制度は2種類①定期昇給です。定期昇給とは、1年に1度昇給する制度のことを言います。一般的な会社では4月に昇給する会社がたいていの昇給のタイミングになっています。定期昇給であっても昇給しない場合もあります。定期昇給だからといって必ず昇給されるわけではありません。これも就業規則をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

1年に1回昇給がある

Photo bykaboompics

昇給制度は2種類①定期昇給(1年に1回昇給がある)です。定期昇給は1年に1回昇給することを言いますが、必ず昇給するという決まりはありません。就業規則を確認してみると「原則として4月に給与改定を行うことがある」といった書き方をしている場合もあります。

そうなると定期昇給であっても昇給なしの場合もあります。そこはしっかりと就業規則を確認しておく必要があるでしょう。

②臨時昇給

Photo byklimkin

次へ

関連するまとめ

人気の記事