最終学歴の定義や書き方を解説!履歴書に書くときの注意点やポイントも!

最終学歴の定義や書き方を解説!履歴書に書くときの注意点やポイントも!

今回の記事では、実は間違えられていることの多い最終学歴の定義や書き方についてお伝えします。あまり知られていない、履歴書に書くときの最終学歴の書き方や意味、注意点、ポイントについて複数のケースの具体例を交えながら詳しく解説をしていきます。

記事の目次

  1. 1.最終学歴の定義
  2. 2.最終学歴の意味
  3. 3.履歴書の最終学歴の書き方ポイント
  4. 4.最終学歴の書き方例
  5. 5.最終学歴の証明書の提示も?
  6. 6.最終学歴の書き方の注意点
  7. 7.大学院に行って自分の学歴を上げる
  8. 8.最終学歴の書き方は最高位の教育水準で書く

最終学歴の定義

Photo bygeralt

よく就職活動や転職活動などで「最終学歴」を書くことがあるかと思われますが、実は最終学歴の意味や定義はあまり正確に理解されていないことも多々あります。

また、そもそも履歴書などを書く機会はそれほど多くないという人が大多数であるため、その書き方やポイント、注意点などはそもそも知らないケースもあります。

そこでこの記事では、最終学歴のそもそもの意味や実際の履歴書上での定義、さらに最終学歴の履歴書への書き方やポイント、その他書類作成時の注意点などを具体例を交えながら説明していきます。

最終学歴を間違えている人が多い!

Photo bymohamed_hassan

実は、「最終学歴」の定義や書き方を間違えているという人は案外多いです。最終学歴は就職活動や転職活動などにおいて応募資格にも関わってくる重要なものなのですが、その意味を知らないが上に書類審査ではじかれるということも決して少なくはありません。

特に現代は「リカレント教育」に代表されるような学び直しが流行していることもあり、普通の4年制の大学を卒業した後に専門学校に通ったりその逆に専門学校を卒業した後に4年制大学を卒業するといった事例も見受けられます。

そのように、少し複雑な学歴をもっているという人の場合は特に履歴書の最終学歴の書き方においては注意点となるポイントが多くあるため、その意味や定義を知ったうえで就職・転職活動を進めなくてはいけないのです。

最終学歴の意味

Photo byFree-Photos

まず「最終学歴」と聞くと多くの人は「最後に卒業した学校のこと」をイメージされることが多いです。これはシンプルな考え方で、実際にそれがそのまま当てはまってしまうケースも少なくはないのですが厳密には最終学歴の定義はそれとは異なります。

ここに関しては履歴書における書き方にも関わってくる部分であるため、最終学歴の定義や意味については厳密なものを知っておいた上で就職・転職活動などをすることを強くおすすめします。

最も高い教育機関の卒業

Photo byFree-Photos

ここが重要なポイントになるのですが、最終学歴は「最後に卒業した学校」ではなく「自分が卒業した内で最も程度の高い教育機関のこと」というのが定義そのままの意味です。つまり、最終学歴を記入する欄にただ単に一番最近に卒業した教育機関を記入するのは正しい書き方ではありません。

したがって、例えば先ほど例として挙げたような、「4年制の大学を卒業した後に専門学校を卒業」した場合は最終学歴は専門学校ではなく4年制の大学の方になります。

学歴の程度の高さの順番

Photo byFoundry

先ほどの定義の中でも出てきた、教育機関の程度の高さは低い順に①小学校、②中学校、③高等学校、④専門学校、⑤大学、⑥大学院、の順番になります。

一般には①から④、⑤まではその順番に卒業することが多いので最終学歴に関してはおおむね順番的に最後のものがそのまま定義通りになることも多いのですが、ただ学び直しなどでその順番が逆転した場合は最終学歴の厳密な意味とは異なる場合もあります。

履歴書の最終学歴の書き方ポイント

Photo bygeralt

それではここからは履歴書などへの最終学歴の書き方のポイント、注意点について詳しくお伝えしていきます。

最終学歴の定義や意味については先ほどもお伝えしたように「自身が卒業した中で最も程度の高い教育機関」で間違いなのですが、履歴書などへの書き方に関してはそれ以外にも注意しなくてはいけません。特に、現役の学生が初めて就職活動をする際には注意点が3つあります。

具体的な書き方のポイントとしては、①高校卒業から記入する、②在学中は卒業見込み、③在学中はアルバイトのみ、といった3つの注意点が挙げられます。

書き方①高校卒業から記入

Photo bygreymatters

まず履歴書の書き方の部分で最初に悩む人が多いのは「どの段階の学歴から記入すればいいのか」というポイントです。一般的に、就職活動などで使用する履歴書は高校卒業から記入するのが基本です。ただし、地方の中小企業などの場合は小中学校から記入しておくことで話が弾むこともあります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事