「生かす」と「活かす」の違いや使い方を解説!就活や履歴書での使い分けも!

「生かす」と「活かす」の違いや使い方を解説!就活や履歴書での使い分けも!

「生かす」と「活かす」の違いや使い方を正確にご存知でしょうか。今回は「生かす」と「活かす」について就活の履歴書での使用法や2通りの例文を交えてご紹介していきます。正しい使い分けを知ることは、教養ある文章作成に役立つので、参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.「生かす」と「活かす」の違いとは
  2. 2.「生かす」と「活かす」の使い方
  3. 3.履歴書では「生かす」「活かす」どっち?
  4. 4.「生かす」を使うのが無難な場合
  5. 5.「生かす」と「活かす」の例文
  6. 6.「生かす」「活かす」が使われた名言・格言
  7. 7.「生かす」と「活かす」は正しい使い方をしよう!

「生かす」と「活かす」の違いとは

Photo bymohamed_hassan

同じ「いかす」と読むものの、「生かす」と「活かす」とでは違いがあります。違いや正しい使い方を知っておくと、非常に役に立ちます。例えば就活で履歴書に、自己アピールとして趣味や特技、社会経験や資格を書く際も、適切な言葉選びができるようになります。

例えば、正しいのは「業務に生かしていきたいと思います」なのか、「業務に活かしていきたいと思います」なのかがわかるようになります。同音異義語(どうおんいぎご)の使い分けができることは、人生を豊かにすることにも繋がります。

日本のように、漢字・ひらがな・カタカナと、複数の表記を使い分ける文化を持つ国はあまりありません。漢字は中国から流入してきたものですが、日本人の様々な「物事の捉え方・バリエーション」から、中国から伝わってきた以上の使い分けがされるようになりました。それではさっそく「生かす」と「活かす」の違いについて詳しくご紹介します。

常用漢字かどうかの違い

Photo by torisan3500

大きな違いは、「常用漢字かどうかの違い」です。常用漢字とは、一般的な社会生活での漢字使用時の目安として定められた漢字のことです。公の文書や多くの人の目に触れる文章を作成する際には、この「常用漢字」を選択することが良しとされています。ではさっそく「生かす」と「活かす」が常用漢字と照らし合わせてどうなっているか確認します。

「活かす」は、常用漢字ではないため、決まったシチュエーションのみで利用可能です。「生かす」は、常用漢字であるため、どんな場面でも代用も可能です。

Photo bygeralt

文化庁が監修している「常用漢字表」でも、「生かす」は記載がありますが、「活かす」は記載も使用例も挙げられていないことがわかりました。

常用漢字は「迷ったらそちらを使えば間違いない」という指標になりますので、「いかす」という言葉を感じに直す際は、「生かす」の方が当たり障りのないチョイスになります。

意味は殆ど同じ

Photo byClker-Free-Vector-Images

同音異義語とは言いましたが、「生かす」と「活かす」の意味はほとんど同じです。どちらも「効果的に活用する」ということを表現しています。ほとんど、と表現したのには、「生かす」と「活かす」を使い分けるポイントが若干異なるためです。

「生かす」は生きる・生命の「生」の字を使っていることからも分かるように、命など生命を保たせることを意味する際に使います。一方で「活かす」は、命などを保つ、という意味では使いません。活動する・活用するの「活」の字を使用していることからもわかるように、命とはかかわりのない部分で使われます。

例えば経験や能力、才能や性質・特質、時間などに対して使われます。そのため、「せっかく授かった命を活かす」とは使えないようになっています。

「生かす」と「活かす」の使い方

Photo by3dman_eu

それではさっそく「生かす」と「活かす」の使い方について、より詳しく解説していきます。違いをはっきり理解し、使い方や使い分けを知ることで、日本人として・社会人としての教養の1つが身についたと自負することもできます。

「生かす」と「活かす」の使い分けは、日本の四季のように、独自の文化といっても過言ではありません。豊かな日本人の心・感覚を如実にあらわしている一例でもある「生かす」と「活かす」の使い分けについても、あなたも楽しみながら学んでいってみてください。

また、マスターすることで、「どちらを使えばいいんだろう?」と悩むこともなくなりますので、参考にしてみてください。

「生かす」は命に関するもの

Photo byJillWellington

前述したように、「生かす」は命に関わるものに対して使用されます。「生かす」反対の意味を持つ言葉が「殺す」であることからも、それは明らかです。命を保たせることを意味していることから、動物・植物・人間など、命を持つ対象が主語になる際に使われるようになっています。

Photo byROverhate

「~を生かせずに終わった」と逆に考えてみると、使い分けしやすくなります。「生かせずに終わった」と文章を終わらせた際に「生かす」と使いたいものごとの主語が「死んでしまう」「殺されてしまう」「生命活動を終えてしまう」なら「生かす」で正解です。「生命」に関わるものなのか「生かす」ことで生命を保つことにつながるのか?で判断しましょう。

「活かす」は活動や活用などの機能面に対して

Photo by Yuya Tamai

「活かす」は活動や活用などの機能面に対してのみ使われます。常用漢字ではありませんので、正しい使い方以外での使用は、誤りとなり、教養のなさや知識の薄さを露呈させる結果となってしまいますので注意しましょう。「活かす」はシチュエーションをよく検討し、使う時は慎重になるべきです。

次へ

関連するまとめ

人気の記事