証明写真の服装はこれがベスト!履歴書の印象が良くなる色・メイク・髪型も!

証明写真の服装はこれがベスト!履歴書の印象が良くなる色・メイク・髪型も!

証明写真は、履歴書の第一印象を決める大切な写真でもあります。証明写真では、服装や髪型・髪色・メイクなど様々な部分で判断されるため、マイナスなイメージになってしまう可能性もあります。今回は、証明写真の服装やメイク・髪型などについてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.証明写真の基本ルール
  2. 2.証明写真の目的
  3. 3.証明写真の髪型
  4. 4.証明写真の服装
  5. 5.証明写真のメイク
  6. 6.証明写真を撮る際のポイント
  7. 7.証明写真は服装・髪型に清潔感を出して撮影する!

証明写真の基本ルール

Photo byAileenweiFeng

証明写真は履歴書だけでなく、パスポートでも必要となります。パスポートの証明写真と同じように履歴書の証明写真を撮ってしまうと、履歴書を受け取った企業からはマイナスなイメージを付けられてしまう可能性があります。ここでは、証明写真の基本ルールについてご紹介していきます。

写真のサイズ

Photo bymohamed_hassan

証明写真は、様々な部分で使用されますが、使用する写真にも決まりがあります。証明写真のサイズは、基本的に縦が4cm、横が3cmと決められています。

証明写真の機械には、履歴書や免許証、パスポートなどと写真のサイズが分かりやすく表示されているものもあるので、自分が何に使用するのかによって選択するサイズも変わってきます。

履歴書やパスポートなどで証明写真を使用することが多いですが、サイズは決まっていても多少の大きさは問題ありません。しかし、履歴書の証明写真の場合は、あまり誤差がないようにしないと細かなところも気の遣えない人と思われてしまう可能性があるので、決まったサイズにするようにしましょう。

撮影された日時

Photo byFree-Photos

履歴書に使える写真は撮影から3ヶ月以内のものと決められています。写真だから3ヶ月以上の物でもバレないと思っている人も多いようですが、髪型の変化や体重などの変化で写真と違うと思われてしまうこともあります。そのため、必ず3ヶ月以内の写真を使用するようにしましょう。

無帽・カメラ目線

Photo byTeroVesalainen

就活をする時には、履歴書が必要となります。履歴書には、必ず証明写真が必要となります。

証明写真を撮る際には、就活に必要な履歴書の写真だけでなく、パスポートの写真を撮る時にも帽子やサングラスを付けて撮影してはいけません。証明写真というだけあって本人と分かる写真にしなければいけません。さらに、証明写真を撮る際には必ずカメラ目線にするようにしましょう。

裏には氏名を記入

Photo byjarmoluk

就活などの履歴書に使用する証明写真の場合は、履歴書に写真を貼り付けてしまうので名前は書く必要ないと思っている人も多いようですが、念のために裏に氏名を記入しておきましょう。万が一剥がれてしまった時に誰のか分からなくなってしまわない様に、氏名を記入するのが基本です。

証明写真の目的

Photo byAnemone123

証明写真はパスポートや履歴書などで必要となります。自分で撮影することもできますが、履歴書などの大事な場面で使うには、プロのカメラマンに撮ってもらうことをおすすめします。履歴書などで使用する証明書の場合には、メイクや服装など細かい部分も気を付けなければいけません。ここでは、証明写真の目的についてご紹介していきます。

自分の第一印象を決める

Photo byBessi

就活の際に、履歴書を先に提出する場合もあれば、面接に行ったときに持っていく場合もあります。先に履歴書を郵送しなければいけない場合には、履歴書で第一印象が決まります。

証明写真を見て、その場で落とされてしまう可能性もあるので、それだけ履歴書の証明写真は大切になります。どんなに履歴書に記載されている内容が良かったとしても、証明写真の服装や髪型やメイクなどで印象が悪いと判断されれば、面接でも印象が悪いままスタートとなってしまう可能性があります。

証明写真が必要なもの

Photo byTeroVesalainen

証明写真は、自分の顔をはっきりと写したものでなければいけません。履歴書で必要になる証明写真は、前髪などで顔が暗く見えてしまうと印象も暗い雰囲気になってしまい、マイナスのイメージを持たれてしまうので注意しなければいけません。ここでは、証明写真が必要なものは何かご紹介していきます。

履歴書

Photo bymohamed_hassan

次へ

関連するまとめ

人気の記事