「世渡り上手」の意味や特徴とは?上手な人になるにはどうしたらいいのか!

「世渡り上手」の意味や特徴とは?上手な人になるにはどうしたらいいのか!

あなたの周りにも「世渡り上手」な人は必ずいるはずです。「世渡り上手」な人の特徴は何でしょう。「世渡り上手」になるにはどうすればいいのでしょうか。今回は類義語なども含めて「世渡り上手」を取り上げます。就活でも活用できることがありますので、参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.「世渡り上手」の意味
  2. 2.「世渡り上手」の類義語
  3. 3.「世渡り上手」の使い方
  4. 4.世渡り上手な人の特徴
  5. 5.「世渡り上手」と「あざとい」の違い
  6. 6.世渡り上手な女性とは
  7. 7.世渡り上手な人の失敗談
  8. 8.世渡り上手な人の成功談
  9. 9.「世渡り上手」は就活で使える!
  10. 10.世渡り上手な人になるには
  11. 11.世渡り下手な人とは
  12. 12.「世渡り上手」は良好な人間関係を築ける

「世渡り上手」の意味

Photo bynastya_gepp

「世渡り上手」とはどのような意味をさすのでしょうか。本当のところはわかりませんが、客観的に見て大変楽に生きているように見える人がいます。何事もあまり苦労せずスイスイとことが運んでいるように見え、トラブルになりそうな案件もなぜか無難にこなせてしまうのです。

「世渡り上手」という言葉は褒め言葉として使われる場合と、少しやっかみを含んだ言葉として使われる場合の両方があります。いずれにしても、ここで「世渡り上手」の意味を正しく押さえておきましょう。

①良好な人間関係を築く

Photo bysasint

「世渡り上手」の意味は「他者と争いごとをせず、良好な人間関係を築くことができる」ということです。確かに周りにはやたらと争いごとに巻き込まれる特徴を持っている人と、そうでない人がいます。

人は社会で生きていくためには人と関わっていかなくてはいけません。となると社会で上手に生きていく人になるには、人間関係を如何に築いていくかが大きなポイントになります。

「世渡り上手」になるのはこの人間関係を良好に保つことが重要です。社会人になったとき、既にこのような術を身につけている人もいます。一方では、様々なトラブルを経験して懸命な努力でそのような特徴のある術を身につける人もいます。

➁世間を渡る事が上手い

Photo byFree-Photos

「世間」とは元々仏教用語で「世界全体」を意味しますが、一般的には「社会」といい換えることができます。「世渡り上手」は「社会の中でうまくやっていく」というニュアンスですから、「世間を渡ることが上手い」ことを意味します。一方で、上手く社会と折り合いを付けられない特徴を持つ人のことを「世渡り下手」といいます。

「世渡り上手」の類義語

Photo byFotografieLink

次は「世渡り上手」の類義語です。「世渡り上手」はその人の性格をいい表す言葉としても、術を表す言葉としても使います。ある意味様々な状況で使える便利な言葉です。また、「世渡り上手」は「社会の中で自分に有利な状況を作り出す能力」として使われる場合と「一般的に世の中の事情に通じている」という使われ方をする場合があります。

「世渡り上手」の類義語には様々な表現があります。「自分に有利な状況を作り出す能力」という意味合いがある類義語としては「要領がよい」「ちゃっかりした」「立ち回りが上手い」などの言葉があります。

Photo bynastya_gepp

一方で、「世の中の事情に通じている」という意味合いの類義語としては「もの慣れた」「世慣れた」といった言葉があります。

「世辞に長けた」や「処世術に長けた」は両方の意味に使われる「世渡り上手」の類義語です。では、この「世辞に長けた」と「処世術に長けた」の二つを含めて幾つかの「世渡り上手」の類義語を個別に見てみましょう。

①世辞に長けた

Photo byRobinHiggins

「世辞に長けた」は「せじにたけた」と読みます。「世辞」は「お世辞」として使われることからわかるように、「他人に対する愛想のよい言葉」の意味ですが、「世辞に長けた」は単に「お世辞が上手い」だけでなく、「言葉によって世の中を上手く渡っていく」という意味を持っていますので、「世渡り上手」の類義語といえます。

同じ読みの「世事」という字が使われることもあります。この場合の「世事」は「世の中全般のこと」を意味しますので、「世渡り上手」の類義語としては「世辞に長けた」より「世事に長けた」の方がより広い意味で使えます。

➁処世術に長けた

Photo bystevepb

「処世術」は「しょせいじゅつ」と読みます。「処世術」の意味は「生きていく方法」「世渡りの方法」です。したがって「処世術に長けた」は「世渡りの方法が上手い」という意味になりますので、「世渡り上手」の類義語といえます。

ビジネスのハウツウ的な本で「世渡り上手」の類義語の「処世術」に関するものが数多く見られます。ビジネスマンにとって「処世術」は、仕事ができる・できないとは別の、ビジネス社会を上手く世渡りするための重要な術なのです。

要領がよい

Photo byLazare

「要領がよい」とは「処理の仕方が巧い」「手際がいい」といった意味です。「世渡り上手」に近い意味の類義語といえます。ビジネスシーンでは「仕事が早い」「仕事ができる」といった意味合いで使われることが多い「世渡り上手」の類義語です。まれに陰口として使われることもありますが、基本的に褒め言葉として使わる類義語です。

次へ

関連するまとめ

人気の記事