女の子の花の名前を一覧で紹介!季節ごとにおすすめの花言葉や誕生花をチェック!

女の子の花の名前を一覧で紹介!季節ごとにおすすめの花言葉や誕生花をチェック!

我が子に女の子が生まれたら命名の時は花の名前から取ってみようとか日本人らしく和名もいいし生まれた季節の花の名前や誕生花の花言葉や漢字なども調べたりして、親の楽しみでもある反面名付けの難しさにも直面します。そんな人の為に女の子の花の名前をご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.女の子の名前に花の名前を使おう!
  2. 2.女の子の花の名前【春】
  3. 3.女の子の花の名前【夏】
  4. 4.女の子の花の名前【秋】
  5. 5.女の子の花の名前【冬】
  6. 6.春の誕生花・女の子の名前【3月~5月】
  7. 7.夏の誕生花・女の子の名前【6月~8月】
  8. 8.秋の誕生花・女の子の名前【9月~11月】
  9. 9.冬の誕生花・女の子の名前【12月~1月】
  10. 10.女の子の花の名前【番外編】
  11. 11.女の子にかわいい花の名前を取り入れてみよう!

女の子の名前に花の名前を使おう!

女の子と花
Photo by Savannah Lewis

女の子の名前に花の名前を使うのは流行とは関係なく、昔からの命名では当然のように使われていました。映画やドラマにも花の名前の主人公や女優さんの芸名にも、昔から花の名前は自然に使われています。

花は華麗や可憐、清楚などの印象がありますので花の名前を使うと、その人のイメージにもなるでしょう。花の名前の漢字を一文字使って組み合わせたり、花の名前そのままでも名前の可愛い花はたくさんあります。可憐な清楚な女の子に育つように、女の子の名前に花の名前を付けてみましょう。

花の漢字のイメージが可愛い

女の子と花
Photo byThePixelman

花の漢字の中には、難しくてなかなか読めない漢字もあります。薔薇(バラ)躑躅(つつじ)など実際書けと言われても、直ぐに書けない人も多いでしょう。しかし花の漢字には可愛い漢字もあり、当て字とされる漢字もありますが、可愛い花の名前の漢字を女の子の名前に使うと、そのまま可愛いイメージが付きますので相応しいでしょう。

誕生花で生まれた季節を思い出す

女の子と花
Photo byAdinaVoicu

誕生花を名前に付けていると生まれた季節が思い出されるでしょう。本人は分らないでしょうが、親には鮮明に思い出す事が出来るかも知れません。例えば4月に生まれたなら、桜が綺麗だったとか、6月なら雨に濡れた紫陽花が綺麗だったなど、その時のシーンは蘇ります。名付けには誕生花から、漢字一文字を取っての組み合わせる方法もあります。

花言葉のように育ってほしい

女の子とウサギ
Photo bynastya_gepp

誕生花には花言葉というものがあります。一つの花に花言葉はいくつも存在したり、あまり良いイメージでない物も含まれますので、まず花言葉を調べる事から始めましょう。そして素敵な花言葉を見つけたら、その花言葉のように育ってほしいという願いを込めて、花言葉の中から名前に相応しい言葉や漢字を見つけて、女の子に名付けてみましょう。

和名の花が日本らしい

女の子と花
Photo bythinhvuongvn8088

女の子の名前に和名の花から付けると、日本人らしいと最近は注目されています。和名の花というのは、海外から入ってきた花の名前が、英語やカタカナで表示されている花にあえて和名を付けたものです。後で花の和名を、女の子の名前に使った例もご紹介します。漢字を当てて自由に読み方を変えることが出来ます。

女の子の花の名前【春】

女の子とガーベラ
Photo byFransiscaH

女の子に春の花の名前を付けると、明るい温かなイメージになります。新春の爽やかさや木漏れ日の優しさなども含まれて、素敵な女性になる予感がするでしょう。春の花には淡い色の花が多く控えめで厳かな、それでいて芯がしっかりしているイメージもあります。そんな春に咲く花の名前から、女の子の名前を考える事は考える側の心も明るくなるでしょう。

草木が芽吹く季節・春に咲く花の名前

チューリップ
Photo byGellinger

春には草木が芽吹き、何もかも新しく始まろうとする季節です。そんな春に咲く花の名前から、女の子の名前をいくつか挙げてみます。一昔前に流行った名前の最後に「子」が付く名前は減ってきましたが、その代わり珍しい響きや漢字の名前が現代を表しています。それぞれの花の名前の意味も一緒に見てみましょう。

蒼苺(あおい)

苺の花
Photo by randihausken

蒼苺(あおい)という名前は字の画数は蒼が13画で苺が8画合わせて21画になります。「蒼」という字は草木が青々と育つという意味を持つ漢字で、壮大な草原のように健康に育ってほしいという思いと「苺」という字は真っ赤な苺の実の様に、可愛らしく白い花の様に純粋に、みんなに愛される女性に育ってという願いの名付けです。

文芽(あやめ)

アヤメ
Photo byauntmasako

文芽(あやめ)という文字の画数は「文」が4画で「芽」8画合わせて12画になります。「文」は昔から知的で教養がある人になってという思いで、名前に使われていたようです。そして「芽」という漢字には何も無いところから、新しいパワーを見出す力を授けるという意味から、文芽は最強の頭脳派になりそうです。

笑毬(えまり)

小手毬
Photo by 阿橋花譜 KHQ Flower Guide

次へ

関連するまとめ

人気の記事