音楽CDをMP3に変換する方法を解説!Media Playerで簡単!

音楽CDをMP3に変換する方法を解説!Media Playerで簡単!

音楽CDをMP3に変換できたら、音楽を楽しめる幅が広くなります。MP3は、容量がコンパクトで、1枚のCDに入れることができる楽曲数が多くなります。この記事では、コンパクト性を重視した音楽CDを作成するためのテクニックとしてMP3に変換する方法を解説します。

記事の目次

  1. 1.音楽CDの操作に便利なMedia Playerとは?
  2. 2.音楽CDの形式について
  3. 3.音楽CDをMedia PlayerでMP3に変換する方法
  4. 4.Media PlayerでMP3の音楽CDを作る方法
  5. 5.Media PlayerでMP3をUSBメモリにコピーする方法
  6. 6.音楽CDをMP3に変換するとできること
  7. 7.音楽CDをMP3に変換するのは簡単

音楽CDの操作に便利なMedia Playerとは?

Photo by denharsh

Media Playerとは、MicroSoft社が提供しているメディアプレイヤーとして利用できるソフトウェアのことです。音楽CDやMP3などの音楽ファイルの再生、音楽CDからPCへ、またPCからCDやDVDへのデータの書き込みをする際に使用するソフトウェアです。

対応フォーマットが多いことが魅力で、MP4やQuickTimeなどにも対応しています。拡張子の問題で不便はなく、再生も書き込みもこのソフトだけで十分可能です。

WindowsのPCに標準装備されている

Photo byElisaRiva

Windows Media Playerは、Windows PCに標準装備されています。Windows 7のPCから標準装備されており、Windows8やWindows 10にも搭載されています。Windows PCを使用している人は、わざわざダウンロードする必要が無く、手軽に使用することができます。

ちなみに、Windows Media Playerはオレンジ色の再生ボタンのアイコンです。音楽ファイルを読み込むと勝手にウインドウが出てくることがあると思いますが、大体Windows Media Playerが勝手に起動しています。

Macでも無料ダウンロード可能

フリー写真素材ぱくたそ

MacでもWindows Media Playerを無料ダウンロードして使用することができます。Macは、Windows社のWindows Mediaのページからダウンロードすることができます。

WindowsからMacへ買い替えた人やWindowsと併用したい人にとっては、使用できるファイルの拡張子の幅が広くなるので、使いやすくなります。

対応フォーマットが多いことが特徴

Photo by Pentadact

先述した通り、対応フォーマットが多いことが特徴です。主に、音楽ファイルの読み込みや書き込みで使用されますが、動画や画像ファイルにも対応しています。

例えば、音楽を楽しみたい場合はMP3やWAV、M4Aなどに対応しています。動画の場合は、MP4やAVIなどの再生に対応しています。

PC1台に、Windows Media Playerが入っているだけでファイルの管理や音楽や動画を楽しむことができます。無料でお得なソフトウェアです。

音楽CDの形式について

Photo byOpenClipart-Vectors

音楽CDをPCに取り込む際に注目すべきところが、ファイルの拡張子です。Windows Media Playerの対応フォーマットは非常に幅が広く使いやすいですが、音楽CDに保存されているファイルの拡張子に対応しているか分かりません。

音楽CDを購入している人には重要なポイントです。場合によっては、変換する必要があるので、音楽CDの形式について知識として頭に入れておきましょう。

CDは通常WAV

市販で売られている音楽CDに保存されている音楽ファイルは、基本的にWAV形式で保存されており、高音質の音源をCDによって提供しています。WAVは、WAVEとも呼ばれています。

このように、ファイルには拡張子というものが設定されています。最初に、拡張子についての知識が無い人にも分かりやすいように解説します。

拡張子とは

Photo byOpenClipart-Vectors

拡張子は、ファイル名の最後に付いているファイル形式の名前です。この拡張子は、「.txt」や先ほどの「.mp3」や「.mp4」などもあります。

例えば、Wordで作ったファイルだと、「.docx」という拡張子が付きます。メモ帳でファイルを作成すると、「.txt」という拡張子が付きます。

この拡張子によって、ファイルを開くことができるソフトウェアや読み込めるハードが変わってきます。拡張子の知識を少し入れておくだけで、問題解決の際に少し楽になります。

WAVとは

Photo bygiorgio9377

WAVとはPCM音源と呼ばれ、非圧縮のデジタル音源のフォーマットです。非圧縮とは、ファイルのサイズを小さくする圧縮をしないことです。つまり、ファイルのサイズが非常に大きくなってしまいます。音源を高音質にしようとするほどファイルのサイズが更に大きくなります。

そんな、ファイルのサイズが大きいフォーマットですが、サイズが大きい分、音源の音質が高くなっています。データの欠落や改変が無いため、高い再現性が期待できます。

容量が軽いのはMP3

Photo by diogolhh

WAVよりも容量が小さく収まるのが、MP3と呼ばれるフォーマットです。WAVでは高い再現性が期待されるフォーマットでしたが、MP3はコンパクトに納めることができます。

WAVで音源を保存すると、5分の音源だと約50MBのファイルサイズになってしまいます。しかし、MP3では、5分の音源を5MBに抑えることができます。

ファイルのサイズが小さくなる分、MP3では人間が聞き取りにくい音域を省いています。音質よりもたくさんの曲を入れるためのコンパクトさを大事にしたい方におすすめのフォーマットです。

ファイルの形式(拡張子)を確認する方法

ファイルの拡張子の確認は、表示設定を変えるだけで確認することができます。今から紹介するのは、Windows PCでの設定方法なので、OSによっては、設定を変更する方法が違う場合があります。ご注意ください。

次へ

関連するまとめ

人気の記事