プロジェクターの選び方ガイド!初心者向けに性能や用途別のおすすめモデルも紹介

プロジェクターの選び方ガイド!初心者向けに性能や用途別のおすすめモデルも紹介

最近大人気のプロジェクターの選び方やおすすめ商品をまとめてご紹介します。家庭用やビジネス用で大活躍してくれるプロジェクターは、テレビ以上の大画面でホームシアターとして利用できます。プロジェクターの選び方や性能等を参考にしてみましょう。

記事の目次

  1. 1.プロジェクターの選び方が知りたい!
  2. 2.プロジェクターの選び方のポイント
  3. 3.プロジェクターの選び方【ビジネス用】
  4. 4.ビジネス用おすすめのプロジェクター
  5. 5.プロジェクターの選び方【家庭用】
  6. 6.家庭用おすすめのプロジェクター
  7. 7.おすすめプロジェクター一覧比較表
  8. 8.プロジェクターの選び方を知って満足いくものを選ぼう

プロジェクターの選び方が知りたい!

フリー写真素材ぱくたそ

テレビよりも大きな画面で映像を見る事ができるプロジェクターは大活躍してくれます。少し前まではビジネスシーンで利用される事が多かったプロジェクターですが、最近では家庭用で利用される方が急上昇しています。

おすすめのプロジェクターの選び方やおすすめのプロジェクターをビジネス用、家庭で大画面のホームシアター用の商品をそれぞれご紹介します。

プロジェクター初心者の場合は選び方が難しいと感じてしまうかもしれませんが、最近では家庭用で簡単に操作ができるプロジェクターが登場しています。口コミ情報等をチェックしてみましょう。

ビジネス用や家庭用のプロジェクターはたくさんの種類が登場していて、選び方はそれぞれ性能や用途によって異なります。機能性もチェックしながら参考にしてみてください。使い方次第で色んなシーンでプロジェクターを活用する事ができます。

プロジェクターの選び方のポイント

Photo by TAKA@P.P.R.S

プロジェクターの選び方のポイントについてご紹介します。プロジェクターはパネルのパーツから映像を出力して、背面部分から光を透過させてスクリーンに映像を映し出しています。

プロジェクターには欠かせれないパネルは現在でも液晶パネルとDLPパネルとLCOSパネルの3種類が登場しています。プロジェクターのパネルによって解像度やサイズ等が大きく変わるのでチェックしておきましょう。

プロジェクターのパネル以外にも様々な選び方がありますので、購入前には性能をしっかり確認してみてください。ビジネスや家庭によって性能や用途によって使いやすいプロジェクターが登場しています。

用途別に選ぶのが重要

おすすめのプロジェクターの選び方1つ目は用途別によって選んでみましょう。プロジェクターの用途は大きく分けて、ビジネス用と家庭用の2種類があります。

ビジネス用途の場合は明るいオフィスでも使える事を想定して製造されているので、プロジェクターの明るさが家庭のホームシアターよりもルーメンが高めに設定されています。映像だけでなく、プレゼンテーション用の資料の文字やグラフが明確に見えるプロジェクターです。

また家庭用途の場合プロジェクターを選ぶ際には映像を主に映してみる事が多いです。家庭でホームシアターとして利用する場合は解像度が重要になってきます。

プロジェクターの解像度がフルHD以上であるか、その他にも高コントラストで見れる機種選びがポイント。その他にも家庭用のプロジェクターは入力端子は最低限HDMIであることがおすすめです。どんな用途でも接続が簡単にできれば便利です。

明るさや性能も理解しておこう

おすすめのプロジェクターを選び方2つ目は明るさや性能選びが重要なポイントになります。プロジェクターは暗い場所で使用する分には問題ありませんが、日中に使用する場合は明るい環境だと映像が見れない場合があります。

室外光でもプロジェクターが見える様にする場合は、映像の明るさルーメン(lm)の数値を参考にしてみてください。室外光のない部屋でプロジェクターを使用する場合は、1000~2000lmで充分です。

日中のオフィスやリビングは室外光がある場所なのでその場合は2500~3000lm、照明が付いた部屋で利用する場合は3500lm以上のプロジェクターを選ぶのがおすすめです。用途によって使い分けたい場合はルーメンが高いプロジェクターに注目してみましょう。

初心者は一度試してから購入がおすすめ

おすすめのプロジェクター選び方3つ目は初心者の方は一度試してから購入を検討してみましょう。プロジェクターはたくさんのメーカーや様々な製品が登場しています。

プロジェクターのおすすめアイテムを参考にしていただき、初心者の方は実際にプロジェクターをレンタルして購入を検討にしてみるのが1番確実なプロジェクターの選び方になります。

家庭用のホームシアターの場合も失敗する前にレンタルで自分に合うプロジェクターをレンタルしてみてください。プロジェクターのレンタルが行っているおすすめの通販サイト「でんすけ」では豊富なプロジェクターの品揃えでレンタルが可能です。

ビジネス用から家庭用までのプロジェクターがレンタルでき、気に入ったプロジェクターを買い取りする事も出来ます。初心者の場合、設置作業やメンテナンスまで行っているので安心で便利なので注目しておきましょう。

プロジェクターのルーメンとは?明るさの目安や選び方のポイントを解説!のイメージ
プロジェクターのルーメンとは?明るさの目安や選び方のポイントを解説!
プロジェクターといえば、ビジネス会議やプレゼンで使うイメージでしたが、最近ではホームシアターやキャンプで映画鑑賞やゲームなど利用する楽しみ方が広がってきました。プロジェクターの性能はルーメンでよく表されます。ルーメンの意味や選び方などを詳しく解説します。

プロジェクターの選び方【ビジネス用】

ビジネス用のプロジェクターの選び方をご紹介します。ビジネス用のプロジェクターは家庭用のホームシアターとは異なり、スクリーンに映し出される明るさに違いがあります。ビジネス用プロジェクターはプレゼンテーション用の文字やグラフ等が大きなスクリーンではっきり見えるのがポイント。

スクリーンの明るさだけでなくコントラスト比もより明るくてはっきりして見える輝度にも注目してみましょう。ビジネス用のプロジェクターは大きな会議室やイベント開催場所によって、スクリーンの大きさにもチェックしておきましょう。

ビジネス用のプロジェクターのタイプでも据え置き型や天井に設置する方法等があります。用途によってリモコンが必要な場合もあるので、ビジネス用にプロジェクターを購入する際には参考にしてみてください。

最大輝度で選ぶ選び方

ビジネス用のプロジェクターを選ぶ際には明るさで選ぶのようにしましょう。ビジネスシーンでは会議室や広い大規模な会場で利用する事が多く、遮光や部屋が明るい場合でも利用できるプロジェクターがおすすめ。

小さな会議室や照明を落とせて外光を遮断できる環境であれば、プロジェクターの輝度が高いプロジェクターは必要ありませんがそれ以外の環境の場合は明るいのものを選んでください。

プロジェクターの明るさを確認する際には「ルーメン(lm)」の表記を参考にしてみて下さい。業務用でビジネスに使用するプロジェクターは2500lm以上を目安に選んでいきましょう。

50人未満の会議室の場合は2500lm以上、100人未満の会議室の場合は3000lm、250人以上の会場の場合は6000lm以上のプロジェクターを使用るのがおすすめです。

ビジネス用のプロジェクターを選ぶ際には輝度も重要ですがその他にもコントラスト比にも注目してみてください。コントラストは明るい部分と暗い部分の濃さがはっきり表示される事です。

プロジェクターに映し出されている画面が明るくても、メリハリのある映像が出ない場合は見にくくなります。プロジェクターにはそれぞれコントラスト比も表示されています。

例で挙げるとコントラスト比が「3000対1」と「1000対1」の場合は3000対1の方が、明暗がくっきりとした映像で見れます。コントラスト比は高画質ではなく、明暗度となりますので参考にしてみましょう。

画面のゆがみ調整機能で選ぶ選び方

ビジネス用のプロジェクターの選び方でおすすめなのが画面の歪み調整機能が搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。プロジェクターを使うにあたって投写時にプロジェクターが台形型に歪んでしまう場合があります。

投写後に台形に歪んでしまった画面を正しい長方形に補正する機能は、タテ方向の補正やヨコ方向の補正に分けられています。ビジネス用に使用される大きなスクリーンで利用する場合は台形補正機能はほとんど搭載されています。

プロジェクターによって主導で補正される場合、自動補正にも対応しているモデルも登場しているので初心者の方は自動補正機能が搭載されているプロジェクターを選んでみてください。

設置場所が毎回変更になる場合は自動補正が付いていれば、設置する時間を短縮する事ができます。微妙なズレに関しては手動で補正できるので歪み自動補正が付いているモデルをチェック。

フレームフィット機能や、クイックコーナー機能等が登場しています。安価なプロジェクターの場合「補正機能あり」と表記されている製品も登場していますが、具体的にどの様な補正機能なのかを確認するのがおすすめ。

ビジネス用のプロジェクターの場合は家庭用と比べても価格も高くなります。そんな時は明るさだけでなく補正機能もしっかり確認する為に取り扱い店やレンタルで試してみましょう。

DVDの映像データーやパソコンからの映像を出す際には、4対3の機種よりも16対10のワイドタイプの機種が優れています。この様な比率(アスペクト比)によって画面の大きさでプロジェクターの選び方を参考にしてみてください。

キャンプ用モバイルプロジェクター17選!おすすめ商品や選び方のポイントも!のイメージ
キャンプ用モバイルプロジェクター17選!おすすめ商品や選び方のポイントも!
キャンプ用モバイルプロジェクターは、手のひらに収まるくらい小型のプロジェクターで、軽量で持ち運びが便利なのでキャンプなどのアウトドアだけでなくビジネスの小会議でもよく使われています。おすすめのモバイルプロジェクターや選び方のポイントなどを紹介します。
次へ

関連するまとめ

人気の記事