タイツのデニールは何がおすすめ?美脚に見える種類や透け感などを徹底調査!

タイツのデニールは何がおすすめ?美脚に見える種類や透け感などを徹底調査!

秋が近づくとコーデに取り入れたくなるタイツ。タイツの厚さはデニールという単位で表示され、脚が透ける薄いものから、スパッツのように分厚いものまで種類が豊富です。タイツコーデにおすすめのデニール数や透け感、美脚に見える種類をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.タイツのデニール数別の違いや選び方をチェック!
  2. 2.タイツのデニールとは?
  3. 3.タイツのデニール数別の違い
  4. 4.シーン別のタイツのデニール数の選び方
  5. 5.デートコーデにおすすめのタイツのデニール数
  6. 6.デニール数を意識してタイツでおしゃれを楽しもう!

タイツのデニール数別の違いや選び方をチェック!

Photo byjarmoluk

タイツの選び方はサイズや色、分厚さなどコーデによって選び方が違ってきます。サイズや色は見た目でわかりやすいですが、厚さは実際に履いてみなければわかりません。

タイツの素材の厚みはデニールという単位で表示され、パッケージに入っていてもデニール数をみると、おおよその厚みや透け感の見当がつきます。

そんなタイツの厚さの目安になるデニールについて解説します。美脚や細見えする種類、透け感など、おしゃれをするときにチェックしてみてください。

タイツのデニールとは?

Photo byBru-nO

タイツのパッケージに数字が書かれているのを、見たことがある人も多いのではないでしょうか?タイツに記載されている数字はデニールを表しています。

デニールはタイツの厚さや透け感を数字で表しています。タイツは試着ができないため、購入するときはデニール数を確認することで、履いた時のイメージができます。

ストッキングのように履きたい時は低いデニールを、カラフルなタイツの色を楽しみたい時は数字が大きいデニールなど、選び方次第でおしゃれに取り入れやすくなります。

繊維の太さを表す単位

Photo byulleo

タイツのデニールとは、繊維の太さを表す単位です。細い繊維を使ったタイツは、デニールの数字が低く、太い繊維を使ったタイツは、デニールの数字が大きくなります。

デニール数は繊維の太さがわかると同時に、タイツを履いた時の透け感の目安になります。低いデニール数のタイツはストッキングに近い透け感があり、寒い時期はオフィスや冠婚葬祭の寒さ対策として、ストッキングの代用ができます。

夏の終わりの暑い時期にカラフルなタイツを取り入れたい時は、デニールの数字が少ないものを、寒い時期に防寒用にタイツを履くときは、デニールの数字が大きいもの、という選び方をしましょう。

デニール数が高いほど厚手のタイツに

Photo bygeralt

タイツのデニールの数字は、高くなるほど厚手のタイツになります。タイツはコーデに取り入れておしゃれを楽しむのはもちろん、寒い時期には、防寒用としても重宝します。

タイツはストッキングを少し分厚くしたものと思われがちですが、カラーバリエーションが多く、編み方や柄の種類が豊富です。低いデニール数のタイツはストッキングのように脇役ですが、高いデニール数のタイツはコーデの差し色にもなります。

ミニスカートにストライプのタイツを合わすと、美脚や細見え効果が期待できます。タイツは防寒目的以外にも、選び方次第でおしゃれコーデが楽しめます。

タイツとストッキングの違い

Photo byPeggy_Marco

タイツとストッキングの違いは、厚さだけでしょうか?20~30デニール程度のものは、タイツもストッキングも存在します。

50デニール以上になると明らかにタイツとわかるのですが、薄い場合はタイツかストッキングか、見分けがつきません。タイツとストッキングの最も大きな違いは、使用目的にあります。タイツはカジュアル目的に使われることが多く、カラーバリエーションが豊富です。

ストッキングは、冠婚葬祭やフォーマルな装いの時に使われることが多く、防寒用というよりは、脚を美しく見せるファンデーションのような役割になります。

タイツのデニール数別の違い

Photo by_Alicja_

タイツはデニール数により、厚さが違います。ストッキングと同じくらいの厚さの20~30デニール、防寒用にもなる40~60デニール、透け感のない80~100デニールのタイツを、数字別にみてみましょう。

デニール数はタイツの厚さや履いた時の透け感の目安になります。タイツはプライベートなシーンでは、色や柄などを楽しめるアイテムですが、オフィスや冠婚葬祭となると履いた時の透け感が気になります。

美脚や細見えなどおしゃれに取り入れたり、防寒のために履くなどデニールの数字を目安に、タイツを選ぶときの参考にしてみてください。

20~30デニール

Photo byFree-Photos

20~30デニールのタイツの厚さは、ストッキングとほぼ同じです。しかし厚さが同じでもタイツとストッキングでは、透け感が違います。ストッキングのベージュやブラウン系は、透明感があり、素足のように見えます。

一方20~30デニールのベージュのタイツを履くと、脚の透け感はあるものの透明感は無くマットな肌色が際立ちます。冠婚葬祭などフォーマルな服装にストッキングを合わす場合、20~30デニールと表記されているタイツを履くと、足元のナチュラル感が無くなってしまいます。

冠婚葬祭やオフィスなど、ストッキングが基本のシーンで寒さ対策にタイツを履くときは、20~30デニール程度を目安にしておきましょう。

40デニール

40デニールのタイツは厚みもあり、防寒用としても使えます。40デニールのタイツは薄すぎず濃過ぎず、ちょうどいい透け感が美脚や細見え効果になります。40デニールのタイツは繊維が太く、破れにくいというメリットもあります。

ミニスカートにタイツでおしゃれに決めていても、タイツが破れてしまっては台無しです。40デニールのタイツは程よい透け感で、ミニスカートだけでなくミモレ丈のような膝下丈のスカートにも、重たくならずに合わせることができます。

オフィスや冠婚葬祭など、ストッキングだけでは足元が冷えてしまう場合は、40デニール程度のプレーンなベージュや黒のタイツで防寒対策をしましょう。

60デニール

60デニールのタイツも40デニールのタイツと同じく、ほどよい透け感で美脚や細見えなど、おしゃれコーデには欠かせないアイテムです。

60デニールのタイツは防寒効果がありながら、モコモコせず冬のおしゃれコーデの邪魔になりません。カジュアルすぎない60デニールのタイツは、オンオフ共に使え、オフィスでの防寒用にもおすすめです。

タイツは色やデザインが豊富で、おしゃれを楽しみながら寒さ対策もできます。オフィスでタイツを取り入れる場合は、あくまで防寒用です。ベージュや黒を基本にプレーンかリブ編みなど、足元が目立ちすぎないタイツを選ぶようにしましょう。

80デニール

80デニールのタイツは、透け感がなくカジュアルコーデにおすすめです。透け感の無い80デニールのタイツは薄いタイツのような脇役ではなく、履いていると存在感があり、差し色としてコーデの一部になります。  

厚手のタイツはカラーバリエーションだけでなく、ストライプやドット柄、リブ編みや編みこみなど、寒い季節のミニスカートコーデを楽しめます。

厚手のタイツはデザインの豊富さや、着圧機能、裏起毛など様々なタイプがあります。温かさはもちろん、足の引き締め、むくみ防止など、カジュアルやオフィス用として、場所やシーンに合わせた選び方ができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事