初心者も簡単に出来るマクラメ編みの編み方解説!種類や作品アイデアも紹介♪

初心者も簡単に出来るマクラメ編みの編み方解説!種類や作品アイデアも紹介♪

マクラメ編みをご存知ですか。マクラメ編みは簡単で編み棒などの道具を使わない編み方です。手編みが苦手という人でも、編み方を覚えると、アクセサリーやバッグを作ることもできます。初心者でも簡単なマクラメ編みの編み方と、作品やアイデアをご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.マクラメ編みって編み方知ってる?
  2. 2.マクラメ編みの編み方の特徴は?
  3. 3.マクラメ編みの編み方の種類
  4. 4.マクラメ編みの編み方で作れるもの
  5. 5.マクラメ編みの基本の編み方
  6. 6.マクラメ編みの編み方の参考になる書籍
  7. 7.マクラメ編みは初心者でも簡単な編み方!

マクラメ編みって編み方知ってる?

Photo bypasja1000

編み物と聞くと、編み棒や編み針を用意しなければならない、手先が不器用なので難しいと敬遠してしまう人もいます。しかし、マクラメ編みは、編み棒も編み針も不要な手軽な編み物です。

かぎ針編みのように平編みがあり、他にはねじり編みなど独特な編み方があります。糸や紐の先を固定して、数本の糸や紐を交差したりねじって編み込んでいくだけです。基本の編み方を複数に組み合わせて、より高度な編み方の雑貨を作ることもできます。

基本の編み方を知っていると、簡単なミサンガやアクセサリーから、バッグやかごまで色々なアイテムを作ることができます。道具も使わずに、初心者の人でも手軽にオリジナルの小物作りができると人気です。そんな手軽で簡単なマクラメ編みについて、ご紹介をしましょう。

マクラメ編みの編み方の特徴は?

Photo byannca

マクラメはレース編みの一つです。アラビアン・ノーテッド・ワークまたは、マクラメレースと言います。撚りの強いレース糸「マクラメ」を使って編み上げるものを示します。

しかし、最近はビニル紐や麻紐など色々な糸や紐を使ってマクラメ編みを楽しむことができるようになりました。マクラメ編みの特徴は、編み棒や編み針を使わないこと、手で編んでいくことです。手で編むため、紐や糸に撚りをかけて、その撚りが自然と凹凸のある動きのある仕上がりになります。

棒編みのように、きっちりとした編み目に仕上がるのではなく、ざっくりとした編み目に仕上げたり、レース編みのように仕上げることもできます。編み棒や編み針を使わないため、編み方は簡単で、編み物初心者は手芸が苦手な人にも手軽に始められる楽しい手芸です。

発祥は中世のイスラム文化圏

Photo bysofdoug

マクラメ編みの発祥は、中世のイスラム文化圏が発祥になります。マクラメは装飾品のアラビア語の「ミクラメ(組紐・ふさの意味)」、トルコ語の「マクラマ(タオル)」が由来と言われています。

数本の糸や紐を手で結び、組み合わせながら幾何学的な模様を作る編み物の一種になります。15世紀にはイタリアやスペインでも作られ、細い糸で編んだものはレース編みとして、服飾の装飾や、カーテンのふさ、テーブルの縁飾りなどに利用されていました。

現代は、マクラメ編みと言っても、編み方や利用する紐の種類、太さによって様々な種類の小物や日用品が作れるようになりました。小さなアクセサリーやミサンガ、ハンカチの縁飾りから、ざっくりとしたバッグやプランターハンガーのような大き目の日用品などを作ることもできます。

素材は関係ない

Photo bycocoparisienne

マクラメ編みは、蝋引きのマクラメ編み用の糸から、毛糸、ビニル紐、刺繍糸など様々な種類の糸で作ることができます。手芸用品店で販売しているのは、太めの綿糸になります。

マクラメ編み用の糸は、太さ2~3mmの撚りの強い糸になります。マクラメ糸はコットンコードとも言い、マクラメ編み以外でも利用することができます。細いマクラメ糸なら刺し子でも利用できますが、逆に刺し子用の糸でも、アクセサリーなど細かいマクラメ編みに利用することができます。

他にも、太めのクロッシュレース用の糸でも、マクラメ編みを作ることができます。バッグやざっくりとした雑貨で利用する時は、少し固めの麻紐もおすすめです。アクセサリーで麻紐を利用する人もいます。マクラメ編みは編み方の一種なので、どんな素材でもマクラメ編みになります。

マクラメレースは手芸の共通語

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マクラメレースは、元々アラビア語の飾りふさのことを示していましたが、その後もざっくりとしたテーブルクロスや、袋物、ベルトなどでマクラメ編みで作ったレースをマクラメレースと言います。

マクラメレースは日本語でもマクラメレースですが、フランス語でも同じ様に「マクラメレース」と呼ばれています。和洋を問わず、マクラメ編みのレースのことをマクラメレースになります。マクラメレースでの編み方では、複数本の糸を編み上げて、それを結んで模様を作っていきます。

マクラメレースの特徴は編み針や編み棒を使わないだけでなく、独特な幾何学模様ができる、独特の仕上がりを作る編み方にもあります。中世のころから西欧でも中東でも作られていたマクラメレースは、今でも世界中の手芸をする人の中で、作られている共通の編み方になります。

マクラメ編みの編み方の種類

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

編み物には、細編み、長編み、メリヤス編みなど色々な編み方の種類があります。編み棒や編み針を利用していないマクラメ編みでも、平編みやねじり編み、タッチング結びといった手法があります。

基本となる編み方と種類、手法を覚えると、初心者の人でも簡単に小物を作ることができます。さらに、編み方を応用することで、次々と大きな物まで作ることもできます。マクラメ編みのプラントハンガーとプランターを組み合わせて販売しているお店もあります。

自分で簡単にできるマクラメ編みを覚えると、ハンドメイドの作品作りをすることもできます。マクラメ編みで自分だけのオリジナル作品を作って、部屋の中に飾ったり、アクセサリーを作ることができます。マクラメ編みの色々な編み方を覚えて、ハンドメイド作品を楽しみましょう。

平編み

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マクラメ編みの平編みは、3~4本の紐や糸を使って作ります。一番基本の平編みは、3本の紐の先を結び、三つ編みのようにそれぞれの紐を分けておきます。

次に左側の紐先を、中心の紐の上に乗せ、右側の紐を乗せた紐の下と中心の紐の下をくぐらせるように通し、しっかりと結びます。次に、右側の紐先を、中心の紐の上に乗せ、左側の紐を、その乗せた紐と中心の紐の下からくぐらせるように通します。そして、おなじようにしっかりと結びます。

左の紐から右の紐へ、右の紐から左の紐へと左右で対象になる動きを1セットとし、それを繰り返していきます。シンプルですが、可愛らしい編み方になります。数回を一度に編むときれいには仕上がりません。紐を通した後は、一回一回しっかりと結んで引き締めていきましょう。

タッチング結び

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

タッチング結びは、マクラメ編みの中でも色々な部分で利用される基本の編み方になります。初心者の人はタッチング結びを覚えるだけでも、簡単におしゃれなアクセサリーを作ることができます。

タッチング結びの基本は2本の紐を用意します。芯となる紐と、そこに結んでいくための紐です。そこで、結んでいくための紐を色紐としましょう。まず、芯となる紐の上から色紐を巻き付け、上から結ぶように紐先を下に通します。次は逆に芯となる紐の下から色紐を巻き付けます。

そして、芯の上を通し色紐の紐先を右側の色紐に結ぶように通します。2本の紐をしっかりと形つけるように引き締めます。上から見ると、芯の紐の上に垂直に色紐が2本ピッタリとくっついた、ブランケットステッチのようになります。これを1セットにして、繰り返して結んでいきます。

ねじり編み

ねじり編みも、平編みと同じ様に3本の紐を結んで始めます。平編みと同じ様に3本の紐を分けます。左側の紐先を、中心の紐の上を通し左側の紐の上に乗せます。この先が平編みと違ってきます。

下になっていた右側の紐を左側の紐の上に乗せ直します。中心の紐の下をくぐらせるように通し、左右の紐をしっかりと結びます。さらに、左側になった紐を中心の紐、右側の紐の上に乗せます。そして、下になった右側の紐を、乗せた紐の上にし、中心の紐の下をくぐらせるように通します。

平編みは、左右で対象の動きをしましたが、ねじり編みは一方方向へ、同じ編み方を続けていきます。ねじる方向を変えたいときは、逆の紐を乗せて結んでいきます。初心者でも慣れると簡単におしゃれなミサンガを作ることができます。紐の数を増やすと、さらに複雑な仕上がりになります。

フレーム結び

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フレーム結びはその名の通り、石の周囲を額縁のように飾りつけるように結んでいく編み方です。フレーム結びを平らに編むこともでき、一番簡単な模様編みになります。

フレーム結び蝋引きの専用紐を使います。先に出来上がりの長さ(例10cm)を決めて編みます。そのため、コルクボード、大きな玉付き画びょうを4つ用意します。コルクボードを置き出来上がり長さ分、離した位置に画びょうを2つずつ10cm離して平行にとめます。

芯の紐の中心を画びょう2つに4~5回、巻くように結びます。10cm離した画びょうに渡し、同じ様に3回巻き付けます。輪になった紐をしっかりと張ります。編みこむ2本の紐を用意します。それぞれ紐を右側と左側の紐に通して固定し、右左交差するようにタッチング結びをしていくと出来上がります。

次へ

関連するまとめ

人気の記事