結婚式の芳名帳の選び方を解説!使い方や手作りでの作り方についても紹介!

結婚式の芳名帳の選び方を解説!使い方や手作りでの作り方についても紹介!

結婚式に欠かせないアイテム、芳名帳。小さなものですが、ゲストの目に最初にふれるものだけに、こだわって選びたいものです。その選び方や具体的な使い方、招待された場合の書き方について解説します。おしゃれな芳名帳で結婚式を華やかに演出しましょう。

記事の目次

  1. 1.結婚式の芳名帳とは
  2. 2.結婚式の芳名帳の種類
  3. 3.結婚式の芳名帳の選び方
  4. 4.結婚式の芳名帳の書き方
  5. 5.結婚式の芳名帳の手作りアイデア
  6. 6.結婚式の芳名帳は必須のアイテム!

結婚式の芳名帳とは

Photo byEngin_Akyurt

芳名帳とは、結婚式に招かれたゲストが名前などを記入するためのリストです。ゲストブックともいいます。

芳名帳の「芳」とは、もともとは花などのかぐわしい香りを意味する言葉。この言葉を頭につけることで、書き込むゲストの名前に尊敬の意味を付け加えます。清楚でおくゆかしい響きが、結婚式にぴったりです。

芳名帳の使い方

Photo byrensoley

芳名帳は、結婚式に参加してくれたゲストを確認するための大切なツールです。この日の結婚式に誰が来てくれたのか、ご祝儀はどのくらいいただいたのか、把握するのに役立ちます。

芳名帳は、名前や住所を書き込むだけのシンプルなものですが、使い方はいろいろ。結婚式当日は出席者の出欠確認、結婚式が終わった後はご祝儀の整理など、とても便利に使えるものなのです。

また結婚式後ふたりの新生活が始まってからも、両家の親族や知人を把握する人名録として役に立ちます。それでは具体的にどんな使い方ができるのか、詳しくみてみましょう。

出席確認

Photo byTeroVesalainen

芳名帳のいちばん重要な役割は、出席の確認です。つまり、出欠確認のためのチェックリストのような使い方ができるわけです。

あらかじめ、招待状を送った人の名前を記したゲストリストを作っておきましょう。このゲストリストと芳名帳に記載された名前を見比べれば、出席者が予定通りかどうかすぐにわかります。

チェックの際には、見やすさも大事。シンプルで書き方もやさしい芳名帳を選べば、間違いなくチェック作業ができます。芳名帳を選ぶ際には、その点も考慮に入れて考えるのがおすすめです。

住所確認

Photo byClker-Free-Vector-Images

住所を記入していただくことで住所録としての使い方ができるようになります。記帳していただいたものをそのまま利用するので、転記の手間がなく、大切な方のアドレスをおしゃれに管理できます。

結婚式が終わった後も、親戚や知人とのお付き合いは引き続き大切にしなければいけないもの。新郎新婦が周囲といい関係を築いていくために、芳名帳はとても大事な財産になります。

また住所に間違いがないかをチェックするリストとしての使い方も有用です。招待状が届いた後に転居したゲストがいた場合、旧住所と芳名帳の住所をチェックすることで、新住所への切り替えが楽にできます。

ご祝儀確認

Photo bygeralt

芳名帳は、ご祝儀の管理ツールにもなります。会計時に、表書きがなく誰が持参したものかわからない祝儀袋がみつかった場合でも、芳名帳を確認することで誰のものか見当がつきます。

お金の管理は別に帳面を作るという方もいますが、それもちょっと味気ないもの。芳名帳なら、ゲストから心を込めて贈られた大事なご祝儀を、おしゃれにきちんと管理できます。

ただし、ゲストが直接目にするものなので、金額がわかるような書き込みをするのはNG。チェックマークか、後で金額がわかるような簡単な記号を決めておくのがおすすめです。新郎新婦と受付係の間で行き違いが起きないよう、事前に書き方をよく確認しておきましょう。

芳名帳を使うタイミング

Photo byPublicDomainPictures

通常、芳名帳は結婚式当日に受付に設置し、ゲストに記入してもらいます。すべてのゲストに書き込んでいただいて完成した芳名帳は、さまざまなタイミングで便利に使えます。

まずは結婚式の後、当日のゲストの出欠やご祝儀の金額を整理する使い方。そして、新生活が落ち着いてからあらためてお礼をする際の資料としての使い方。後になれば結婚式当日を思い出す大切な記念品にもなります。

芳名帳は、親族や知人との関係性を示す大事なもの。大切に保管して、いつでも見られるようにしておくのがベストです。

結婚式の芳名帳の種類

次へ

関連するまとめ

人気の記事