許嫁の意味とは?関係性や結婚や婚約とのつながりを詳しく解説!

許嫁の意味とは?関係性や結婚や婚約とのつながりを詳しく解説!

許嫁という言葉の意味と読み方をご存知ですか?今回は、許嫁の関係性や結婚や婚約とのつながりについて詳しく解説していきましょう。現代では、あまり聞くことがなくなった許嫁ではありますが、許嫁の意味を知り、理解していきましょう。

記事の目次

  1. 1.許嫁の意味とは
  2. 2.許嫁とはどういう関係?
  3. 3.許嫁の結婚や婚約は義務?
  4. 4.家柄や社会的な立場による許嫁
  5. 5.許嫁の結婚に悩んだ際に考える事
  6. 6.現在では許嫁は少ない
  7. 7.現在と昔では婚約者と許嫁の意味が違ってきている
  8. 8.許嫁の意味は親によって決められる結婚相手の事

許嫁の意味とは

Photo by5688709

では、許嫁の意味には、どのようなものがあるのかご説明しましょう。最近では、あまり聞きなれない言葉になってしまいました。許嫁と結婚するなんて、ドラマや漫画のなかで取り上げられるくらいで、なじみのない言葉です。許嫁の意味について詳しく調べてみたので、ご紹介していきましょう。

また、許嫁の読み方は、色々な読み方があります。読み方は、様々ですが、どれも同じ意味を表しています。許嫁の読み方についてもご紹介していきましょう。

本人の意思とは別に親が結婚の約束をする事

Photo byAnemone123

許嫁の意味には、「本人の意思とは別に親が結婚の約束をする事」を意味しています。昔は、許嫁の文化が、一般的で、男性が結婚を約束した女性(許嫁)の本名を知るのは、女性のことを占拠できることを意味していました。本人の意思は、全く関係のないところでされる約束が、「許嫁」だったのです。

Photo byFree-Photos

許嫁は、昔は、大変一般的になされていました。今のように、個人同士で、結婚を約束して、家庭を持つという流れは、日本人が欧米化してきていることの表れとも言えるでしょう。あなたのお婆ちゃんより前の時代であったのですから、そう遠くはない時代とも言えるでしょう。

次に、許嫁の読み方についてもご紹介していきましょう。許嫁には、3つの読み方があります。是非、参考にしてみて下さい。

許嫁の読み方とは?

Photo bydanymena88

許嫁の読み方は、「いいなずけ」という読み方があります。また、「いいなづけ」という読み方もできます。また、他の読み方で、許嫁の「嫁」という字が、結婚の「婚」に変わって「許婚」とも書くことがあります。その場合の読み方は、「きょこん」とも読みます。様々な、読み方で読まれていた「許嫁」についてより詳しくみていきましょう。

許嫁とはどういう関係?

Photo byAndi_Graf

では、許嫁の関係とはどのような関係かについて詳しく説明していきます。昔は、許嫁によって婚約・結婚するのが、当然だった時代ももちろんありました。室町時代辺りでは、武士の中では、許嫁は当たり前のようにされていたのです。

父親同士の合意のもと婚約・結婚を決めていたので、本人達の意思は全く関係ありませんでした。これは、戦ばかりの時代に、政治であったり、権力であったりを、結婚させることで、調整していたともいえます。

幼少期に親の間で結婚相手が決まる

Photo bysasint

それでは、許嫁についてより詳しくご紹介していきましょう。許嫁は、たいていの場合、幼少期に親の間で婚約・結婚相手が決まっていました。幼い頃から、遊んでいた仲のよい関係である場合や、全く顔も知らない相手である場合もありました。本人の知らない間に、親同士で約束していたのです。

本人達には知らされない

Photo byBessi

もちろん本人達に知らされることは、ありませんでした。時をみて、親から教えていたようです。親同士の合意で、婚約・結婚を決めているのですから、本人達の意思を聞く必要も全くなかったでしょう。そのため、本人達には、全く知らされないまま、話が進んでいたことでしょう。

Photo byBessi

昔の人たちも、きっと恋をしたことでしょう。人目を忍んで会ったり、結婚の約束もしたりしていたかも知れません。しかし、許嫁がいる場合は、許嫁と結婚を泣く泣くした人もたくさんいました。本人達には知らされないまま、親同士の約束に翻弄され、様々な悲劇もあったことでしょう。

教えられる時期も未定

Photo byAlexas_Fotos

教えられる時期も未定だったようです。年頃になってから、聞かされたり、幼い時から、「あなたは、あの人と許嫁なんだよ。」と言って育てられていた人もいたことでしょう。また、自然と自らの勘で分かっている人いたことと推測されます。今では考えられないような、文化があったのです。

許嫁存在を知らされることなく、育って、それなりの年頃になったら結婚していたのですから、昔の人は、今の結婚への捉え方と、かなり違っていたのかも知れません。

幼い頃からの可能性が高い

次へ

関連するまとめ

人気の記事