ポンコツの意味を知ってる?呼ばれる人の特徴や言葉の使い方をまとめて紹介

ポンコツの意味を知ってる?呼ばれる人の特徴や言葉の使い方をまとめて紹介

ポンコツの意味を詳しくご存知でしょうか?今回は、ポンコツの意味や由来・特徴・いい意味・例文について詳しくご紹介します。また、ポンコツな人とは、どの様な人のことを意味しているのかも、説明していくので最後まで読んで理解を深めましょう。

記事の目次

  1. 1.ポンコツの意味を解説
  2. 2.ポンコツの意味
  3. 3.ポンコツの由来
  4. 4.ポンコツと呼ばれる人の特徴
  5. 5.ポンコツの使い方の例文
  6. 6.ポンコツと言われた時の改善法
  7. 7.ポンコツはいい意味で使われる場合もある
  8. 8.仕事上で上司が「ポンコツ」なときの対処の方法とは?
  9. 9.ポンコツの意味を理解して適切な使い方をしよう!

ポンコツの意味を解説

Photo bylannyboy89

「ポンコツ」と聞いてどのようなイメージを持ちかすか?少し昔に聞いたような言葉で、「今頃そんな言い方する人いるの?」「漫画の中で見た気がする。」「昭和って感じがする。」というイメージがある言葉になっています。今回は、「ポンコツ」の意味・由来・特徴について解説していきましょう。

Photo byPexels

今は、「ポンコツな人」とは、いい意味で使われているのでしょうか?それとも悪い意味で使われているのでしょうか?例文を紹介しながら、解説するので、より理解しやすくなっています。悪い意味で使われている場合と、いい意味で使われる場合に分けてご紹介していきましょう。

ポンコツの意味

Photo byrawpixel

それでは、「ポンコツ」の意味についてより詳しく説明していきましょう。ポンコツの意味は、2つの意味があります。「役に立たない物」が1つの意味。「どこか抜けている」ことが2つ目の意味になっています。

どちらもどこか残念な様子を表す意味になっています。それでは、詳しく「ポンコツ」の意味について詳しくみていきましょう。同時に、例文もご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

意味①役に立たない物

Photo byfuneyes

「ポンコツ」の意味は、「役に立たない物」です。もともとは、「人」に使うことはありませんでした。「物」に対して使うことが、ほとんどで、古くなってしまって使えなくなった「物」であったり、「役に立たない物」という意味で使われてきました。

また、壊れたり、老朽化している「物」の状態を表している言葉でもあったのです。つまり、本来は「物」に対しての言葉が変化して人に対する意味ももつようになったのです。例えば、古くなって動きが悪くなった扇風機に対して、「この扇風機は、もうポンコツだから使い物にならなくなってしまったよ。」といった意味の使い方ができます。

意味②どこか抜けている

Photo byCouleur

「ポンコツ」の意味の2つ目は、「どこか抜けている」です。現在では、「どこか抜けている人」というように、「人」の状態を表す言葉の意味としても使われています。たいていの人であれば、簡単にできてしまうことであっても、ポンコツな人は、できません。小さなミスが多いのが特徴です。

Photo byRyanMcGuire

小さなミスであっても、積み重なると重大なミスにもなるので、「ポンコツ」な人は、残念な意味として使われます。例文を挙げてみると、「あの人ってポンコツな人よね。いつも失敗ばかりして。見ていると、こっちまで辛くなってしまう。」「お父さんて、本当にポンコツで話にならないわ。」といった使い方があります。

どちらの例文も、「ポンコツ」な人を、悪くいった意味で使っているのです。「ポンコツ」な人の特徴は、見ている方も、残念な気分にさせてしまう人と意味合いもあります。「どこか抜けている」ことが「ポンコツ」な人の特徴です。

同じポンコツでも2つの意味

Photo byMaklay62

「ポンコツ」には、2つの意味があります。それぞれの意味は、少し残念な印象を与える意味になっています。「もう使い物にならない」「どこか抜けている」という意味の「ポンコツ」という言葉は、いったいどんな由来があるのでしょうか?「ポンコツ」由来について詳しく説明していきましょう。

ポンコツの由来

Photo byTumisu

「ポンコツ」の由来には、色々な説があり、はっきりとした「これが「ポンコツ」の由来です。」と言えるものがありません。主として3つの説が有力な由来であるとも言われています。1つ目は、「ゲンコツ」の言葉が、「ボンコツ」に転じて「ポンコツ」になったという由来の説があります。

Photo bystevepb

2つ目の説は、「ゲンコツ」で殴る時にでる音が、「ポン」であったり、「ボン」であったりに聞こえることから、「ポンコツ」という由来の説もあります。殴る音が由来であると言うことでした。そして、3つ目は、「阿川弘之」の新聞小説からの由来ではないかいう説もあるのです。阿川弘之の書いた小説に「ポンコツ」というものがありました。

阿川弘之の小説が関係している?

Photo byStockSnap

昭和30年代、阿川弘之は、「ポンコツ」という題名の小説を書きました。その小説の中に、「ポンコツ屋は」という文章があります。「ポンコツ」と小説の中で使われていることが由来とのことです。その阿川弘之の小説が「ポンコツ」の由来になっているという説が、3つ目の「ポンコツ」の由来と言われています。

次へ

関連するまとめ

人気の記事