「発足」の意味とは?正しい使い方や読み方・例文・類語などを一挙紹介!

「発足」の意味とは?正しい使い方や読み方・例文・類語などを一挙紹介!

職場等のビジネスの場で使用される用語として、「発足」があります。この「発足」という用語は、ビジネス環境での使用が多いだけに、正しい意味や使い方を知らないと評価を下げることもあります。そこで「発足」の意味や、正しい使い方や読み方・例文・類語などを紹介します。

記事の目次

  1. 1.発足の読み方
  2. 2.発足の意味
  3. 3.発足の類語
  4. 4.発足・使い方例文
  5. 5.発足・対義語
  6. 6.現実にあった発足と設立の具体例
  7. 7.発足の意味は新しく事業等を立ち上げること

発足の読み方

Photo by akira yamada

「発足」という用語は、様々な職場等のビジネスの場や、フォーマルな集まりやパーティーでのスピーチでも使用されます。特に、企業の管理職以上の方は、企業内外の会議やスピーチ等で使用しなければならないような機会があるかもしれません。そのような場面で、「発足」の意味や使い方や読み方を誤っては、評価を落としてしまうかもしれません。

「発足」に使用されている「発」の漢字は、例えば、「発行」(はっこう)、「発達」(はったつ)、「発電」(はつでん)等のように、「はっ」や「はつ」のように読む場合が多いです。したがって、「発足」を「はっそく」と読んだり、発音する方もいるようです。

そこで、「発足」の意味を紹介する前に、先ずは「発足」の読み方を、「字音」(漢字音)まで掘り下げて紹介します。

読み方の違いで意味も変わる

Photo byklimkin

日本における漢字の読み方として「字音」(漢字音)というものがあります。「字音」(じおん)は、古来、日本に伝来して国語化した漢字の発音です。その音の伝来した時代の新古や、その音のもとになる中国語の方言の違い等により、同一の漢字に複数の音が存在する場合が生じます。具体的には、古音、呉音、漢音、唐音のような種類があります。

「発足」という漢字表記に対して、一般的には、二通りの読み方があります。第一の読み方は「ほっそく」であり、第二の読み方は「はっそく」です。

実は、このような読み方の違いに応じて意味も変わります。言い換えれば、「ほっそく」と読む場合の意味と、「はっそく」と読む場合の意味は、相違します。

先ずは「ほっそく」と読む場合と「はっそく」と読む場合とについて、それそれ、より詳細に説明します。

①ほっそく

Photo byEvgeniT

「発足」の第一の読み方は、「ほっそく」です。「発足」の「発」は、日本の漢字音(音読み)の一つである呉音により「ほっ」と読んでいます。「ほっ」と読む言葉としては、他に「発起」(ほっき)、「発句」(ほっく)、「発端」(ほったん)等があります。

なお、呉音は、古く中国の南方系の音の伝来したものであり、仏教用語等として後世まで用いられています。呉音の例としては、「行」(ぎょう)、「男」(なん)、「女」(にょ)、「若」(にゃく)等があります。

②はっそく

Photo byvoltamax

「発足」の第二の読み方は、「はっそく」です。「発足」の「発」は、日本の漢字音(音読み)の一つである漢音により「はっ」と読んでいます。「はっ」と読む言葉としては、他に「発行」(はっこう)、「発見」(はっけん)、「発進」(はっしん)等があります。

なお、漢音は、平安時代の初め頃までに、遣唐使や留学僧等により伝えられた、唐の都の長安の北方標準音に基づくものです。漢音の例としては、「行」(かう)、「男」(だん)、「女」(ぢょ)、「若」(じゃく)等があります。

発足の意味

Photo byClker-Free-Vector-Images

以上のとおり、「発足」という文字表記に対して、「ほっそく」と「はっそく」の二通りの読み方があります。そして、読み方に応じて意味が異なり、「ほっそく」と読まれる場合の意味と「はっそく」と読まれる場合の意味は、相違します。

テレビやラジオのニュース等の報道番組では、「ほっそく」と読まれる場合のほうが、「はっそく」と読まれる場合よりも多いのではないでしょうか。このことは、テレビやラジオのニュース等の報道番組では、「ほっそく」と読まれる場合の意味で使用される場合が多い、ということを意味しています。

以下、「ほっそく」と読まれる場合の意味と、「はっそく」と読まれる場合の意味をそれぞれ説明します。

意味①ほっそくの場合

Photo by aiesecgermany

「発足」を「ほっそく」と読む場合、「発足」の意味は、「組織や機関や機構等が設けられ、その活動を始めること」というような意味です。例えば、「社内に新規事業推進本部が発足する」、「有識者による諮問機関が発足する」、「本日、社内に不良製品発生の原因を調査する緊急プロジェクトチームが発足した」というように使用することができます。

意味②はっそくの場合

Photo by SuperJet International

「発足」を「はっそく」と読む場合、「発足」の意味は、「出発すること」というような意味です。例えば、「京都に向かって発足する」というように使用することができます。

次へ

関連するまとめ

人気の記事